秋田を拠点とするマタギスナイパーズさんはeスポーツでは日本初となるシニアプロチーム。「孫にも一目置かれる存在」を目指しており、2022年3月現在の在籍選手は14名、プレイタイトルで3つのチームに分かれています。

今回はその中で主に「Apex Legends(以下、Apex)」をプレイしている「レッドベア」チームに所属する3名の選手と、マタギスナイパーズを率いるれもん監督(@LEMONOE428)にお話を聞きました。

レッドベアのみなさんは、他の2チームより少し若手(と言っても最年少は64歳!)のチームで、練習生の期間を経て2021年11月に正式にメンバーとなりました。

マタギスナイパーズ(中央)のみなさんは、左からMark25選手、ヨッシー選手、れもん監督、いぷさむ選手

ゲーム歴が「インベーダー」から一気に「Apex」の選手も

キジシロー 練習日にお時間いただいてありがとうございます。練習生の期間を含めると、チームに参加して4カ月ほど経ったと思います。まずは、現在の心境をお聞かせください。

ヨッシー ゲームは知らなかったけれど、募集を見て興味があったので参加しました。パソコンのキーボードとかマウスを使うゲームに全く触れて来なかったので、「こういうのもあるんだな」と思って始めましたが、今はハマっています。

キジシロー ゲーム自体はお好きだったんですか?

ヨッシー ゲームは好きですね。高校生の頃は「スペースインベーダー(アーケード)」に周りのみんながハマっていて、そういうのをやっていました。ファミコンとかは、買った人に触らせてもらった程度ですね。

みぽにゃーたろう 他のゲーム機はあまり遊んだことはないんですか?

ヨッシー ほとんどないですね。

キジシロー それでいきなりApexはすごいですよね。

ヨッシー ただ、パソコンは仕事で使っていましたので、操作に馴染みはありましたね。

キジシロー いぷさむさんはいかがですか?

いぷさむ 「ハマった」って、その通りですね。今まで囲碁をやっていたんだけど、最近さっぱりやらなくなった。

ネコヌリ一同 (笑)

キジシロー 囲碁は結構長くやられているんですか?

いぷさむ いや、2~3年前からかな。2段、3段くらい。

みぽにゃーたろう おー、すごい!

いぷさむ でもApexの腕前は、囲碁で言うと20~18級くらいかな。

全員 (笑)

キジシロー では、Mark25(まーくにじゅうご)さんはいかがですか?

Mark25 私も20代でインベーダーをやっていましたね。新婚時代に妻とファミコンで遊んだり。仕事でパソコンを使うようになって、そのパソコンのスペックを試すならゲームが手っ取り早いと思っていたので、抵抗感なくゲームをしていましたね。でも年齢が上がってくると、ゲームをやっていることに対して「まだそんなことやってんの?」って言われかねない時代でした。

はちわれお そうなんですよねー。

Mark25 子どもがゲームをやりすぎていたら、「やめなさい」って言わないといけない立場でした。でも自分は隠れてゲームをやっているっていう(笑)。

全員 (笑)

Mark25 マタギスナイパーズに応募したのは定年直後でした。妻が募集広告を見て「好きだよね?」と勧めてくれて。

みぽにゃーたろう 奥様が勧めてくださったんですねー!

キジシロー それでは、れもん監督にも少しお話を聞かせてください。これまでのゲームの経歴をお聞きしてもいいですか?

れもん監督 ゲームを始めたのは20歳くらいです。好きなんですが、どちらかというと遅いんですよね。子どもの頃はずっと剣道をやっていました。

キジシロー 最初に何のゲームを始めたんですか?

れもん監督 「コール オブ デューティ(CoD)」というFPSです。当時はプロチームとかはなかったのですが、ゲーム内のクラン(チームのようなもの)に所属して大会にも頻繁に出ていました。最高で全国3位かな。

みぽにゃーたろう すごい!

キジシロー やっぱりスポーツマンだったから反射神経が良かったり?

れもん監督 単純に、時間をかけたことが大きいと思います。当時まだ学生だったので、毎日10時間以上やっていました。

ネコヌリ一同 おー!

れもん監督 2~3年くらいFPSをプレイした後に格闘ゲームにも挑戦したんですけど、そちらはあまり結果がふるわなかったですね。

キジシロー コーチになられたのは今回が初めてですか?

れもん監督 そうですね、ちゃんと教える立場になるのは初めてです。

キジシロー TwitterやYouTubeで公開されている動画を拝見すると、声を掛け合う練習など、僕らにもためになる指導がいろいろあります。教える内容も今回初めて考えたものなのでしょうか?

