ハンバーガーは基本的に家でずっと作業をしています。

テレワークとかで自宅作業している人ならわかるかもしれませんが、自宅で作業するのって飽きます。
黙々と作業するには集中力が必要。がんばって集中するとすぐ疲れちゃう。
そんですぐ寝たくなっちゃう。
対策で流していた作業用BGMも聞き飽きた。
どうしようかなと思っていたら、Discordでみんなが楽しそうにゲームしてる気配がした。

くそっ! 自分だってみんなと話しながらゲームしたい!
でも作業が……いまゲームしたら絶対にまずい……!

「ティロン」

手が勝手に動いて、ボイスチャットに参加していた。

「お、ハンバーガーじゃん」
「おっす~ゲーム交代する?」
「あれ? 原稿忙しいんじゃなかったっけ?」
温かく迎えてくれるインターネットのお友だち。

「いや、声が聞きたくて……」

そう、声が聞きたかった。一人で作業していて寂しかったんだ。
みんなはApexをしてるところだったので、Discordで配信(画面共有)してもらうように頼んだ。

楽しい。
友だちのゲーム画面を見ながら作業するとめちゃくちゃはかどった。
友だちの話し声を聞きながら作業するのは適度に集中できるし、なんというか監視とまではいかなくても人と話すことがサボり防止にもなる。

一息ついたときに共有画面を見て、テキトーにコメントしているとゲームを遊んだ気持ちを軽く味わえるのも良い。

インターネットフレンズにゲーム配信をしてもらいながら作業するとめちゃくちゃはかどって、おかげさまで一番大変な時期を乗り越えられました。
「本のあとがきにスペシャルサンクスで載せたほうがいいですか?」
って聞くくらいには頼りまくった。

その末にできた「ハンバーガーちゃん絵日記」、発売中です。よろしくお願いいたします(宣伝)。

ゲームを配信してもらって気付いたこと

ゲームを配信してもらっている立場の注意点としては、音の種類や出どころが重要になるFPSとかをやっていたら、話しすぎると邪魔になっちゃう。そこらへんは気をつけたほうがいいです。
負けてあったまっている可能性もあるので、茶々の入れすぎも気をつけよう。

作業のお供ではなく、単純に友だちの配信を見るのも新鮮で楽しい。たとえば、「え!? 毎回インベントリ開いてからシールドバッテリー巻いてたの!?」とか、一緒にプレイしていると気づかなかったことがわかってくる。

あと、ゲームを配信する側はゲームの腕前が上がりやすいっていうメリットがあると思う。

自分の配信を見てもらうことで、気付いていなかった癖や悪いところを指摘してもらえるのだ。意外と自分が周りを見てなかったことに気付いたり、ここでこういう立ち回りをするから負けるんだ、というような反省もできていい。

Discordのゲーム配信、仲間内でとても気楽にやれるしNoitaとかウマ娘とか一人用ゲームでも見てもらえばいつもより緊張感が生まれて遊べると思いますし、見ている側も楽しいです。

作業のお供じゃなくても人のゲームプレイを見るのが好きな人もいます。いつも顔を出すDiscordのサーバーで気軽に「今からゲームするから見に来て」って宣言してゲームを配信するのもいいんじゃないでしょうか?
意外と得られるモノが多いと思います。
終わりです。