プロゲーマーから直接指導を受けられる「eスポーツジム」が5月19日、東京都北区にオープンします。開業する東京メトロによると、eスポーツに特化したトレーニングジムは日本で初めての試みとしています。

場所は東京メトロ南北線の赤羽岩淵駅の3番出入口横で、ゲーミングPC12台、ゲーミングチェア、ヘッドセットを完備しています。プレイできるのは「VALORANT」「リーグ・オブ・レジェンド」「第五人格」「レインボーシックス シージ」「ぷよぷよeスポーツ」の5種類。別途料金を払えば、eスポーツのプロチーム「Crest Gaming」「Glory be esports」の選手や、JeSU公認ぷよぷよプレイヤーであるdelta選手らの指導を受けることもできます。

約50平方メートルの店舗には、ゲーミングPC12台を設置

東京メトロの遊休地を有効活用

このジムは、東京メトロがeスポーツのイベント運営などを手掛けるゲシピ株式会社(@gecipekun)と業務提携し、実現しました。東京メトロの大原恭子・企業価値創造部課長は「初心者からプロを目指すプレイヤーまで、幅広い層を受け入れるシステムを構築し、eスポーツの裾野を広げるのが目的です」と語ります。同社保有の遊休地を有効活用することも狙いの一つで、沿線に新店舗を開くことも検討しています。

また、ゲシピの真鍋拓也社長はプロゲーマーのセカンドキャリアという視点から「eスポーツジムを発展させ、プロプレイヤーが引退後にコーチやアナリストとして活躍できる場にすることも目標。ゴルフのレッスンプロのように、プレイヤーの中には、スキルはプロ未満でも教えるのが上手な人もいます。そういった層の雇用も創出したい」と言います。

東京メトロの大原恭子・企業価値創造部課長(右)と、ゲシピの真鍋拓也社長

プロチームのトライアウトへの挑戦も

月額利用料は5500円。都度利用は1430円。ゲーム依存症対策のため、1日の利用上限時間を3時間に限定しています。プロによるレッスンは、1時間約2750円。本気でプロ選手を目指す人のための上級者コースは月1万2100円で、プロチーム加入のためのトライアウトを受けることができます。

5月以降、土日祝日を中心に、店舗の無料開放や体験会を実施。プレイできるゲームタイトルを増やし、イベントなども積極的に開催していく方針です。