プロチームRascal Jester(RJ)の「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」部門に練習生として参加し、タレントそしてGAMEクロスリポーターとしても活動してきた大友美有さんがLoLの国内リーグ「League of Legends Japan League」の新シーズン「LJL 2022 Spring Split(Spring Split)」で、選手名「Shakespeare」としてRJの正式ロースター入りが決まりました。RJが1日、ツイッターで明らかにしました。プロ選手として参加することになります。LJL側によると、LJLに女性プレイヤーが参戦するのは初めての事例となります。

【Rascal Jester LJL 2022 Spring Splitロースター】
トップ:Ino/R1ngoKun
ジャングル:hachamecha/Tatsu
ミッド:Recap/GASENT
ボット:Ssol/Sirotama
サポート:Secret/Shakespeare

ルーキー登竜門でも実績

大友さんは中学生の頃からLoLをプレイ開始。N高等学校の在学中は全国高校eスポーツ選手権で2連覇を達成しました。

2020年7月よりRJに練習生として参加後は、次世代ルーキーの登竜門とされる「LJL 2021 Academy League」に参戦。またeスポーツプレイヤーとしてだけでなく、CM出演をはじめとするタレント活動も行ってきました。

第2回 全国高校eスポーツ選手権 リーグ・オブ・レジェンド部門 決勝大会

RJは2013年に前身の「PeachServer Allstars」から改名する形で誕生。LJLの創設初期から約9年にわたって競技シーンに参戦しています。昨年のLJL 2021 Summer Splitでは、プレイオフステージで強豪「DetonatioN FocusMe」と激しい戦いを繰り広げました。

大友美有さん

気が引き締まった

Spring Splitは11日に開幕します。今回の正式ロースター発表を受けて、大友さんは「純粋に喜びや嬉しいというより、改めて気が引き締まった」と述べています。

練習生からプロ化を経た心境の変化については、「LJLで女性プレイヤーがロースター入りするのは初めて。少なからず注目されると思うし、不安もあるが、これからプロを目指そうと努力している方々のために頑張りたい」とコメント。続けて「サブ選手なので具体的な出場のタイミングは分からないが、自分なりのペースで、万全に態勢を整えたいです」と意気込みを語りました。

【大友美有】

おおとも・みゆう eスポーツプレイヤー・タレント・GAMEクロスリポーター。プロチームRascal Jester「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)部門」の練習生を経て、2022年からプロ選手に。「スターダストプロモーション・デジタルメディア事業部」でタレントとしても活動している。N高校在学時には、「全国高校eスポーツ選手権」のLoL部門で連覇(第2回、第3回大会)を経験した。高校対抗eスポーツ選手権「STAGE:0」でも、2020年のLoL部門で優勝を果たした。プレイヤーネームはShakespeare。
◆Twitchチャンネル:https://twitch.tv/shakespeare_33
◆ツイッター:@miyu00tomo