Mastersベルリンは10~20日(日本時間)に開催されました。GMBはロシアを拠点とするプロeスポーツチーム。EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)地域を1位で通過した優勝候補でした。

パーフェクトで優勝を決めたGambit Esports

△「MastersベルリンでGMBが何位を取ったのか、改めて教えてくれるnAts選手(意訳)」とのツイート

GMBはMastersベルリンのグループステージで、日本から出場した「Crazy Raccoon(CR)」とも対戦。一戦目はCRを圧倒するも、グループステージのLowerブラケット突破をかけて再戦した際はオーバータイムにもつれ込むほどの接戦を見せ、話題となりました。

GMBは決勝戦でアメリカを拠点とする「Team Envy」と対峙しました。Mastersベルリンでは決勝戦のみBo5(3マップ先取)となります。

1マップ目はEnvyの猛追もありオーバータイムの末15-13で勝利、2マップ目も勝利しましたが、13-11と僅差でした。3マップ目は少し勢いを取り戻し13-9、さらに5人全員が生き残る「パーフェクト」で最終ラウンドを終え、優勝を決めました。

Mastersベルリンには、日本からはZETA DIVISIONも出場しましたが、グループステージで2連敗して敗退しました。

シーズン最後の「Champions」は12月1日開催予定

GMBやEnvy、CRなどは既に1年間のシーズンの集大成となる「2021 VALORANT Champions Tour - Champions」への出場権を獲得しています。Championsは今回と同じくベルリンで12月1~12日(現地時間)に開催予定です。