The Pegasus Dream Tourはスマホで撮影した自身の顔画像からつくったアバター「Mine(マイン)」が、ボッチャや陸上などパラ競技を体験し、成長していくスマホ向けRPGです。

ペガサスシティ内では、「もう一つのパラスポーツの祭典」として「ペガサス パラスポーツグランプリ」が開かれており、東京ゲゲゲイ、ピコ太郎らアーティストがライブを開いたりしています。

ペガサスシティ内で取材するイッセー記者

そのゲーム内で活動しているのが、イッセー記者です。今回は、ゲームの世界から飛び出し、The Pegasus Dream Tourのコ・プロデューサーの門田瑛里さんと、アートディレクターの石崎晴美さんに話を伺いました。


▲The Pegasus Dream TourのYouTubeチャンネルでもインタビューの様子が見られます

 渋谷のスクランブル交差点をイメージ

イッセー ペガサスシティで取材を続けてきて、人種の違いや障害の有無に関係なく楽しめる、にぎやかな世界だなと感じています。

「ペガサスシティ」は、「ソーシャルグッドでサステナブルな世界観」が表現された仮想都市です

門田 ペガサスシティは、パラリンピックが掲げる「ダイバーシティ&インクルージョン(多様性と調和)を実現した世界として、バリアフリーを意識した設計、デザインとなっています。

石崎 アートの視点から、ペガサスの世界観を可視化するのが私の仕事なんですが、シティのビジュアルは渋谷のスクランブル交差点をイメージしました。渋谷はダイバーシティ&インクルージョンな街だと思うんです。「多様性に富み、暖かみを感じられ、人と人の触れあいを感じられる街とは何か」。自分なりに咀嚼(そしゃく)しながら、デザインを考えていきました。

イッセー フィギュアスケートの羽生結弦選手がペガサスシティに現れたので、びっくりしました。

アンバサダーに就任した羽生結弦選手のアバター(左)

門田 羽生選手にゲームのアンバサダーに就任してもらいました。プレイヤーは、ゲームのキャラクターとなった羽生選手と、自身のアバターと一緒に写真をとることができます。ほかにも、実在のパラスポーツ選手と交流することができます。ゲームのプレイヤーが「羽生選手と会ったんだよ」「パラ選手と一緒に遊んだよ」といった思い出になればよいなと思っています。

 様々な人が集い、交流するプラットホームに

イッセー ダイバーシティ&インクルージョンのほかに、大切にした世界観はありますか?

門田 ダイバーシティ&インクルージョンもその一つですが、ゲーム全体としては、パラアスリートの力強さやパワフルさを感じてほしいというのがあります。パラスポーツを全然わからなくても、ゲームを通して、「パラリンピックを見てみようかな」「この選手を応援しようかな」と思ってもらえたらうれしいです。

石崎 このプロジェクトに携わるまで、正直、パラリンピックはあまり見ていませんでした。でも実際にパラスポーツの関係者に会って話を聞いて感じたのは、パラのポジティブさです。この世界観を感じられるよう、カラフルなカラーリングにしました。

門田 ポジティブな世界感はすごく打ち出したい部分でして、見ただけで伝わるデザインになったと思います。プレイヤーは、明るく楽しくペガサスシティで過ごしてもらえていると思います。

ゲームを手がけたJP GAMES代表の田畑端さん(左)と、コ・プロデューサー門田瑛里さん(右)、アートディレクター石崎晴美さん。「The Pegasus Dream Tour」の開発やデザインは若手中心に行われたといいます

イッセー コロナ禍によってパラリンピックが1年延期となり、ゲームのローンチも1年伸びました。

門田 ゲームのローンチが延期になるとは思ってもいませんでした。ただ、この延期があったからこそ、ゲームのコンセプトを「人が集まれるプラットホームをつくろう」と大きくシフトすることができました。当初はシングルでプレイするRPGの開発を進めていて、今のようにオンラインマルチでペガサスシティに集まって交流する要素はありませんでした。

石崎 ゲームとしては「変わった」というより、「進化」したという感覚です。ペガサスシティで過ごすと、「すごく安心するな」と思ってもらえたら。コロナ禍によって人と会う機会が少なくなるなかで、ペガサスが人との交流を生む場所になれたらと思っています。

イッセー パラリンピックをゲームというエンターテイメントにする難しさもあったこと思いますが、今の気持ちは?

門田 パラリンピックを知ってもらうことが、このゲームの役割だと思っています。この思いに共感してくれたアーティストの方々がゲーム内にアバターで登場し、バーチャルライブも開催してくれています。エンターテイメントを通し、パラスポーツの魅力を多くの方々に伝えていきたいと考えています。面白そうに感じたら、ぜひゲームをプレイして頂けたらと思います。

(構成・GAMEクロス編集部)

「The Pegasus Dream Tour」のキービジュアル

「The Pegasus Dream Tour」の概要

ゲームタイトル:The Pegasus Dream Tour
ジャンル:アバターRPG(英語:Massive Avatar RPG)
配信地域:全世界
プラットフォーム:iOS, Android
対応言語:日本語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語
価格:基本プレイ無料(一部課金あり)
公式サイト:https://pegasus-dream.com/
公式Twitter:@PegasusCity2021

ペガサスシティでプレイできるパラ競技

  • ボッチャ
  • 100mスプリント
  • 車いすレース
  • 5人制サッカー
  • 車いすバスケットボール

登場するパラスポーツ選手

  • 廣瀬隆喜選手(ボッチャ)
  • 田中愛美選手(車いすテニス)
  • 小林幸平選手(バドミントン)
  • 小倉理恵選手(バドミントン)
  • スカウト・バセット選手(陸上・アメリカ)
  • チャイワット・ラタナ選手(陸上・タイ)
  • パトリック・アンダーソン選手(車いすバスケ・カナダ)
  • ホリー・ロビンソン選手(やり投げ・ニュージーランド)
  • シルビオ・ヴェロ選手(5人制サッカー・アルゼンチン)