私はプロeスポーツチーム「思考行結(しこうこうけつ)」のHADO部門「SK/あひる組」に所属しているRainbee(@Rainbee_Amebati)と申します。株式会社meleap(メリープ)が主催する公式大会「HADO SPRING CUP 2021」が5月15日に開催され、私もその大会に参戦してきました! その模様をお伝えします。

未来のテクノスポーツ

「HADO ARINA HIBIYA」の入り口にある横断幕

「HADOを知っているよ」という方はこちらを、読み飛ばしていただいても構いません。ご存じない方に向けて説明します。HADOとは顔にARゴーグル、そして腕にデバイス(アームセンサー)を装着して横7m×縦10mのコート内で行われる最先端のテクノスポーツです。

ARゴーグル越しに対戦相手を見ると、対戦相手の前に「4枚の羽」が存在しており、対戦相手の動きに追従して羽も動きます。左右に動けば羽も左右に動き、しゃがめば羽の位置も低くなる、といったようなイメージです。

プレイヤーは腕(アームセンサー)を振ることでエナジーボールを撃つことができ、エナジーボールはARゴーグル上で表示される中心に向かって発射されます。つまり、正面を見れば正面に飛んでいき、斜めを見れば斜めにエナジーボールは飛んでいきます。

両プレイヤーは、相手から発射されるエナジーボールを避けつつ、相手の羽を狙ってエナジーボールを撃つ、というのが基本的な戦いになります。そしてエナジーボールを羽に当てて、羽を4枚削ると初めて「1点」となります。得点に限界はなく、80秒の間でより多く点数を取った方のチームが勝利です。

この「エナジーボールを避ける」「エナジーボールを当てる」という行為がドッジボールや雪合戦と似ていることから「ARドッジボール」「AR雪合戦」と表現されることもあります。

1試合の時間は80秒であると聞くと短く感じるかもしれませんがますが、実際にやってみると「3分くらいやっているのでは?」と思うくらい体感時間が非常に長く感じます。

では、こちらの動画をご覧ください。

【ダイジェスト】HADO JAPANCUP 2020

こちらは2020年に行われた「HADO JAPAN CUP 2020」のダイジェスト動画です。「HADO JAPAN CUP 2020」は、2020年を締めくくる最後の一番大きな大会でした。

本来、この時期に行われる大会は海外のチームも招かれるのですが、コロナ禍のために日本国内の選手のみの出場でした。しかし、それでも熱い戦いが繰り広げられたのです。

そして、今回ご紹介するのは、年間を通して行われる「グランドスラム」と呼ばれる大会です。HADOは1年を通して「SPRING CUP(春)」「SUMMER CUP(夏)」「WORLD CUP or JAPAN CUP(冬)」と「グランドスラム」が3回開催されており、今回はその中の「SPRING CUP」でした。「JAPAN CUP」にはその上位者が参加できる仕組みです。

19チームが参加したSPRING CUP

では、今回の「SPRING CUP」を振り返っていきます。出場チームは計19チーム。そのうち、4チームはHADOランキング上位の4チームで、シード権が与えられています。残った15チームで、まずは出場枠4つを奪い合うための試合が行われました。

〈シード権獲得チーム〉

  • Arc-A's
  • わちゃわちゃ☆ピーポー
  • 和心
  • ラレップ.ch

〈予選ラウンド出場チーム〉

  • UNIcorn
  • チャリオット
  • MISTA
  • 57☆TOKYO
  • SK/華より酒!
  • SK/あひる組
  • 帝国ペンギン
  • Ordinal
  • フォックスBEER
  • GAFY’S
  • BAKUFU
  • 野獣 To be 女♡
  • EXPENDABLES
  • OrDiBro.
  • MoG Bro.

