パッドでApexをやってみたい

パッド、パッドをな。練習しようと思うんじゃ。9月の初めごろ、なんとなくそう思った。
実際にプレイしてる人類ちゃんたちにはおなじみだろうが、Apexにはつねにつきまとう議論がある。「パッドとキーボード&マウス(キーマウ)」どっちがいいのかという問題だ。

「そんなもんやりやすいほうでやりゃいいだろ」と言われればそれは道理だし私もそう思ってきた。PCで他のFPSも多少遊んでるし、Apexもキーマウがいいでしょと1年以上遊んできている。だがこれまたプレイヤーならご存知だろうが、Apexはパッドのエイムアシストが強いのだ。なんかめっちゃエイムが吸い付くらしい。

私がよく一緒に遊ぶフレンドは殺されると「あ“〜〜!? なんだこいつ!? パッドだパッドパッド!!! どうせパッドだわ〜〜! ほらな!? パッドなんだよなぁ〜!」とマジギレしているが、氏曰く「パッドで撃たれたときはわかっちゃう」らしい。そうなんだ。

なんかすごいらしいじゃん。エイムアシスト

実際のところパッド使いプロゲーマーの言うところには「どっちが最終的に強いかどうかはともかく、パッドの方が腕前の成長が早い」という話もある。タップストレイフとかいうキーマウ特有の空中ステップみてーなキャラコンも削除されちゃうみたいだし、今は「どっちかといえばパッドのほうが強い」という意見が強めなようだ。パッドに転向しようかなって言ってるプロっぽい人の動画もYouTubeのサジェストでよく流れてくる(見てない)(韓国のハムエッグトースト屋台の動画とかを毎日見ています)。

で、長々と語っておいて何が言いてぇのかっていうと「じゃあパッドやってみるか」って思ったワケ。Tierが上なら使ったほうがいいじゃん、勝てるテクなら使ったほうがいいじゃん。なぜなら……ゲームにおいては「強ぇ」方が正義だから。

私たちはいつもそうだった。東に狂ってるキャラが発見されれば「小学生の頃から持ちキャラだった」と言い張り、西に簡単激強コンボが発見されれば「実は会得するのが難しい」と言い張りながら一生擦った。オレは戦うのが好きなんじゃねえんだ……勝つのが好きなんだよォォッ!!!

やるぞ!!! ってなった初日の射撃練習場は楽しい。シュートの練習は楽しかった

というわけで私はパッドの練習を始めた。練習法動画やブログを読み耽り、射撃訓練場に1時間こもってエイムとキャラコンの練習をし、フレンドに声をかけてアリーナとカジュアルに潜った。流石に野良と遊ぶのは怖かった。まだ操作に慣れておらず操作をミスりがちだからだ。

たしかにパッドの力はすごい……。エイムが敵に吸い付く! ワンマガでダウンする敵……。すごい! 私じゃないみたい! これを1ヶ月も続ければめちゃめちゃ強くなれるんじゃないか……? 私の胸は躍った。

普段はこんな感じのエイムなんですよ
パッドでやるとなんか吸い付く! 私じゃないみたい。不思議の勝ちがあります

ガソリンスタンドを経営しよう

それから1週間後……。
私はアウトランズを離れ、砂漠でガソリンスタンドを経営していた。

おじいちゃんから受け継いだガソリンスタンドです

このガソリンスタンドは祖父から受け継いだもので、私が再建させた。始めたばかりの頃はワンオペでツラいこともたくさんあったが、今では3人のバイトに働いてもらえるようになり、だいぶ余裕もできた。

なぜか住み込みで働くバイトども。日々の楽しみはジュースを飲むこととタバコを吸うこと

レジ打ちと給油は若いモンに任せ、私は気ままにガレージで修理をしている。今日も砂漠で車をぶっ壊した客が来たようだ……。まったくオメーらは車の扱いが荒ぇわな。それともここの土地特有のモンかね? こんなボロボロにしやがってよぉ。ま、こちとら金がもらえりゃなんでもいいがね……。

タイヤ交換は儲かるし楽しい

「ねえマスター……。マスターって昔、アウトランズでエーペックスゲームに参加してたって本当かい?」

仕事をする私に客が話しかけてくる。コミュニケーションを取ろうとしないでくれ。こちとら陰キャなんだ

んだよ……。昔の話さ。それなりにブイブイ言わせてたモンだぜ。プラチナでよ。
私は指を4本立てて見せる。車の持ち主の顔がぱあっと明るくなったのを見て私は自嘲気味に笑った。バカだな、プラチナ4ってことは一生床ペロしてたってことなのによ。

