GAMEクロスリポーターのハル飯田です! 皆さん、11月27日に群馬県高崎市のGメッセ群馬で行われた「Red Bull 5G 2021」の決勝戦(FINALS)は観戦されましたか? 熱戦で非常に面白い大会でしたね!

最近は毎週と言って良いほどたくさんのeスポーツ大会が開かれていますが、この「Red Bull 5G」はルールも演出も非常に独特で、他の大会とは一味違った楽しみがありました。今回は実に5年ぶりに帰ってきた激戦の模様を振り返りながら、その魅力を紹介したいと思います。

RED BULL 5G 2021

初心者でも「5ジャンル全部応援したくなる」バチバチ感

「Red Bull 5G」はeスポーツが広く認知される以前の2012年にスタートした歴史ある大会です。2016年の第5回大会をもって「第1シーズン終了」と一旦のフィナーレを迎えていたのですが、eスポーツ人気高まる2021年に満を持して帰ってきてくれました。

健闘を誓って握手を交わす両軍のキャプテン

大会の特徴は「5ジャンルのタイトル」で行われる「東西対抗戦」であることです。今年の採用タイトルは以下の通りでした。

  • Fighting:「鉄拳7」
  • Racing:「グランツーリスモSPORT」
  • Puzzle:「ぷよぷよ™テトリス®2」
  • Sports:「eFootball™2022」
  • Free:「雀魂-じゃんたま-」

採用タイトルは毎年変わりますが、この5ジャンルのうち過半数で勝利した陣営の勝利となるのが「Red Bull 5G」なのです。過去には「FPS」や「MOBA」がジャンルとして採用された大会もありました。前のジャンルで敗れたチームが次のジャンルを指定することができるので、どの順番で試合が行われるかは選手ですら直前になるまで分かりません。

今大会では開催地の群馬県にちなみ、名産品の高崎だるまが各ジャンルのトロフィーに

このルールの妙は、どれか一つのタイトルを見ているはずが、結局全部のタイトルを応援したくなってしまうところ。一度の大会で色んな競技シーンのトップ層の激突が見られるのはお得ですし、毎ジャンルごとに必ず丁寧な「見どころ解説」が挟まれるのでかなり見やすいのです。

5ジャンルもあるとちょっとヘビーに感じるかも知れませんが、そこで良い味を出してくれるのが「FREE」枠の存在。今回の「雀魂」のように普段あまりeスポーツ大会で見かけない「誰もが観戦初心者」なタイトルがあるので「全然セオリーが分からなくても応援して良いんだ!」という雰囲気が生まれているように思います。

出場者にとってはタイトルの面白さを他の競技シーンの人たちにアピールするチャンスでもあり、自分のプレイが陣営全体の勝敗を左右する責任の重さもある。そんな環境が生み出すバチバチ感と、それに誘われるように上がっていく観戦のボルテージが「Red Bull 5G」の魅力なのです。

チーム戦ならではの名場面に痺れる!

今大会を振り返ると、まず間違いなくハイライトに入るのは第1種目に選ばれた「鉄拳7」でチーム西の先鋒を務めたCOOASGAMES所属のNOROMA選手(@NOROMA_Tekken)の活躍。各チーム3人ずつの勝ち抜き戦でありながら、NOROMA選手がチーム東の選手を一挙に3人抜きして決着をつけたのです。

鉄拳7 接戦のラウンドでも、NOROMA選手は鮮やかな立ち回りを見せた

試合後にはキャスター陣も「強気の選択ができたのが大きかった」と振り返るように、まだ後ろに頼もしい仲間が控えているからこそできる戦い方も勝敗を左右したのでしょう。NOROMA選手が1人倒すごとに安堵の表情を見せる後ろで、自分のことのように喜ぶチームメイトの笑顔も印象的でした。

このように「Red Bull 5G」はチーム戦だからこそ生まれるドラマも印象的です。「雀魂」では2人の合計点数で争うからこそ、リードしているチームは試合を急いで終わらせにかかる普段とは異なるプレイングが求められます。言葉で教え合うことはできなくても、的確にチームメイトの狙いを察して「味方の当たり牌を差し込む」好プレーはこの大会ならではですね。

「グランツーリスモSPORT」では3選手の順位に応じたポイントを合計して勝敗を決する方式のため、トップ争いより4位争いが熾烈になる珍しい光景も。チームメイトを自分のスリップストリームに交互に入れてペースを維持する思いやりプレイングも目からウロコな名シーンでした。

また、今大会では初めて「選手の心拍数を測定しリアルタイムで画面に表示する」という試みも行われましたが、プレイ中でもあまり数字に表れない選手もいれば、自分が操作していないシーンでも120を超えたまま下がらない選手の姿も。圧巻だったのは「ぷよぷよテトリス2」に出場したあめみやたいよう選手(@inazuma0217tai1)。常に心拍数80前後をキープしながらも卓越したプレイングで前回、前々回に続いて個人3連覇を達成しました。

「憧れ」を生み出す、特別なカッコよさ

忘れてはならないのが「Red Bull 5G」特有のクールかつド派手な演出の数々。今年は無観客での開催となりましたが、会場はARやライティングで最高の雰囲気が作られ、ゲームの合間に披露されたパフォーマーによるステージも華を添えました。

Red Bull 5Gと言えばMCはこのおふたり。BRZRKさん(画像左)とMC MAMUSHIさんのコンビ

試合前には選手へのインタビュー映像で試合にかける意気込みやゲーマーとしてのバックボーンが紹介されるので、思わず感情移入して応援したくなる構成も筆者としては実に興味深く感じました。選手につけられる異名やユニフォームのジャンパーも相まって、選手がゲームで勝つ瞬間を一番かっこよく見せている大会の一つだと思います。

「カッコいい」ってシンプルですけど、本当に大事なことなんです。実はこれまでお話を伺ったプロeスポーツ選手の中にも以前の「Red Bull 5G」を見てカッコいいなと思った、誰かに憧れたことをプレイのきっかけに挙げる方が少なくないんです。やっぱりかっこいいな!っていう気持ちは人を動かすんですね。

今年の最終競技となった「eFootball™2022」では両チームともに点が入るごとに、プレイ中選手よりも後ろで見ている他ジャンルのメンバーが大いに沸き立っており、さながら「ゴール裏特等席」と化していました。得点を決めて力強く声援に応えるチーム西のMayageka選手(@mayageka1993)と、クールに拳を掲げるチーム東のレバ選手(@Leva_39)はまた違ったカッコよさで、そのコントラストも魅力的でした。

Mayageka選手のプレイに湧くチーム西の選手たち

5年ぶりに復活した「Red Bull 5G」。その競技シーンを志す人たちが増え、そうした人達によって更に盛り上がって行く未来が今から楽しみです。

表彰式の様子

楽しみといえばもう一つ。「Red Bull 5G」は勝利したチームの地域で次回大会が開催されることが慣例となっているのです。

Gメッセ群馬=群馬県高崎市

今年の会場がGメッセ群馬だったのも、2016年の大会でチーム東が勝利を収めていたからこそ。となれば、次回は西日本。大阪に住んでいる筆者にとってはワクワクせずにいられません。ジャンルによっては出場できるよう、今から色んなゲームを練習しておくのもアリですよね!