れもん監督 そうですね、指導内容は今回初めて用意したものです。細かなテクニックよりも、ゲームプレイ自体をイチから教えるよう意識しています。マタギスナイパーズの中にはゲームに初めて触れる方もいるので、「これはできて当たり前」と思って話していると食い違ってしまうこともありますから。

はちわれお なるほど。

なんでエイム練習ばっかり?2カ月の練習経て基礎の大事さに気づく

キジシロー みなさんとても楽しくゲームをされているのを感じますが、毎日続けていくモチベーションになっていることはなんでしょうか?

Mark25 やっぱり「ゲームをやるなら勝ちたい」というのがモチベーションですね。そのためには監督から教えてもらった技をどんどんマスターして上手くなっていきたい。そのうえで、大会とか出てみたら面白いだろうなと思っています。

ヨッシー モチベーションは「単純に楽しい」のが第1位です。射撃練習していますけど、まだ身についてないとこもある。まずはそれを普通にできるようになることが現在の目標になっています。

いぷさむ 今の状態だと、出てすぐ撃たれてしまって面白くねぇからよ、やっぱり。せめて2~3人は倒したい。やられっぱなしは嫌だもんで。監督に「最初はエイム練習」って言われて、2カ月くらいそればっかり。「なんでそればっかり」って思ってたんだけど。

ネコヌリ一同 (笑)

いぷさむ でも今はね、今更ながらエイム練習の大事さがわかったんで、一生懸命やるようになっています。

みぽにゃーたろう やっぱりApexは難しいですか?

いぷさむ よく言われるんだけど、射撃練習しても相手が止まっている練習がほどんどだから。実戦になるとあっちも動いてるし、上手い人はわけがわからない攻撃をしてくる上に射撃も上手いから、それで終わり。厳しいですよ。

はちわれお 我々もよくわかるね、それは。

キジシロー 僕らがやっている「スプラトゥーン2」も、試し撃ちでいくら練習しても、いざ試合になると同じようにできないんですよね。

クマネッコ 「エイム練習をがんばっている」とのことですが、他に習得が難しいと思う要素、練習したいと思っている部分はどこですか?

Mark25 動きかな。撃たれた時、自分の判断で動けるようになる。その速度をあげないと、ただ撃たれ損なので。

ヨッシー 自分はやっぱり、まずエイムの練習。止まっている物に対してレレレ撃ち(横移動しながらの狙い撃ち)とかしていますけど、実戦で接近戦になると焦ってしまう。

いぷさむ 自分に対して一番腹が立つのは、同じ条件なはずの1対1で撃ち合うとこっちがやられちゃうこと。敵は避けるのが上手いから、動き方に何かあるんじゃないかと思っています。とりあえず1対1で勝ちたい!

体力的な衰えは感じない。今までの「人生経験」が武器に

キジシロー 今日は練習日で集まって練習されてますが、ご自宅で個人練習はされているんでしょうか?

いぷさむ 私、娘の送り迎え以外はほとんど家でやってます。

みぽにゃーたろう すごい!

いぷさむ けど、やっぱり酔うことがある、ゲーム酔いですね。

みぽにゃーたろう わかります、それ私もあるんですよ。

いぷさむ それがあるんで、休み休みやっていますね。

みぽにゃーたろう 集中も切れちゃったりしませんか?  私、1時間か1時間半ぐらいで切れちゃうんです。

いぷさむ まぁ2時間くらいはもつかな。

みぽにゃーたろう 結構持つんですかね、みなさん。

れもん監督 Apex部門の人たちは、練習量が異様に長いですね(笑)。

マタギスナイパーズ一同 (笑)

れもん監督 ゲームへののめり込み方がすごいです。

はちわれお 身体の衰えが気になったり、それがプレイに影響すると感じることはありますか?

Mark25 今のところはないです。

はちわれお おー、ない!

Mark25 衰えというか、視野が狭くなってることは感じる。Apexでは弾が当たったときに撃たれた方向を示すマークが出るんですけど、すぐに目に入ってこない。

はちわれお すごくよくわかります。ゲーム画面全体の情報が把握できないんですよね。

Mark25 監督にもここをよく見ろと言われるんだけど、目に入ってこない。

はちわれお 同じだー!

Mark25 よかったー!

ネコヌリ一同 (笑)

キジシロー 僕らもそうですが、高い年齢でゲームにハマっていると驚かれることがあります。逆に、年齢が上だからこその強みを感じることはありますか?

