こんにちは、イラストレーター・アニメーターのAokiです。

前回のコラムから1カ月が経ちましたね。早くこのチームの話をしたくてうずうずしておりました!

今回紹介するのは、プロeスポーツチームであるJUPITERのVALORANT部門「Absolute JUPITER」です。

“Absolute” は英語で「絶対の」という意味で "JUPITER" はロゴにもなっている主神ゼウス(ローマ神話ではユピテル)のこと。「絶対王者」の異名を持つ「Absolute JUPITER」はその名に国内最強のプロチームと言っていいでしょう。(チーム名の由来について、表現を修正しました)

その強さは、たとえるなら「SLAM DUNK」で言う海南大附属。
「ハイキュー!!」で言う白鳥沢。

堅く、揺るがず、圧倒的な力で相手をねじ伏せる。これが海南大附属、これが白鳥沢、これがJUPITERなのです。

昨年6月2日にVALORANTがローンチしてから、JUPITERが国内戦のBo3形式の大会で負けたのはたった1回のみ。しかも昨年末に開催されたVALORANTの国内初の公式大会「VALORANT FIRST STRIKE JAPAN Powered by RAGE(以下、FIRST STRIKE)」ではBo5の決勝でBlackBird Ignisに3-0のストレート勝ち。国内に敵は無いとVALORANTファンたちに見せつけました。

そんなJUPITERの選手を紹介します。

完璧超人、聖(セイント)『Laz』

まずはみんなご存知この人!

Laz(ラズ)選手

チームのリーダーLaz(ラズ)選手は撃ち合い強し、顔良し、人格良し。欠点を強いて挙げるなら、感情が薄いことぐらい?

撃ち合いの強さは毎日のボット撃ちにデスマッチ、敵のいるだろう所へのプリエイム、クリアリングの早さなどが秘訣なんでしょうか? 素人目にはこのぐらいしか分かりません。その強さが故、着いたあだ名は「God Laz」「クラッチキング」「シェリフキング」など多数。

Laz選手が光っていたシーン

配信ではお洒落な服を着て、爽やかスマイルでいつも視聴者を魅了します。どんなコメントにも穏やかに対応してくれて、VALORANTを始めたばかりの人でも見やすい配信をいつもしてくれています。

余談ですが、先日Laz選手が「NKODICE」というゲームをプレイしてファンをざわつかせていたのも記憶に新しいです。

オタクスナイパー『Reita』

次はこの人!

Reita(レイタ)選手

Laz選手の「完璧超人」紹介からずいぶんと落差がありますが、Reita(レイタ)選手ももちろんめちゃくちゃに強い!スナイパーを持たせたら外さない! 決めるところは確実に決める。

VALORANTでは「オペレーター」というのスナイパーライフルを使うプレイヤーが多いんですが、あまりにも外さないのでついたあだ名が『オペReita』。

個人的にお気に入りのReita選手の活躍シーン

そしてチームで一番安定感があるのもこの男。1on3などの危機もReita選手が何度も救ってくれました。

今度はオタクスナイパーの「オタク」の部分。自分も何回かReita選手の配信で「今期何を観ていますか?」と聞いたことがあるのですが……。

めっちゃ出てくる。

めっちゃ観てますReita選手。アニメーターとしてはうれしい限りです。あとめっちゃVTuberも好きみたいです。配信でVTuberの切り抜き動画を見ていたのはびっくりしました。JUPITER INVITATIONALやCR Cupなどの大会では推しのVTuberを撃つか、撃たないか……と葛藤する姿まで見せるぐらいにVTuberが好きみたいです。

最年少のぶっこわし担当『takej』

3人目はこの人。

takej(タケジェイ)選手

先頭を走って相手をなぎ倒していくエイムおばけ、takej(タケジェイ)選手。

FIRST STRIKEではハンドガンラウンドにて「おとりとしてフェニックスだけAに行って他全員B」という作戦で、ヴァイパーのカーテンでスルッと入ってそのまま全員倒してしまい、本来の作戦をさらにうまく使った立ち回りとエイムで実力を見せつけました。

takej選手が活躍したシーン

しかもエイムだけではなく、スキルの使い方がめちゃくちゃうまい。

ローンチ当初はフェニックスやレイナなどのデュエリスト系を使っており、ブレイズやディスミスを使った味方との連携が非常にうまかった印象です。そして最近はセージやスカイを使用し、時間稼ぎがめちゃくちゃうまい。かつ、持ち前のエイムでしっかり相手を削っていく「フィジカルが強くて器用なプレイヤー」としてチームに欠かせない存在になっています。

大会インタビューではビッグマウス担当で、インタビューの順番はいつも最後。キャスターのyukishiroさんや岸大河さん、OooDaさんに毎回いじられてます(笑)。

配信ではCrazy RaccoonのZepherさんとよくDUOをしていて「ジョン」「たけ」と呼び合う仲です。非常に息が合っていて、この二人のDUOは非常に面白いです。最近の配信からは後輩育成に熱心という印象も受けます。

実は堅実、悪の軍団長『barce』

4人目はこの人。

barce(バース)選手

barce(バース)選手はチームで1番重要なスモーク役を担当しています。

スモークが無いと射線が切れず、うまくサイトに侵入していけません。「スモークが最初に殺されたから攻めを諦める」なんてこともあるぐらい重要な役割です。

barce選手がよく使っているのは、スモーク役の中でもオーメンというエージェント。スモーク+パラノイアと、最強の目くらましスキルを所持しています。パラノイアというスキルをどう使うかで、オーメンが味方に与える恩恵はすさまじく変わります。

