こんにちは! Libalent Vertex所属のsitimentyo(@sitimentyo1)です。

「BOCW」ではアサルトライフル(以下、AR)やサブマシンガン(以下、SMG)、スナイパーライフル(以下、SR)などの武器がたくさん登場しますが、どの武器が最も強いかは「交戦距離」によって変わります。

今回は交戦距離の測り方や距離別での強武器を紹介します。この記事を通して、皆さんが「自分の戦い方に最も適した武器」を見つけられたら嬉しいです!

「交戦距離」を意識して武器を選ぶ

まず「交戦距離」の意味から。これは読んで字の如く、マップ内で接敵した際に敵と撃ち合う距離のこと。「BOCW」を含めて多くのFPSには距離減衰があって、交戦距離が遠くなればなるほど被弾ダメージが低下します。だから交戦距離を無視して武器をチョイスすると、非効率的なプレイングに繋がってしまいます。

ショットガン(以下、SG)を思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。SGは射程距離が他の武器と比べて短く、どれも近距離特化。移動範囲が限られた屋内だと無類の強さを発揮しますが、逆に屋外の開けた通路などでは敵へ近づく前に倒されてしまうことが多々ありますよね。

「BOCW」でも各武器で最適な交戦距離が決まっていて、各武器の「射程距離」(弾丸の威力が落ちない最大距離)とマッチする距離で戦うと撃ち合いで勝ちやすくなります。加えて「RPM」(1分間に撃てる弾数)などから「キルタイム」(敵を倒せる最短時間)まで吟味すると、距離に応じた最適な武器を絞り込めるわけです。

逆に、自分が得意な交戦距離・普段よく戦う交戦距離がわかれば、その距離において最も有利になりやすい武器がわかる、ということですね。

ピンを打って距離感を覚えよう

さっそくマップを見ながら武器解説……の前に、まずは交戦距離や射程距離をイメージするために、自分の目で「ゲーム内の距離感」を確かめておきましょう。

指定した地点へピンを打つと「マーク:〇〇(場所名)」と表示される

「BOCW」では指定地点をマークする「ピン」システムが実装されていて、ボタン一つで誰でも簡単に正確な距離を計測できます。上記の画像は「Checkmate」で撮影したものですが、格納庫に向かってピンを打っています。すると「自分の現在地から格納庫まで48m」ということがわかります。48mはロングレンジ(遠距離)に該当するので、SMGよりはAR、もっと遠ければライトマシンガン(以下、LMG)も最適な武器の候補として挙がります。

※なおこの記事では、各距離を以下のように定義します。
ショートレンジ:約20m以内
ミドルレンジ:約20m~約40m
ロングレンジ:約40m以上

このようにピンを打つだけでもマップ内の距離に対する理解が深まりますし、自分が得意な交戦距離をより正しく認識できます。ぜひ皆さんも試してみてください。

ショートレンジなら「MP5」「AK-74u」あたり

自分が得意な(もしくはよく撃ち合いになる)交戦距離を把握したところで、実際に交戦距離を考慮した武器選びについて一緒に考えてみましょう。まずは以下のマップを見てください。

ショートレンジでの撃ち合いはオブジェクト周りで発生することが多い

こちらは「Checkmate」のマップ画像です。

まずは交戦距離が短い①と②から。どちらも交戦距離が短く、ショートレンジ(10m~15m前後)での撃ち合いが頻発する地帯。となれば、弾速が速くて接敵時に素早くエイムできるSMGが最適な武器の候補に挙がります。8m~13m前後の敵を素早く倒せる「AK-74u」、もしくは「MP5」あたりが強武器と言えるでしょう。

どちらも装着するアタッチメント次第でパラメータが細かく変動しますが、「ショートレンジに行動エリアを絞って立ち回る」のであれば、ロングバレル等をつけて無理に交戦距離を伸ばす必要もありません。

③のエリアはミドルレンジの撃ち合いに発展することが多いので、後述のアサルトライフルが候補として挙がってきます。

「MP5」と「AK-74u」の主要な数値データ比較表。交戦距離が8mの場合はAK-74u、10mの場合はMP5に軍配が上がる

他の選択肢としては、RPMの高い「MAC-10」もオススメ。こちらはアタッチメントをつけることで射程距離が約18mほどになりますが、距離の伸びに比例して射撃時のブレも大きくなってしまうため、あえて射程距離を12m~14mあたりに留めておき、近距離戦を中心に立ち回る方が良いと思います。

ミドル~ロングなら「AK-47」「FARA 83」など

②ではロングレンジの撃ち合いも起こりやすいが……

上記も同じくCheckmateのマップ画像ですが、別の部分を赤枠で囲んであります。こちらで意識したいのは②の部分。交戦距離が①と比較して伸びていますよね。

②はロングレンジにもなり得ますが、ミドルレンジでの撃ち合いが多いエリアです。ということで、SMGよりもミドルレンジに向いているARがベスト。敵に接近され過ぎないよう気を配ることで、撃ち合いで不利になることはグッと減るはずです。この距離での個人的なオススメは「AK-47」、またはバトルパスを進めると手に入る「FARA 83」になります。

「AK-47」と「FARA 83」の主要な数値データ比較表。両方ともアサルトライフルだが、AK-47はショートレンジにやや強く、FARA 83はロングレンジでの撃ち合いに適応している

まとめ

以上が「交戦距離を基にした武器選び」の解説となります。

まとめると、自分が得意な交戦距離を調べ、その距離で最も真価を発揮する武器を選ぶことが大事。武器にこだわりがある場合は、逆にその武器が最も有効な交戦距離で戦うようにする。

試合中はその距離を意識しながら立ち回り、不利な距離では戦わず、撃ち勝てる確率の高い場所での戦いに持ち込む。最初は何となくでも良いので、「距離」の感覚を頭に入れてみてください。

「BOCW」における距離の感覚は少しややこしいのですが、ピンで距離を測れることを知らない方も意外と多いため、一度距離を測るだけでも他のプレイヤーと差をつけることができると思います。

大きな勝利も小さな努力から。自分のできる範囲でぜひテクニックを習得してみてください!

(語り手 sitimentyo、構成 龍田優貴)