れもん監督 みなさん人生経験が豊富なので、他のものに置き換えやすいんですよね。僕が普通にゲームのことを教えているだけなのに、みなさん「つまりアレと一緒か!」と吸収してくれます。

はちわれお なるほど。

やっぱり家族の応援は嬉しいものですよね!

キジシロー マタギスナイパーズの活動を始められて、ご家族の反応はどうですか?

Mark25 家族は「がんばれ」と。

みぽにゃーたろう 奥様が勧めてくださったんですもんね!

Mark25 はい。大手を振ってゲームができる!

全員 (笑)

みぽにゃーたろう 他の方のご家族はどうですか?

ヨッシー 週刊誌に載ったりしたのを妻が見てくれたりしますね。

キジシロー 喜んでいらっしゃるってことですね。

ヨッシー はい。

いぷさむ 自分はいままでは囲碁を週2回とかやってたんですが、それをやらなくなって今はマタギスナイパーズの練習日が週2回。同じようなもんで、家族には帰りに買い物を頼まれたりしています。おおっぴらにゲームできていますね。

みぽにゃーたろう おおっぴらに(笑)

キジシロー みなさん、ご家族の方が受け入れて応援してくれているって感じですね。

マタギスナイパーズ一同 うんうん。

みぽにゃーたろう マタギスナイパーズでの活動が始まってから、日頃の生活で変わったことはありますか?

Mark25 私の場合は昨年の7月に仕事が全部終わって、9月からこちらにお世話になっています。ちょうど仕事がゲームに切り替わったような状態なので、そんなに変わらないです。

いぷさむ 私もあんまり変わらないです。囲碁の対局がゲームに変わっただけで。

みぽにゃーたろう なるほど。

ヨッシー 自分も去年の6月で定年退職して、ここに入るまでの2カ月くらいは何もしないでずっと家にいました。猫二匹と。ここに来るようになって妻も喜んでいるかな。「自分だけ楽しんで」って言われますけど(笑)。

ネコヌリ一同 (笑)

ヨッシー 生活的にはいい方向にいってると感じていますね。

10年後のネコヌリも楽しくゲームをしていたいです!

みぽにゃーたろう 最後に、ネコヌリに一言いただきたいです!

キジシロー そうですね、みなさんよりちょっとだけ年下のネコヌリになにかメッセージをいただけたら嬉しいです。

Mark25 もっともっと活躍していただいて。

ヨッシー お互いにがんばって、また会えるように!

みぽにゃーたろう できればこの取材も、そちらに行きたかったです!

はちわれお ぎばさ食べたかったんですけどねー。

マタギスナイパーズ一同 (笑)

いぷさむ 一言……みなさん、若いなぁ。

ネコヌリ一同 (笑)

はちわれお 滅多に言われないこと言われたね!

キジシロー れもん監督からもなにか、よろしければ。

れもん マタギスナイパーズみたいなチームが全国に増えていってほしいと思っています。ネコヌリさんも頑張ってください。

ネコヌリ ありがとうございます!!

* * *

レッドベアのみなさんとれもん監督の掛け合いから、日頃の仲の良さが伝わって来たのが印象的な取材でした。

みなさん「ゲームが楽しい!」という気持ちでいっぱいのご様子で、今のネコヌリよりも練習量は確実に上をいっています!  ネコヌリもスプラトゥーン2を始めたばかりのインクを塗っているだけで楽しかった頃を思い出しつつ、もっともっと練習に励んでいきたいと一同燃えてきました。

マタギスナイパーズのみなさんは春から本格始動ということで、イベント参加なども予定されていてますます目が離せません。最後に運営スタッフの方から聞いた、マタギスナイパーズやeスポーツに期待する思いが印象的だったので紹介します。

「マタギスナイパーズの発足には、もともと高齢化のマイナスイメージをプラスにしたいという目的があります。マタギスナイパーズを起点にして秋田を『日本一高齢者が元気な県』にしていきたい。そして各地域にシニアeスポーツが広がることを期待します。そうなれば下の世代の人達も『あ、ゲームやっていいんだ』と思えて、ボーターもなくなり、世代間交流もアツくなりますから」

ネコヌリの連載「五十路のスプラ道」は今回をもちまして最終回となります。マタギスナイパーズさんと同じくeスポーツの魅力を幅広い世代に伝えていけるよう、これからもネコヌリはワイワイ楽しくがんばっていきますので、ぜひ応援よろしくお願いいたします!