予選ラウンド出場チームは3つのブロックに分かれ、それぞれのブロックで「1位」になったチームに決勝トーナメント出場の資格が与えられます。そして、ブロック2位のチーム同士で改めて総当たり戦を行い、勝ち上がった1チームを合わせた4チームと、シード権を得ている4チームの計8チームで決勝トーナメントが行われました。

決勝トーナメント進出の注目チームを紹介

予選ラウンドの結果、決勝トーナメントに進出したチームは以下です。

<予選ラウンド通過チーム>

  • 帝国ペンギン
  • UNIcorn
  • SK/あひる組
  • チャリオット

この中で名前を挙げておきたいのが「帝国ペンギン」と「UNIcorn」です。

帝国ペンギン

「帝国ペンギン」は元々、HADOアカデミーという全くのHADO初心者が集まり、公式大会出場の権利である「公認チームを結成する」ことを目的としているスクールの人たちの出身で、彼らは2期生となります。

帝国ペンギンは2020年はROOKIES CUPで2回優勝をしていましたが、2020年後半には2名のメンバー脱退、2021年には「美女と野獣♡(現:野獣 To be 女♡)」から選手が移籍してくるなど、変化を求められたチームでした。

また、グランドスラムという大きな大会には一度も進めていないチームであり、今回のスプリングカップが初の進出でした。しかも、「57☆TOKYO」という過去、何度もグランドスラムに進出して結果も残しているメンバーが多く所属しているチームを倒しての予選ラウンド通過でした。

UNIcorn

HADOには大会の勝利で積み重ねられるHADOポイントを元にランキングが作られており、そのランキング順で大会に参加できる基準を分けています。6月7日時点のHADOランキング3位に位置しており、その強さと快進撃は多くのプレイヤーの尊敬と畏怖を集めています。

HADOランキングの一部抜粋(6/7時点)

「UNIcorn」のメンバーは様々なチームで長い間HADOを続けている選手たちの集まりであり、各プレイヤーが非常に高いポテンシャルを秘めています。特に一部の選手のHADOへの理解力は非常に高く、noteなどのブログサービスでHADO考察記事を書いている人物もいます。

また、ADVANCE CUPと呼ばれる中級者向けの大会を3連覇しています。しかも、結成からは半年もたっておらず、今回の大会でもダークホースとして扱われていました。

Arc-A's

そしてシード権チームから紹介するのが「Arc-A's」。彼らはHADO界の「絶対王者」とも言える存在です。

「Arc-A's」の大会実績

上記の画像は「Arc-A's」が2020年以降の大会で、どのような結果を出してきたかのデータです。つまり、1大会を除き、すべて優勝。これだけでこのチームがどれほど強いチームなのか分かると思います。

所属している選手たちは元々は色々なチームで活動をしてきた「エース級」であり、全ての技術が最高峰に近い水準をもっています。また、過去にはHADOの運営会社と協力して開かれた「Arc-A‘sトレーニングキャンプ」で対選手向けスクールの講師として活動もしていました。

今回のSPRING CUPは「Arc-A's」をどこが止めるのか、もしくは「誰にも止められない!」となるのかに注目の集まった大会でした。

やっぱり絶対王者は強かった

SPRING CUPを制したArc-A's
【全試合】HADO SPRING CUP 2021 3on3 決勝トーナメント

大会は「Arc-A's」の優勝でした。王者崩れず……落ち着きました。決勝は「Arc-A's」vs「UNIcorn」のBO3で行われ、スコアは以下の通りでした。

HADO SPRING CUP 2021 決勝 「Arc-A's」vs「UNIcorn」1試合目
HADO SPRING CUP 2021 決勝 「Arc-A's」vs「UNIcorn」2試合目
HADO SPRING CUP 2021 決勝 「Arc-A's」vs「UNIcorn」3試合目

2-1という非常に惜しい戦いでした。一度は「UNIcorn」が「Arc-A's」を抑え「とうとう王者が崩れるか?」と思いましたが、最後は「Arc-A's」が実力を見せました。

やはり絶対王者は強かった!!!

