「VLAORANT」の公式大会「VALORANT Champions Tour(VCT)」のシーズンを締めくくる世界大会「VCT Champions」への出場権を懸けた大会「VCT APAC-ラストチャンス予選(APAC LCQ)」で15日(Day5)、Upperブラケットの決勝戦が行われました。日本から出場しているNortheption(NTH)=@northeption=がタイのFull Sense(FS)相手に勝利。NTHはグランドファイナルに進出し、「VCT Champions」まであと1勝としました。

タイのチーム相手に粘り勝ち、敗退したREJECTの敵を取る

FSはAPAC LCQで日本のREJECTを下してUpperブラケットを勝ち抜いてきたチーム。タイのVCT Challengersで2度の優勝経験もあります。

1マップ目のアセントは出だしでNTHが2ラウンド取りますが、その後はFSが10ラウンドを連取。その後NTHも怒涛の追い上げを見せて11-11まで追いつきますが、FSが落ち着いて2ラウンドを取り、11-13でNTHが1マップ目を落とします。

2マップ目、バインドではNTHが勢いを取り戻し、10-2まで差を開き1マップ目とは対称的な展開に。しかし攻守交代後にFSがラウンドを連取、またしても11-11と同点となります。今度はNTHが2ラウンド勝ち切り、2マップ目を取得しました。

2マップ目、11-11から2ラウンド取得して勝ち切ったNortheption

勝敗を分かつ3マップ目のヘイブン、NTHは5ラウンド連取するもののFSが6本取り、逆転を許します。NTHが粘りを見せ6-6で攻守交代し、そこからは落ち着いてラウンドを重ね、13-7でマップ取得。マップカウント2-1で勝利し、グランドファイナルに進出しました。

試合直後のインタビューにはNTHのSugarZ3ro選手が登場。FPについては「(昨日のPaper Rexと比べて)連携がうまい」と評価。勝利できたことに「ひとまずは一安心」と胸をなでおろし、「決勝(グランドファイナル)は絶対勝つので、応援よろしくお願いします」と語りました。

世界大会まであと1勝

LCQのトーナメント(15日にNortheptionがグランドファイナル進出を決めた段階)

APAC LCQには東南アジア、中国、韓国、日本、南アジアの10チームが出場しており、日本からはNTHとREJECT、FENNELの3チームが選出されていました。REJECT、FENNELは惜しくも2連敗して敗退となりましたが、NTHは快進撃を続けています。

NTHは17日(Day7)午後6時から行われるグランドファイナルに進み、Lowerファイナルで勝ったチームと対戦します。グランドファイナルに勝てば、VCT Championsへの出場権を得られます。

VCT Championsには既に日本のCrazy Raccoon(@crazyraccoon406)が出場を決めていますが、もう1枠を日本チームが確保できるか、注目です。

■APAC LCQの配信 VALORANT Japanチャンネル
YouTube
Twitch