リズムゲーム「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」の賞金付き公式大会「プロジェクトセカイ Championship 2021 Autumn」が9月26日、千葉市の幕張メッセで開催されました。たくあん選手がハイレベルな戦いを勝ち抜き、初優勝を遂げました。

オンライン予選を勝ち抜いた23名と前回大会「RAGE プロジェクトセカイ 2020 Winter powered by AQUOS」の上位2名の計25名が参加。会場も感染防止対策を実施したうえで、観客は着席した状態で観戦しました。同時に、大会の様子はニコニコ生放送やYouTubeなどでライブ配信され、オンライン上でも盛り上がりを見せました。

会場で並んで撮影するキャラクターの「カイトダヨー」(左から)、「ミクダヨー」、「ネネロボ」、「メイコダヨー」

プレイする曲は直前までわからない戦い

準々決勝では、全25名の選手が5名ずつ5つのグループに分かれ、各グループのスコア合計1位の選手が1名(計5名)が準決勝Upperブラケットへ、2位の選手1名(計5名)が準決勝Lowerブラケットへ進出します。

決勝へ進出できるのは準決勝Upperブラケットで1位となった選手。そして、Upperブラケットで2〜5位だった選手4名とLowerブラケットで1位の選手が決勝の残り1枠を懸けて代表決定戦を行います。

選手は各ステージで2曲をプレイし、その合計スコアを競います。準々決勝および準決勝に使用する曲は、公開されている全18曲の中から、その場の抽選により決定。また、決勝では当日発表の1曲と、新収録の未公開曲が発表され、選手は初見の譜面で最後の曲を戦います。

1つのミスも許されない緊迫感

決勝を戦った三田皓介選手(左)、たくあん 選手(右)

前回大会の優勝者である瑠璃選手は「限りなく灰色へ」「チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ!」をいずれもフルコンボで準々決勝を1位突破。しかし、その後の準決勝Upperブラケットでは、「ブリキノダンス」「ビターチョコデコレーション」の2曲でALL PERFECTを獲得した三田皓介選手に1位を奪われ、代表決定戦へと進むことになりました。

代表決定戦では1曲目が「グリーンライツ・セレナーデ」。5人中、たくあん選手、みどつき選手、瑠璃選手、HPS選手がフルコンボという大接戦となりました。勝負を決める2曲目は「ワールズエンド・ダンスホール」。課題曲の中では比較的簡単な曲であるため、1つのミスが命取りとなる状況になりました。勝負を制したのは、たくあん選手。「一番緊張したワールズエンド」とコメントしました。

初披露「ロストワンの号哭」を制したのは

激戦の結果、決勝へと進んだのは三田皓介選手と、たくあん選手です。

1曲目として発表されたのは「六兆年と一夜物語」。解説の社築さんが「いかに研究してきたかが問われる曲」と話すように、高速の階段に加え、小さいノーツと大きいノーツが折り混じる高難度の曲です。しかし2人の選手は圧倒的な技術でさばききり、見事なプレイを見せます。結果は、三田皓介選手が3848点、 そして、たくあん選手は驚異のフルコンボ3853点を叩き出しました。

決勝の舞台で初披露となった2曲目は「ロストワンの号哭」。大人気曲が新たに収録されるということで、会場からも大きな拍手がありました。決勝の2人にとっても、初見プレイです。社築さんは「プロジェクトセカイを普段からやってきた、体に溜まった経験値みたいなものが問われると思います」とコメントしました。

細かい縦連が多く、スライドと階段が入り交じる曲全体で忙しい曲ですが、両選手とも素晴らしい対応力を披露しPERFECTを重ねていきます。スコア合計は三田皓介選手が7298点、たくあん選手が7311点。見事激闘の決勝を制したのは、たくあん選手でした。

練習による成長を実感

優勝して喜ぶたくあん選手(左)