「ねえ、なんで辞めちゃったんだい?」

客はそんなことを聞いてくる。私はふぅ〜っとため息をつき、外したタイヤを地面に置くとその上に座った。

当時……私はマウスからパッドに転向しようとしてな……。失敗した……というより億劫になっちゃったんだな。

転向してから2日はよ、頑張ったよ。1時間トレモして1時間アリーナしてそれからカジュアルやってさ。今まで違うことを頑張れてるな〜って実感があったよ。

でも3日目あたりからよ、なんか違ぇーなって思えてきたわけ。キーボードでやってるときは気づかなかったけどさ、Apexって押さなきゃいけないキーがすげーたくさんあるんだよ。プレステ4のパッドってさ、ボタンたくさんあるだろ? そのボタン全部、一つ一つに違う機能が割り当てられてるわけ。ちょー混乱するぜ。昔よく、「アーマード・コア」は操作が難しいなんて話があったけどApexのがよっぽど難しいと思うぜ。だからさ、すげえ頻度でボタン押し間違えるんだよね。

冷静に考えて押すボタンが多すぎるし用途が多岐にわたりすぎてるでしょ。助けて……

まったく敵がいないところでアビリティを使っちゃったり何もないところにピン刺しちゃったりするわけ。アビリティ誤爆もさ、ミラージュとかブラッドハウンドを使ってるときならいいよ? でもジブラルタルとか使ってると悲惨だよな。まずそれが嫌だった。

あと、これはもうパッドの宿命なんだけど振り向き速度が遅いんだよ。後ろにバッ! と視線を向けられないの。これはパッドの情報収集してるときによく見た話で、文字だけで見てるときはピンと来なかったんだけど実際自分で操作するとわかるんだよ。見えないところから撃たれるじゃん。すると撃ってきた相手のことをとっさに捕捉できないんだよ。振り向きに時間がかかるから。

近距離戦とかも大変なの。全然相手を視界に収めっぱなしにできないの。これがすんげーつらくて……中距離戦でこっちが先行できるとエイムアシストのおかげで気持ちよく弾が当たるんだけど、なかなか毎回そうもいかねーじゃん? でもおかげで思い知ったよな。プロは何よりも位置取り・立ち回りが上手いんだってな。私にはとてもできないよ。

まあ……4日目にはすっかり億劫になってな。訓練場にも行きたくなくなって……私はこうやって片田舎でオメーの車を修理してるわけだよ。わかったか? わかったならもうタイヤつけるぜ?

「マスター……」

若者は少し寂しそうだった。だが知ったことではない。いろいろな生き方がある。Apexをやり続けるのも人生なら、ガソリンスタンドだって人生だ。今、私はとても充実している。それでいいじゃないか。

もう壊すなよ

やがて修理が終わり、車を下ろす。若者は料金を支払った。じゃあな、と私は手を振る。若者は運転席に……乗らなかった。代わりに車のトランクを開けたのだ。何をしている? そう問いかける前に若者はあるものを差し出してきた。それはVK-47 フラットライン……。ミリシアとIMCの戦争でも使われていた傑作・アサルトライフル……。

これが一番いい銃なんだ

「もう一度戦ってくれよマスター! パッドが使えなくてもいいじゃないか……。キーマウで戦えばいいじゃないか!」

若者の嘆きを聞きながらフラットラインのコッキングレバーを引く。愛銃は小気味いい音を立てながら薬莢を吐き出した。

オレハマダタタカエル……。

銃の声が、聞こえた気がした。
次の日、ガソリンスタンドの看板の灯はつかなかった。私は従業員を解雇するとシャトルに乗り込んだ……。

ワイはキーマウの操作性のが楽しい! もうそれでいっかなと思った

アハハハハハ!
あ〜〜キーマウでApex楽しい! やっぱこれだよなぁ〜! この小気味良さよ!
相変わらず勝てねえけど別にいっか。楽しく敵の頭をブチ抜けりゃあな。だってプロじゃないし。スポンサーとかいないし。今日も好きに戦っていくぞ! オラッ! ランクマでミラージュ使ったりしちゃうもんね! ふへへ!

というわけで多分これからもキーマウでやります。よろしくお願いいたします。
あと「Gas Station Simulator」がめちゃめちゃおもしろいのでオススメです。