〈N1のメンバー構成〉
TOP:momo tqt(3年)
TOP:yunocy(3年)
JG:Acciy(3年)
MID:rre(2年)
ADC:NaiNa(3年)
SUPPORT:zyunia(3年)

N1パワーの秘密は「個性の強さ」にあり

STAGE:0に出場したrre選手(左から)、yunocy選手、Acciy選手(画像提供:N高等学校)

大友 N1というチームについて、メンバーの個性や雰囲気を教えてください。

NaiNa LoLをプレイしている最中はみんな自我が強いので、一度熱くなるとストッパー役がほぼいません。運が良ければ1人~2人が気づいて止まってくれるんですけどね(笑)。

momo tqt おそらく、使っているチャンピオンにもよるんでしょうね。僕がSTAGE:0の1戦目で冷静だったのは、「タム・ケンチ」というタンクキャラを使っていたからだと思います。ガンガン前に出て攻撃するキャラじゃないからこそ、周りが見えていたのかなと。逆に2戦目で「カミール」を使った時は、無言のまま敵陣に突っ込んでしまいました。やっぱり自分が使っているチャンピオンの特徴で”冷静 or 強気”というのはかなり左右されると思います。

大友 その気持ち分かります。では、STAGE:0に参加したメンバーに対する印象は何かありますか?

NaiNa 誰にでもあり得ることですが、yunocyはメンタルがほんの少し弱い。逆にmomo tqtはチームの中でメンタル管理が上手いよね。Acciyは自信に満ちあふれていて、結構なギャンブラー気質です。rreは仲が良いメンバー、特にAcciyに対して当たりが強い(笑)。僕自身はひたすら黙々とダメージを出す役割だと思っています。zyuniaもそんな感じだけど、大会中はすごく覚醒していた気がする。今ままで一番プレイが上手かったんです。

大友 なるほど、大会中だとボイスチャット(VC)もかなり賑わってそうだね。

NaiNa 確かに、いつもよりしゃべっていましたね。ただ、しゃべり過ぎてAcciyから「静かにしてほしい」って言われたりもしました。

Acciy しゃべる隙間が無かったんですよね(笑)。みんな本当に盛り上がってた。

momo tqt NaiNaも決勝1戦目(vsクラーク記念国際高)で「アフェリオス」のアルティメットを当てた時も「いいの入る!」ってすごくしゃべっていたね。

Acciy あの瞬間はテンション上がったなー!

momo tqt でも、集団戦だと逆にしゃべり過ぎてフォーカスが合わない時もあるんですよ。思いっきり決まった時は「めっちゃ決まった!」しか言わない。だから集団戦の前は「こいつ狙おう」としか言えなくなっちゃうんですよね(笑)

オンラインで深まる友好 チームメイトから友達へ

STAGE:0に出場したyunocy選手(左)とmomo tqt選手  (C)STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2021 実行委員会

大友 大会の話に戻りますが、N1のTOPレーナーはmomo tqt君とyunocy君の2人体制じゃないですか。試合に出る際に決まりごとってありましたか?

momo tqt 試合に応じて交互に出る……という形では無かったと思います。お互いの意思確認やスクリムの結果、コーチ陣の意見、加えて開催時の環境を踏まえて僕が決勝に出場しました。なのでギスギスすることも無く、喧嘩も起こりませんでした。

大友 コロナ禍もそうだし、N高のネットコースはオンラインがメインなのもあって直接会える機会が限られていますよね。それぞれのスケジュールなども含め、オンラインでプライベートな交流はありましたか?

NaiNa ときどきmomo tqtが「誰か遊ぼう。俺のLoL配信を見てくれ」って誘ってた気がする。

Acciy そうそう。俺もmomo tqtと別のゲームで対戦してました。

momo tqt 一人でプレイしている時もありますけど、暇な時はメンバーに絡みにいきますね。一番はyunocyと話してるかな。

Acciy すごい仲良いよね。あとはスクリムの延長線上で韓国サーバーのノーマルマッチに潜ったりします。

先輩に学ぶ「両立」の難しさ

Lillebeltさん(左から)と試合前のミーティングをするrre選手とAcciy選手(画像提供:N高等学校)

大友 やっぱり戦友だからこそ、自然と仲も深まっていったんだ。ではアカデミーリーグに向けての練習など、最近みなさんが熱中していることを聞いてみたいです。

NaiNa 相変わらずにLoL一本です……! 「LJL 2021 Academy League」(アカデミーリーグ)が間近に迫ってますからね(インタビューは8月27日)。

Acciy LoLは大前提として、動画を見て研究もしてます。

momo tqt 僕もずっとLoL漬けです。アカデミーリーグに参加するメンバーは日程が近いのもあり、LoLのことしか考えてないです(笑)。そう言えば、zyuniaの熱中していることは?

zyunia 僕はアカデミーリーグに出場こそしませんが、それとは別に「Unityユースクリエイターカップ 2021」というゲーム開発の大会に取り組んでいます。期限内に間に合わせるように作業していたつもりだったのに、昨日「今まで何をしていたんだ!」って後悔しながら作業していましたね(笑)。

――逆にN1の皆さんから、先輩である大友さんに聞いてみたいことはありますか?

momo tqt 僕が気になっていたのは、競技シーンのプレイヤーとタレント業を両立させてるのがすごいと思っていて。やっぱり予定ってぎっしり詰まるものですか?

