今年10周年を迎える「ファンタシースターオンライン2(PSO2)」(@sega_pso2)シリーズの正統後継作品である「NGS」。2021年6月に国内版とグローバル版が同時にリリースされ、全世界の総登録ユーザー数は同年8月の時点で900万を突破する人気タイトルで、今年10周年を迎えます。

昨年12月には大型アップデートが実施され、待望のメインストーリー第2章が配信されました。ストーリーの舞台となる「リテムリージョン」は、第1章の舞台のエアリオリージョンとはまったく異なる砂漠の世界。天候の変化が一層激しい過酷な土地で、新たな強敵が待ち受けています。

さらに、1月19日に新SGスクラッチ「リゾリュートウォーリアー」が登場! リテムシティの住民をモチーフにしたコスチュームを手に入れることができます。

プレイ開始から日が浅く、リテムリージョンに足を踏み入れたばかりの筆者にとっては魅力しかありません! 無課金勢かつ初期のコスチュームしか持っていなかったので、ここぞとばかりにスクラッチを引きまくりました!

【公式サイト】https://pso2.jp/

1人3役も可能! 素人による渾身のコーディネートをご紹介

色鮮やかな衣装が目をひくエキゾチックなコーディネート

リテムリージョンの世界観をそのまま表したような、色鮮やかな民族衣装風のコスチュームです。エジプトっぽさを出すために、前髪ぱっつんのストレートヘアと、エジプト神話のアヌビスをイメージした「耳っぽく見える」ヘッドアクセサリーを合わせました。

上半身はすっきり、下半身は腰に巻いた布がアクセントに

リテムリージョンのストーリーの主要キャラ「ナーデレフ」のコスチュームと色違いの衣装です。腰に巻いた布が良いですね。全体的にすっきりさせるために、髪形はショートボブにしました。シンプルなのもまた可愛い……。

コスチュームはカラー変更で雰囲気を自在に変えられる

一番のお気に入りはこちら!動きやすそうなリテムリージョンのアークスの戦闘服です。アクティブな雰囲気が出るよう、髪形はポニーテールを選びました。

スクラッチで入手したコスチュームのカラーも、何と自分好みに変更可能!細かくカスタムできるので、人とかぶるのが嫌な筆者には最高の仕様です……!

実は、上の3人は同一キャラクターです。どれも可愛いと思いませんか!?(完全な親バカです)

髪型やコスチュームを変えるだけでも、かなり印象が変わって面白いなと思いました。タイプ違いの「カワイイ」を追求して、2体目、3体目のキャラを作る人が多いのも頷けますね!

ちなみに、お気に入りのコーディネートは「マイファッション」に登録しておくと、後ですぐに着せ替えができる便利機能がついています。こちらもぜひ活用しましょう!

フレンドとのSSが楽しすぎる!

今回、光栄なことに、GAMEクロスの先輩ライター雷 奏さんと一緒に遊ぶ機会をいただきました。そこで、「NGS」の楽しみ方の一つである「フレンドとのSS」にチャレンジ! エアリオリージョンのお気に入りスポットでSSを楽しみつつ、リテムリージョンのフィールドも探索してきました。

筆者のキャラ(左)と雷 奏さんのキャラ

まずはセントラルシティで1枚。アイテムショップやエステなどのショップが並ぶプレイヤーの拠点であり、ゲーム開始後のスポーン地点ということもあって、いつもたくさんの人でにぎわっているエリアです。外壁は人が少なく、エリア中心のタワーも見えるので、撮影にはオススメかなと思います。

ロビーアクション「座る」を使用したSS

こちらは、キャラクターに任意のポーズを取らせることができる「ロビーアクション」を使って撮影。初心者には「座る」のアクションが使いやすかったです。

セントラルシティにはたくさんの光源が

ちょっとお着替えをしてセントラルシティの中心部へ。クリスタルのモニュメントがあちこちにあるので、キレイな雰囲気で撮りたいときに良いですね。

レゾルの森でひと休み

セントラルシティを出て、お次はレゾルの森へ。敵が多く、ある程度ストーリーを進めて戦闘力を上げないと解放されないエリアなのですが、今ではこんなにのんびりお散歩できるように♪ 必死に戦っていたときは、ここがこんなに草木が美しい場所とは気づきませんでした……。

「座る」アクションを取り入れればピクニック感も出せますし、カメラアングル的にも頭上の風景を映しやすいなと思いました。

ハルフィリア湖の花畑でやらわかい雰囲気の1枚
大きな月が映えるハルフィリア湖の波打ち際

さすがは自然豊かなエアリオリージョン。草花に囲まれたふんわりとしたSSも、海辺でのちょっとカッコイイSSも撮ることができました!