2位は「Arc-A's」には負けたものの、大波乱を起こしたと言えるのが「UNIcorn」。3位は「わちゃわちゃ☆ピーポー 」でした。

なぜ「Arc-A's」は最強なのか

HADO界の中でも異例の常勝を続けている「Arc-A's」ですが、なぜ彼らはこんなにも強いのか。

それはまず所属している4名の「Sho」「Ryu」「Kouki」「Shaa」各選手のポテンシャルの高さが目立ちます。今年に入り脱退をしましたが、去年まで所属していた「Rose」選手も実力がありました。

まず、Sho&Ryu選手は双子の兄弟です。両選手は身体能力のポテンシャルが非常に高く、またSho選手は元「SK/あひる組」のエース、Ryu選手も「ヒュブリス」というチームで非常に高いスコアを出していた選手です。

そして双子ならではの非常に高い連携力はどのチームも苦しめられます。また、Kouki選手は元々北海道でHADOの活動をしており、上京に伴い「SLAM DIVA」という古参のチーム(今は解散)で活動してきた選手です。

Rose選手は2019年に行われた「HADO WORLD CUP 2019」で優勝した「和心」というチームに所属していました。

そしてそれを裏で支えているのがShaa選手。プレイ面で目立つことは多くないですが、堅実なプレイが多くまた選手たちのフォローをしている姿を見かけます。

このように、各チームのエース級のメンバーが集まってできたのが「Arc-A's」です。言ってしまえば「HADO界でドリームチームを作ったらこうなるだろうな」という形に近いメンバー構成となっています。

今回の「SPRING CUP」では、そんな「Arc-A's」の連勝を、設立して半年もたっていない「UNIcorn」が崩せるのか、という構図の決勝となったのです。

3on3、2on2、1on1で入賞者に送られるトロフィー

悔しい敗退

私が所属している「SK/あひる組」は残念ながら決勝トーナメントで「わちゃわちゃ☆ピーポー 」に敗退して終わってしまいました。

実は、予選ラウンドで同じブロックに同門である「SK/華より酒!」もおり、彼女たちの思いも持って決勝トーナメントに挑んだのですが、壁は厚く壊すことはできませんでした。

今後、他チームもより強くなっていくと思いますが、我々も負けじと頑張りたいと思います。

SUMMERシーズンが開幕

6月5日からは、新たにSUMMERシーズンがスタートとなりました。既にROOKIES CUPとADVANCE CUPは終了しており、ROOKIES CUPは「エンケリュス」が優勝しました。

そして、ADVANCE CUPは「SK/あひる組」が優勝という結果になっています。

13日からはHADOのトッププレイヤーのみが出場できるMASTERS CUPも控えており、各チームが切磋琢磨しています。「エンケリュス」は5月に結成されたばかりであり、次の「UNIcorn枠」として、ダークホースになるのではないかと期待しています。

誰でも気軽にHADOプレイヤー

HADOはしっかりと先駆者たちから学び、練習を何度もすれば、初心者でも急激に強くなることができるスポーツです。HADOアカデミーという新たにHADOを始める人向けのスクールも開かれているため、興味がある人は一度HADOを体験してみてはいかがでしょうか。

HADOはさまざまなメディア・テレビで取り上げられるようになり、「見たことがある」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。HADOはイベント開催時を除き、以下の施設でプレイが可能です。

◆HADO ARINA HIBIYA
東京都千代田区内幸町1-1-6 NTT日比谷ビル地下1階
◆HADO ARENA アクエル前橋
群馬県前橋市表町2丁目30−8 アクエル前橋B1F
◆HADO ARENA カリーノ菊陽
熊本県菊池郡菊陽町津久礼2464番地 カリーノ菊陽2階

では最後に。

君もHADOプレイヤーにならないか?

【著者紹介】Rainbee

ゲームライター兼HADO選手 2018年からeスポーツ記事の執筆を開始。プロeスポーツチーム「思考行結」の運営スタッフや、ARスポーツHADO部門の「SK/あひる組」の一員としても活動を行っている。好きなゲームジャンルはFPS、MOBA。日に日に増える積みゲーをいつ消化するか頭を悩ませる日々を送っている。

Rainbee選手