大友 私は自分の予定が入っていようが体調が少し悪かろうがスクリムに参加したいんですけど……大変だったのは”学業との両立”ですね。私の通っている大学が4学期制なのもあって、春休みや夏休みが無いからアカデミーリーグ開催中も授業や課題提出が重なってるんです。そのタイミングで履修を取りすぎたから、今後はスケジュール調整力を改善しようと思っています。

――ありがとうございます。では元チームメイトのrre選手はいかがでしょうか?

rre 2021年にN高を卒業して大学生になったわけじゃないですか。「大人になった」と感じる部分ってありますか?(笑)。

大友 高校生から大学生になってまだ4ヶ月ぐらいしか経ってないから、あんまり成長は感じてないかも(笑)。でも、責任感は前よりちょっと強くなった気はしています!

大友美有さん

将来の夢はLJL選手

大友 皆さんの今後の目標を一人ずつ聞いてみたいです。

NaiNa 個人の目標はLoLのプロゲーマーになること。今よりもランクを上げたいし、チームの目標は今後の大会で優勝をかっさらいたいと思います!

momo tqt 僕の場合だと、今年中に猛者が集う韓国サーバーでマスター(上位2番目のランク帯)を目指したいですね。あとは「Crest Gaming Act」(CGA)のアカデミーチームに所属しているので、上位入賞を狙えるように頑張りたい。その後の全国高校eスポーツ選手権に向けてもN1として練習に励み、しっかり優勝できればと考えています。

Acciy チーム面で言うと、STAGE:0で経験した危ない試合は極力避けて、ワンサイドゲームへ持ち込めるように練習を積みたいです。個人面はもちろんプロゲーマーになる夢もありますけど、それだけじゃダメなのも分かっています。LoLを精一杯頑張りつつ、学校の勉強も逃げずにやり切る。競技シーンを見据えながら進路も決めなきゃと思いますね。

rre NaiNa君と似た目標になりますが、まずはスターター選手としてLJLの出場を狙っています。N1の現メンバーは今年で僕以外が卒業してしまうので、それまでに優勝を飾っておきたいのと、来年度も学生大会でトップを獲れるように成長を遂げるつもりです。

zyunia 僕も他のメンバーと同じ気持ちです。STAGE:0で優勝したように、冬の全国高校eスポーツ選手権も変わらず1位になりたい。個人としては今よりも上位のランク到達を目指します。

STAGE:0に出場したN1の選手たち  (C)STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2021 実行委員会

――今回の対談の感想を教えてください。

momo tqt 自分たちのことを振り返るのって楽しいですよね。

NaiNa そうだね。「チームを紹介してください!」って聞いてくれるまで、こんな風に自分を含めたN1のみんなを客観視する機会は無かったと思う。

Acciy 最近は各々の予定が忙しいし、オンラインのコーチングも無かったりもするから、チームみんなで集まることが少ないよね。だから今回はみんなの内側も知ることができたし、良い機会だったと思います。

momo tqt こういう場面でしか真面目な話って中々できないじゃないですか。プライベートで集まる時は遊ぶことが多いし、インタビューの機会でお話できるのは純粋に嬉しいです。

大友 私は緊張もあって何を話せばいいか少し戸惑いました(笑)。先輩としてデキる雰囲気を見せたかったけど……。でもN1のみんながたくさん話してくれたので助かりました。最後にお一人ずつ素敵な目標も聞けたのも嬉しかったです。これからも頑張ってください!

※大友さんやN1のメンバーの多くが9/9までのLJLのアカデミーリーグに参戦中

【大友美有】

おおとも・みゆう eスポーツプレイヤー・タレント。プロチームRascal Jester「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)部門」の練習生として、スターダストプロモーション デジタルメディア事業部に所属し、タレントとしても活動中。N高校在学時には、「KDG N1」の選手として「全国高校eスポーツ選手権」のLoL部門で連覇(第2回、第3回大会)を経験。高校対抗eスポーツ選手権「STAGE:0」でも、2020年のLoL部門で優勝を果たした。
◆Twitchチャンネル:https://www.twitch.tv/limitrear
◆ツイッター:@miyu00tomo