ちなみに小ネタですが、SS撮影の際に「画面に表示されている文字って、どうやって消すの……?」と悩んで調べたところ、チャット機能の「ショートカットワード設定」で特定のコマンドを入力すると消せることが判明しました。

公式のほうでも紹介されているとおり、「/uioff ○○(←消したい秒数を入力、最大600秒まで)」と入力するとインターフェイスを非表示にできるので、初めてSSに挑戦する際はお試しください。

【公式サイト ゲームガイドより】
https://pso2.jp/players/manual/pso2/communication/chat/

砂嵐あり癒やしありのリテムリージョン

天井に飾られた布が印象的なリテムシティ

さぁ、お目当てのリテムリージョンにやってきました。こちらのリージョンの拠点となるリテムシティは、先ほどのセントラルシティとは雰囲気がまったく異なります。スクラッチで入手したコスチュームも、世界観によくマッチしていますね!

ピラミッドを目前に砂嵐に見舞われ、立ち尽くす2人

リテムリージョンで一番目立つのが、このピラミッド! 早速撮影しようと近づきましたが、タイミングが悪いことに砂嵐が……。天候には逆らえないので、やむまでしばし待機します。でも、「これはこれでカッコイイかも」と思い、悪天候のSSも撮ってみました。

流星群のおかげでさらにキレイなSSに

砂嵐がやんだ頃にはすっかり夜に。しかし、今度は運良くとってもキレイな流星群が現れました。夜もまた雰囲気の良いSSが撮れるので、同じ場所をいろいろな時間帯で撮り比べるのも楽しいかもしれません。

リテムリージョンで「緑が映る明るい場所」は少ない

こちらは私のお気に入りの場所、オアシスです。周囲に敵がちらほらいるものの、まさに「砂漠の中の癒やし」という感じで小さくポツンとあります。

割と開けた場所にあるので日当たりが良く、白飛びしないように気をつけたつもりですが、どうでしょう……? ゲームのSS自体に慣れていないものですので、ぜひプロの方々にコツを伺いたいところです。

ずっと眺めていたいワンちゃんたち
のんびりしていたところにまた砂嵐が……

癒やしといえば…リテムリージョンにはあちこちに可愛いワンちゃんがいます。顔だけキョロキョロしている子もいますが、みんなその場からは動かないので、初心者の私も焦らず撮影することができました(笑)。

ここで気づいたのですが、この世界の動物って大きいんですよね。後にソロプレイしていたときにも可愛い子が横に来てくれたのですが、耳を含めると私のキャラよりも身長があります(笑)。

自キャラ(158㎝)を超えるサイズ感が「NGS」での普通

キャラクリとSSはもはやストーリーの一部!

リテムの夕日を浴びながら締めの1枚

「NGS」のようなオンラインRPGは初めてでしたが、パーティーを組んでの共闘はもちろん、自慢のキャラとコーディネートを披露し合うところにも協力プレイの楽しさがあるんだなと思いました。

特に、キャラクリはゲームの最大の魅力といえます。とにかく、すれ違う人がみんなオシャレで可愛いんです!! 「あのコーディネートはどうやって作ったんだろう?」「自分はまだまだひよっこだ……」なんて考えながら試行錯誤しているうちに、私もキャラクリの沼に片足を突っ込んでいました……。

SSももっと上手に撮れるコツがあると思うので、どんどん技術を磨いていきたいですね。コスチュームやロビーアクション、待機モーションのバリエーションも増やして、個性あふれるSSをめざします。そして、フレンドや同じシップの人たちにお披露目していきますよ〜!

フレンドより

海乃ハルカさんと、森に湖に山に砂漠にシティにと、惑星「ハルファ」を旅してまいりました。戦いを一時忘れ、おめかしして、のんびり写真撮影……と思いきや、海乃カメラマンのこだわりは想定よりガチ。景色×天候×時間×衣装のベストショットの探求は尽きませんでした。楽しかったけど。教えていただいた、SS撮影時の「文字の消し方」は目からウロコ。お困りの方はぜひ試してみてください!

(雷 奏)