たくあん選手には、賞金100万円とゲーム内での特別称号が与えられます。試合後のインタビューでたくあん選手は「前回大会で、(初披露となった)『千本桜』を見たときには、分からなくて、同じようなものが来たらまずいと思っていましたが、今回はしっかり見えて繋げられたので、実力がついているんだと感じました」と練習の成果によるレベルアップの実感を語りました。

試合結果の詳細

■準々決勝 グループA
【課題曲】
①「天使のクローバー」(作詞・作曲:DIVELA)
②「magic number」(作詞・作曲:伊東健人)
【選手】
いぬまた 選手
たくあん 選手 ※1位
しらす 選手
中途半端 選手
アーリング鮫島 選手 ※2位

■準々決勝 グループB
【課題曲】
①「ポジティブ☆ダンスタイム」(作詞・作曲:キノシタ)
②「霽れを待つ」(作詞・作曲:Orangestar)
【選手】
ふたばさき 選手 ※2位
wak 選手
みどつき 選手 ※1位
く。 選手
MiRaRii* 選手

■準々決勝 グループC
【課題曲】
①「初音ミクの激唱」(作詞・作曲:cosMo@暴走P)
②「チルドレンレコード」(作詞・作曲:じん)
【選手】
はちまるご 選手
HAKU 選手
ruin 選手 ※1位
やとがみ 選手
さかもちゃもちゃ! 選手 ※2位

■準々決勝 グループD
【課題曲】
①「限りなく灰色へ」(作詞・作曲:すりぃ)
②「チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ!」(作詞・作曲:和田たけあき(くらげP))
【選手】
γ 選手
うらべ 選手
poko_218 選手
θ燐酸*。 選手 ※2位
瑠璃 選手 ※1位

■準々決勝 グループE
【課題曲】
①「モア!ジャンプ!モア!」(作詞・作曲:ナユタン星人)
②「Brand New Day」(作詞・作曲:いるかアイス)
【選手】
ろら 選手
ひか 選手
F.紫菜 選手
三田皓介 選手 ※1位
HPS 選手 ※2位

■準決勝ロウアーブラケット ※準々決勝2位の選手
【課題曲】
①「地球最後の告白を」(作詞・作曲:kemu)
②「トンデモワンダーズ」(作詞・作曲:sasakure.UK)
【選手】
アーリング鮫島 選手
ふたばさき 選手
さかもちゃもちゃ! 選手
θ燐酸*。 選手
HPS 選手 ※1位

■準決勝アッパーブラケット ※準々決勝1位の選手
【課題曲】
①「ブリキノダンス」(作詞・作曲:日向電工)
②「ビターチョコデコレーション」(作詞・作曲:syudou)
【選手】
たくあん 選手
みどつき 選手
ruin 選手
瑠璃 選手
三田皓介 選手 ※1位

■代表決定戦 ※アッパーブラケット2位以下+ロウアーブラケット1位の選手
【課題曲】
①「グリーンライツ・セレナーデ」(作詞:Sakurai、作曲:Omoi)
②「ワールズエンド・ダンスホール」(作詞・作曲:wowaka)
【選手】
たくあん 選手 ※1位
みどつき 選手
ruin 選手
瑠璃 選手
HPS 選手

■決勝戦 ※アッパーブラケット1位+代表決定戦1位
【課題曲】
①「六兆年と一夜物語」(作詞・作曲:kemu)
②「ロストワンの号哭」(作詞・作曲:Neru) ※初公開の収録楽曲
【選手】
三田皓介 選手 ※準優勝
たくあん 選手 ※優勝

Eveさん書き下ろしアニバーサリーソングの収録も決定

「プロジェクトセカイ Championship 2021 Autumn」はプロジェクトセカイ1周年を記念した「プロジェクトセカイ アニバーサリーフェスタ 2021」のイベントの1つとして開かれました。1周年にあわせて、様々な情報も発表されました。

目玉の1つが人気アーティストEveさん書き下ろしのアニバーサリーソング「群青讃歌」収録が決まったことも明らかになりました。1周年を記念した楽曲となります。