ぷよぷよeスポーツのプロ公式大会「ぷよぷよチャンピオンシップ SEASON4 STAGE3」が25日に開かれ、「fron積み」で知られるfron選手が優勝しました。チャンピオンシップでは初優勝でした。試合後に行われたインタビュー(配信を含む)で、優勝の喜びを語りました。

2018年以来の栄冠

優勝賞金のボードを抱えるfron選手(右)とベスト4のKamestry選手

――優勝して、今のお気持ちを聞かせてください。
このような大きな大会での優勝は本当に久しぶりです。セガ公式大会での優勝は、プロになった2018年の「ぷよぷよカップ」以来なので、本当に嬉しいです。

――なかなか上位に食い込めず、悔しい期間もあったと思いますが、今大会はどのように向き合いましたか?
今シーズンも、良かったり悪かったりとの波はあったのですが、ここ数ヶ月はかなり良い「ぷよ」ができている自信がありました。しっかり本番で強い「ぷよ」をやろうと意識を変えて練習していたので実ってよかったです。

――意識を変えて強い「ぷよ」を、とのことですが、これまでとの一番の違いを教えてください。
今までは、緊張している時は本線一直線な「ぷよ」をしがちでした。それで隙ができたり、先に本線を打たされて相手にそこをつかれたりという場面がありました。

今回は、本線も構えつつも中盤戦のための手、本線以外の手も複数用意して柔軟に対応できるようにと、意識してきました。

fron積みは中盤戦向き

優勝トロフィーを手にするfron選手

――fron選手といえば「fron積み」ですね。「fron積み」の良いところを教えてください。
ぷよぷよ的なメリットでいうと、土台が低く中盤戦を戦いやすいという点が一つ。また、速攻も打ちやすい利点があります。

私にとってはアイデンティティーです。「fron積み」のfronさん、と認知されてもいます。また、僕を知らない人でも「fron積み」という形を通して知ってくださっていると思います。

――これで「fron積み」ユーザーは増えるのではないでしょうか?

難しい形ではあるのですが、難しい連鎖を組めた時は気持ちがいいものなので、一回練習してみるのもありではないか、と思います!

目の不調を乗り越えての勝利

優勝の喜びを語るfron選手

――大会では難しい場面もありました。決勝戦での1セット取って1セット取られてという場面での心境を教えてください。

正直、決勝戦1セット目は良かったのですが、2セット目は優勝が目前に近づいて、甘え気味の「逃げ気味のプレイ」になっていたと思います。3セット目の途中からは、自分の練習してきたことをもう一度認識し直して、なんとか最後に勝てました。

――試合中は、うなだれるシーンや苦しそうなシーンがありましたね。

実は、特に冬になった頃から目の調子があまり良くないんです。長時間目をあけていられず、まばたきが多くなっちゃうんですよ。試合前には目薬を差していましたが、途中で目を押さえる場面もあったと思います。

――一番きつかったのは、どの試合でしたか?

準決勝のKamestry戦はきつかったです。ちゃんとやれば勝てるかなとは思っていましたが、2セット目は先制されてしまいました。Kamestryさんの「ぷよ」が攻撃的で。攻撃的な「ぷよ」が僕は苦手なのでヒヤヒヤしました。

fron選手(左)が「苦戦した」と振り返ったKamestry選手との準決勝

――どのあたりで「今日はいける!」と思えましたか?

いつもなら、良くてもベスト4で負けることが多いので、今回ともくんにベスト8で当たって、いつもの流れならここで負けて敗退かなと思われた方もいたと思います。

今回は自分的に良い「ぷよ」ができていたので、勝てなくはないと思っていて、実際試合内容でも勝てたので、これはいけるんじゃないか、と思いました。

――今日の「ぷよ」は、100点中何点ですか?

結構高いとは思うのですが、反省点も踏まえて80〜85点くらいですね。緊張した場面では、普段の「ぷよ」よりも崩れちゃうことが多いんですよね……。そういう時に、逆転されがちなので無くしていきたいと思います。

Shiyota選手、大会上位常連の予感

――決勝戦のShiyota選手は今回がデビュー戦でした。印象を教えてください。
「ぷよ」の完成度が高く、難しい技術も得意としている選手です。緊張する場面では崩しがちなものですが、Shiyota選手は崩れた場面でもどうにかしてくるので、今後も大会上位の常連になってくるのではないでしょうか。

普段の練習で戦ってきた相手ではないのですが、つい1、2カ月前に対戦した際には大差で負けてしまっていました。苦手意識というか不安はあったのですが、今日の「ぷよ」を信じていけば勝てる、と自分の中での思いがあったので、貫き通せて良かったです。

ファイナルズでも優勝狙う

――ファイナルズに向けての意気込みを聞かせてください。
ファイナルズは「SEASON1」で準優勝しています。それ以来、ファイナルズでは良い結果を残せていないので、次は優勝したいと思います。

――ファンへ一言お願いします。
ここまで応援してくださった方々ありがとうございます! これからもがんばっていくので応援よろしくお願いします。配信も行っているので、ご覧いただけるとありがたいです。

ぷよぷよチャンピオンシップ SEASON4 STAGE3