「AFTER 6 LEAGUE」(@After6League)は企業内のeスポーツチームが参加するリーグ戦です。sesson 1の2020年度は全てオンライン形式での開催。5部門のチーム戦に60チーム約360名が出場し、大会の勝敗だけでなく、企業間の交流にもつながりました。

1年目の盛り上がりを受け、凸版印刷(@TOPPAN_E1HEROES)や電通、CARTA COMMUNICATIONSなどでつくる「AFTER 6 LEAGUE実行委員会」は今年も「たたかう、つながる。」をコンセプトにした大会を企画。3部門で、2021年10月下旬から2022年3月末にかけて開催を予定しています。

実行委は大会の狙いについて「企業によるeスポーツ活動を活性化させ、eスポーツをきっかけとした企業間交流の機会の創出を実現する」と説明しています。このほか、3タイトルとは別のスピンオフ大会も期間中に計画しています。

AFTER 6 LEAGUE season 2 PR Movie

3部門の概要

○「リーグ・オブ・レジェンド」: 16社募集、シーズン59試合を予定(レギュラーシーズンは56試合)
(エントリー締め切り:9月27日23:59)

○「Apex Legends」: 30社募集、シーズン18試合を予定
(エントリー締め切り:9月20日23:59)

○「PUBG MOBILE」: 32社募集、シーズン計36試合(2部リーグ制)を予定
(エントリー締め切り:9月20日23:59)

公式サイト(登録申し込みサイト)

https://a6l.jp

AFTER 6 LEAGUE