「M-1グランプリ2020」王者、マヂカルラブリー野田クリスタルさんが手掛けるパーティーゲーム「スーパー野田ゲーPARTY」が4月29日、Nintendo Switchから発売されました。一風変わった「野田ゲー」16種類が収録されたダウンロードソフトで、価格は1000円です。

クラウドファンディングで開発資金を調達

4月29日に発売された「スーパー野田ゲーPARTY」

「スーパー野田ゲーPARTY」は、クラウドファンディングで開発資金を募ってつくられた「ユーザー共創型」のゲームです。募集約1ヶ月半で約2000人から、目標金額の339%にあたる1357万3000円が集まりました。

支援者へのリターンとして「あなたが描いたイラストや落書きがどこかに使用される権」や「あなたが作った音声がどこかに使用される権」が用意されており、こうして集まった素材の数々が、実際のゲーム画面や音楽に使用されています。

制作には、人気ゲーム「ことばのパズル もじぴったん」シリーズなどを開発した後藤裕之さん(面白法人カヤック在籍)がブレーンとして参加しました。

発売記念し「第0回」eスポーツ大会開催

「第0回スーパー野田ゲーPARTY eスポーツ大会」には野田クリスタルさんのほか、ジャングルポケットおたけさん、デッカチャンさんら芸人仲間にくわえ、プロゲーマーの板橋ザンギエフさん、カワノさんが参戦した

発売日直前の4月28日には、「第0回スーパー野田ゲーPARTY eスポーツ大会」が東京・渋谷のヨシモト∞ホールで開催。オンラインで配信されました。今回は芸人仲間らとの「第0回」大会でしたが、野田さんはいずれ、実際にゲームを購入した人を交えてのeスポーツ大会を開くことを考えているそうです。

一風変わった16種類収録 芸人仲間も登場

おたけ さいこっちょーゲーム

収録された16のゲームは、いずれも変わったものばかり。ですが、子供から大人まで、誰でも簡単に遊べるのが特徴です。

「おたけ さいこっちょーゲーム」は、ジャングルポケットのおたけさんが持ちネタのフレーズ「さいこっちょー(最高)」「さいてっちょー(最低)」のどちらを繰り出すのか、2択形式で当て続けるゲームです。

スーパー ブロックくずして

「スーパー ブロックくずして」は、下部にあるバーを操作して、ボールをはね返すことでブロックを崩す一般的な「ブロックくずし」ではありません。

動かすのはバーではなく、画面中央に浮かぶ芸人デッカチャンさんの「顔」です。バーから跳ね返った玉にあたらないように、顔を操作します。玉にあたると「顔」は巨大化していき、玉をよけづらくなります。

新・干支レース

「新・干支レース」は「新しい十二支」の座を目指し、大勢のペットたちが競走するゲームです。

クラウドファンディングの支援者から集まった大量のペット画像が使用されているこのゲーム、操作はジャンプのみで、障害物や他の動物たちを踏み台にしながらレースを進めていきます。

その他、「R-1ぐらんぷり 2020」の実況ネタで披露された「もも鉄」(太ももが鉄のように硬い男てつじ)のアレンジ版や「M-1グランプリ2020」決勝戦でのネタを急遽ゲーム化した「つり革」など、お笑いファンにもうれしいゲームも収録されています。

野田さんは取材に「16種類のゲームはどれもジャンルがかぶってなく、(その中には)はまっちゃうゲームがあると思うので、ぜひプレーしてほしいです」と話しました。