世界大会での活躍をめざす

まず最初に伺ったのは今大会への意気込みと、その位置づけ。新型コロナウイルスの影響により地域ごとにオンラインで決勝大会を行う形式となりましたが、チームとしては「APAC Northの試合も重要ですが、その結果に満足せず、いつか開かれる世界大会で最高のチームと評価されるチームになることが目標です」と、志高くベストパフォーマンスで挑むことを宣言してくれました。

ALGSについても「最も強いチームが勝ち上がってきた大会であるため参加チームのレベルが全体的に高くはなりますが、他の大会と大きく異なる点はないと思います」とコメント。公式大会でも特別な意識を持たないのがCR流のファイティングポーズと言えるでしょう。

予選リーグでも機を見て果敢にアタックし、キルポイントを積み上げたCRのメンバー

国際大会の特徴については「APACでは立ち回りも重要ですが、交戦をより重視する傾向がありました。しかしよりグローバルな大会では戦法の柔軟さによって成績が決まると思います。 キャラクターやメタはそれほど違わないのですが、チームカラーやコンセプトに対する深い理解度が重要だと思います」と分析しています。

ゲームへの理解度という点では、定期的に武器やアビリティにバランス調整が加えられ環境が変化し続ける「Apex」というゲームならではの難しさもあるはずです。しかし、高い技術と理解度を誇るメンバーにとっては重視するポイントも一味違います。

「(ゲーム)バランスに適応することは難しくありません。 ただ、チームに合っているかどうかについての相談には時間がかかります。プレイしてみた感想に加えて、海外の配信や大会を観戦しながら情報を集め、個人的な経験や判断を土台に話し合いを重ねています」

こうして高度な技術と綿密な話し合いによって構築される戦術が、大会でも注目のポイントです。

 Zeder選手を迎えた新生チームの初陣に注目

CRのApex部門を語る上で外せない話題と言えば、やはりチームが主催する「CRカップ」の存在です。数あるコミュニティ大会の中でも有数の視聴者数を誇る一大イベントとなっていますが、競技シーンを戦う現役の選手が出場していることも大きな魅力のひとつです。競技シーンと並行して配信も行っており、そのスケジュールは多忙を極めます。

「普段は平日のみスクリムに参加しており、配信も大事だと思っているので、配信時間の確保とイベント大会の日程などを考慮して、スケジュールをその時々で調整しています」

競技シーンに向けた練習だけでなくCRカップや配信活動を大事にする姿勢は、やはり多くのファンから支持を集めているチームCRらしい回答と言えるのではないでしょうか。

そして、そんな「CRカップ」の第5回大会では、新メンバーとしてZeder選手の加入が発表されたばかり。コーチにも新たにSunday氏を迎え、Ras選手、Selly選手と共に「新生CR」として今大会を迎えています。

△5月15日、Zeder選手とSundayコーチの加入を発表

「新しい選手が加入し、練習ではチームとしての焦点(動き)を合わせることを意識しています。 ただ、これは強いチームになるための過程に過ぎず、世界大会のために特別に練習しているわけではありません」

日々その連携を深める練習に取り組んでおり、強豪チームへの加入となったZeder選手へのプレッシャーについても「最初は少しプレッシャーがあり、負担になっていたと思いますが、Zeder選手の場合はフィードバックを受け入れるスピードが非常に速く、本人も強い意志があるので今は心配していません。これからもっと良い姿をお見せできると思います」と力強いコメントが。

「Zeder選手は交戦能力、判断力や高くチームポジションを調整するなど、互いに調和しながらもお互いを抑制し、ミスしないようにチームをコントロールできると期待しています」という言葉の通り、圧倒的な個人技を誇る3人の中で、Zeder選手が鮮やかに戦局をコントロールする展開に期待が集まります。

グループリーグではジブラルタルをピックし、安定した立ち回りを披露したZeder選手

そして、彼らを後押しするエネルギーはチーム内からも。先日行われた「VALORANT」の世界大会「VCT Stage 2 Masters レイキャビク」では、CRのVALORANT部門が日本代表として果敢に世界の強豪に立ち向かう姿が話題になりました。

「(他部門の活躍は)当然大きな刺激になっていますし、大会があると熱心に応援しています。 Apex部門も必ず良い成績を出せるよう努力していきます」

国内予選から熱戦続きでファンを大いに盛り上げてくれたVALORANT部門にApex部門も負けじと続いてくれることでしょう。

決勝大会は6月6日 いざ「#CRWIN」!

大会におけるチームの「注目して欲しいプレー」についても質問しましたが、これには「何よりも成長しているCrazy Raccoonを見守っていただければと思います」と、実にシンプルながらも期待が高まる回答が。

また、大会観戦のポイントとして注目するチームについてもお聞きしたところ、Sundayコーチから「僕は個人的にT1KRとReigniteの2チームに注目して見ています」と要チェックのチームについて特別に教えて頂けたので、これらのチームの動向も見逃せません。

最後に、応援してくれるファンへのメッセージを頂きました。

「こんにちは。 まず、Crazy Raccoonチームを応援してくださるFanの方々にお礼を申し上げます。 応援してくださるFanの方々がいるから、の場にいられるのであり、 応援してくださるほど、どんな大会でもよりよい成績を見せることができるよう頑張ることができます。

そして、世界大会で私たちが優勝カップを手にするのを見守っていてください。皆さんの応援が決して無駄ではなかったということを証明したいと思います。いつもありがとうございます。#CRWIN!」(原文ママ)

力強いコメントでファンへの恩返しを誓ったCRの皆さん。グループステージでも唯一の累計200ポイント越えと圧巻の成績でトップに輝いており、優勝候補に数えられています。

果たして宣言通り優勝カップを手にするCRの姿が観られるのか、それとも待ったをかけるチームが現れるのか。運命のALGS Championship Grand Finals – APAC Northは日本時間6月6日正午から開始予定です(配信開始は午前10時50分~)。

※インタビューはテキストのやり取りで行いました。

大会配信チャンネル

OPENREC.tv→「RAGE」チャンネル
YouTube→「esports_RAGE」チャンネル
Twitch→「esports_rage」チャンネル