埼玉県川越都市圏まちづくり協議会(レインボー協議会)は、6市町(川越市、坂戸市、鶴ヶ島市、川島町、毛呂山町、越生町)の交流事業として、eスポーツのオンラインイベント「Rainbow Cup」を開催します。6市町の在住・在勤・在学者などを対象に、それぞれの自治体の代表として出場する参加者を募集しています。

開催概要

■開催日:2022年1月23日
■主催:埼玉県川越都市圏まちづくり協議会(レインボー協議会)
■制作:Fusion LLC
■後援:埼玉eスポーツ連合
■競技タイトルとスケジュール(予定):
11:00~ eFootball ウイニングイレブン2021部門
14:40~ 鉄拳7部門
■使用機器:PS4
■実施形式:オンラインイベント(都内のスタジオから配信)
■参加対象:15歳以上で、川越都市圏まちづくり協議会の圏域(川越市、坂戸市、鶴ヶ島市、川島町、毛呂山町、越生町)に在住・在勤・在学している方、またはかつて在住・在勤・在学していた方(PS4の所有が条件)
■参加費:無料
■エントリーフォーム:eFootball ウイニングイレブン2021鉄拳7
■締め切り:12月22日(ただし、定員に達していない市町の代表者については1月16日まで延長予定)
■紹介サイト:川越市坂戸市鶴ヶ島市川島町毛呂山町越生町
■出演者:まーさん(eFootball ウイニングイレブンプロ選手)、渡邉大剛(サッカーJリーグ・大宮アルディージャ元選手)、PEKOS(鉄拳7プロ選手)、ゆうゆう(同)
■実況:馬人(@UMANCHU_729)、じごちゃん(@jigokunosan)、メッス(リモート出演)
■配信チャンネル:eFootball ウイニングイレブン鉄拳7

* * *

以下、レインボー協議会スタッフの寄稿です。

「つるゴン」と「うめりん」、魂のコンボ炸裂!

練習会に臨んだうめりん(左から)、ゆうゆう選手、つるゴン

「Rainbow Cup」の開催を前にした12月10日、イメージキャラクター(ゆるキャラ)同士の練習会がさいたま市の「e★WORLD大宮」で開かれました。6市町のゆるキャラを代表して、鶴ケ島市の「つるゴン」と越生町の「うめりん」が参加。同じく埼玉在住で、大会では解説を務めるゆうゆう選手から手ほどきを受け、「鉄拳7」の腕を磨きました。

うめりんは和風美人の「一美」、つるゴンはドラゴンの刺繍が映えるコスチュームの「ロウ」をそれぞれ選択。ゆうゆう選手の指導を踏まえ、本番にむけて実戦に臨みます。

的確なコマンドで削り、連打で逆襲

川越都市圏まちづくり協議会の6市町のゆるキャラたち

的確なコマンド入力で、相手の体力ケージを優雅に削っていくのはうめりん。つるゴンは「つるゴン怒りの鉄拳!」と言わんばかりの連打入力で逆襲します。一進一退の攻防のもと、うめりんはレイジアーツを華麗に披露しました。「Rainbow Cup」の前哨戦は互いの持ち味を思う存分に発揮し、引き分けで幕を閉じました。

ゆうゆう選手「筋が良かった」と評価

練習会に臨むゆうゆう選手(左から)、うめりん、つるゴン

指導を行ったゆうゆう選手は、「つるゴンも、うめりんも筋が良かったです。楽しそうにプレイしていたのが何よりでした。みんなでeスポーツを楽しみましょう!」と参加を呼びかけています。

* * *

大会情報の掲載希望はこちらへ。件名に【大会情報掲載希望】と明記してください。