プロeスポーツチーム「DetonatioN Gaming」をする株式会社Sun-Gence(東京)と中部テレコミュニケーション株式会社(ctc、名古屋市)は24日、スポンサー契約を結んだことを発表しました。今後、「DetonatioN Gaming」のストリートファイターチームが「コミュファDetonatioN」として活動します。名古屋を拠点に「世界をめざす」と目標を掲げています。

格闘ゲーム「ストリートファイターV チャンピオンエディション」のリーグ制大会「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021」が今年秋に開かれます。この大会には、DetonatioN Gamingの格闘ゲーム部門の板橋ザンギエフ選手ナウマン選手竹内ジョン選手と、「Burning Core」格闘・アクションゲーム部門の立川選手の計4人で構成するチームの参加が発表されていました。このチームが「コミュファDetonatioN」として参戦。この他の大会にも積極的に参加していきます。

ctcは中部5県で超高速インターネットサービス「コミュファ光」を提供しています。また、2019年11月に中部地域初の常設eスポーツ施設となる「コミュファ eSports Stadium NAGOYA」を名古屋市にオープンし、中部地域のeスポーツの発展に力を入れています。

中部地域の活性化に

「コミュファDetonatioN」の4選手

オンライン会見で、ctcの宮倉康彰社長は「DetonatioN Gamingという強力なパートナーを得て、この地域のeスポーツの偏差値が上がっていくのではないか。中部圏のeスポーツを盛り上げるだけでなく、地域の活性につながってほしい」と語りました。

また、Sun-Gence代表取締役の梅崎伸幸氏は「DetonatioN Gamingには、愛知や名古屋出身のプレーヤーが複数いる」と中部地域と縁があることを説明。2026年のアジア競技大会が愛知・名古屋大会として開かれることを見据え、「ctcの企業理念などに深く共感し、この会社となら世界をめざせると考えた。2026年に向かって、名古屋から世界に羽ばたく人材を輩出していきたい」と語りました。

名古屋に貢献する思いで戦いたい

この日の発表には4選手が参加。デモンストレーションとしてストVでの対戦を披露しました。ナウマン選手は「親が愛知県出身なので、子どもの頃から名古屋に足を運ぶ機会は多かった。チームの一員になれたことを嬉しく思っている」と名古屋とのつながりを紹介。板橋ザンギエフ選手は「とてもいいチームが組めた。名古屋に地域貢献する思いを念頭に置いて、チーム一丸となって戦いたい」と話しました。

また、竹内ジョン選手は「このチームを勝たせたいという気持ちが沸いてきている。優勝に向かっていきたい」。立川選手は「普段はこのメンバーと敵として当たることも多いが、心強い3人がいて、安心感がある。間違いなく世界を取れると思う」と力強く話しました。

ctcでは、選手を招いた交流イベントを7月30日に「コミュファ eSports Stadium NAGOYA」で開くことを予定しています。