3人一気にキルをして勝利を決めるbarce選手

barce選手のパラノイアを入れるタイミング、角度は完璧で相手をしっかりとらえ絶対味方に当てません。アルティメットは索敵に使うことが多く、時間ギリギリになって使用して相手の居場所をつかみ、味方に情報を伝えます。敵に一縷の隙も与えない堅実なプレイヤーと言えるでしょう。

そしてbarce選手は「悪のバース軍団」なるものを組織しています。いつからあるのか、構成員は誰なのか、何がきっかけでできたのか……など、VALORANTきっかけでbarce選手を知った自分としては気になるところがいっぱいあります。
自分が把握している情報としては、どうやらREJECTのメンバーが多く在籍しているということぐらいでしょうか‥‥。

悪の軍団長でありながらプレイは堅実。こんなにキャラが立っているVALORANTプロは他にいないでしょう。

JUPITERの七つ道具『crow』

最後はこの人、crow(クロウ)選手。

crow(クロウ)選手

1on2でもかなりの確率で勝ってくれます。敵が嫌がることをやり続けて時間を稼ぎ、「もう時間が無い」と思った瞬間顔を出して相手を倒す。

この駆け引き!

この心理戦のうまさには惚れ惚れします。

そして使うキャラはソーヴァやブリーチ、ヴァイパーなどのサポートキャラが多く、どれも器用に使いこなしています。欲しいところピタッと収まり、チームのわずかにできた小さい穴を埋めてくれる。それがcrow選手がチームの「七つ道具」と思う所以です。

しかしどれも「ビジネス」で使っており、本当はレイズやレイナなどの好戦的なキャラクターが好きで、インタビューや配信などでも語られていました。現在はJUPITERのYouTubeチャンネルで「THE XQQ AND CROW SHOW」というトーク番組に出演されてるのが話題になってるかなぁと思います(ポッドキャストにもなっています)。ちなみに自分もめっちゃ聞いています。最高です。物腰がすごく柔らかいcrow選手を無限に見られる動画になっております。

ちなみにハンバーグ好きでも有名なcrow選手、THE XQQ AND CROW SHOWのEp.5では「プロゲーマーでなければ『ハングリータイガー(※)』で働く」と発言。そんなにcrow選手が推すHungryTiger。ぜひ自分も行きたいと思います。

※横浜市を中心に店舗を展開するハンバーグ&ステーキレストラン。

なぜJUPITERは強いのか?

個性的なメンバーが揃ったJUPITERがずっと勝ち続けた理由はなんでしょうか?

自分が考える要因は3つあって、まずは射線管理力です。

どこで顔をだすと危ないか、どこでクロスが組めるか、どんな場所でもしっかりできるのが、堅実に、確実にラウンドをとっていく秘訣なのではないかと思います。

次に連携力です。

5vs5のFPSでは何よりカバーが大事です。敵を見つけても一人が撃ち合いに負けると4対5になり、一気に人数不利になってしまいます。そのため、常に複数人で移動し、たとえ誰かが倒されてももう一人がすぐに味方をキルした相手を撃ち返す「カバー」が必要になってきます。カバーで相手を倒せれば4vs4になり人数差ができません。

そのカバーが何より速いのがJUPITERの特徴と言ってもいいでしょう。JUPITERはVALORANTローンチ以前も5vs5のFPS「Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)」で活動しており、そのころから考えると日本のVALORANTチームでは最も長く同じメンバーでチームを組んでプレイしています。そのため息の合った連携や最速のカバーができるのでしょう。

3つめはFPSの基本ではありますが、全員のフィジカルの高さ。

単純に撃ち合いが強い。ピークのタイミングや飛び出し方、リコイルコントロールにヘッドショット率。どれをとっても国内最高レベルなんではないでしょうか。

そしてJUPITERを支えるJUNiORコーチに加え、FIRST STRIKEのちょっと前からコーチとしてXQQさんが加入しました。それ以降のJUPITERはスキルの合わせ方も幅が広がり、より一層強くなりました。

スキルの合わせで自分が一番好きなシーンがこれです!

VALORANT Champions Tour(VCT) STAGE1 MASTERS DAY3

アセントBトンネルの壁はオーディンなどで抜けることは有名ですが、プロレベルになるとなかなかそれだけではキルが取れません。そこを、スキルの合わせで被害無く確実に1キルとっていく方法を我々に見せてくれました。

その後は手法がばれて通用しない手段ではあります。しかし、こうして新しい合わせを何個も用意し、色んな場面で使えると、相手もどこで来るのか予想できなくなります。おそらく今後も通用するタイミングは来るでしょう。

先ほどの動画、VCT STAGE 1 Winners準決勝の試合でした。この試合、JUPITERはCrazy Raccoon相手に2‐0で勝利します。JUPITERはどの大会でも新しい構成、新しいスキルの合わせ方を見せてくれるので見ていて面白い。先日新メンバーmakiba選手も加わり、さらに色んなスキルの組み合わせを見せてくれるでしょう。

見ている者を飽きさせないことも、JUPITERが好かれる要因ではないでしょうか。

こんなに強いJUPITERに勝てるチームはあるのでしょうか……?

【著者紹介】Aoki

イラストレーター、アニメーターを生業にしています。VALORANTは配信開始されてから割とすぐに始めましたが、現在のランクはブロンズ1です! GG!
ツイッター:@Aoki73404081