国際オリンピック委員会(IOC)が、初となるeスポーツ大会「オリンピック・バーチャル・シリーズ(OVS)」を開催すると発表しました。期間は5月13日から6月23日まで。日本発のeスポーツタイトルからは「eBASEBALLパワフルプロ野球2020」(KONAMI)と「グランツーリスモ(GT)」(ポリフォニー・デジタル)が採用されました。

サイクリングやセーリングも実施

7月に開幕予定の東京五輪に先立つイベントです。競技は「野球」「サイクリング」「ボート」「セーリング」「モーターボート」の5種類。それぞれの国際競技連盟とゲームパブリッシャーと提携して、実施されます。サイクリングでは「Zwift」(Zwift Inc.)が採用されました。

【国際競技連盟とゲームタイトル】

  • 世界野球ソフトボール連盟(WBSC): eBASEBALLパワフルプロ野球2020
  • 国際自転車競技連合(UCI):Zwift
  • 国際ボート連盟:オープンフォーマット
  • ワールドセーリング: Virtual Regatta
  • 国際自動車連盟(FIA): グランツーリスモ

五輪に新しい観客を獲得するのがIOCの主な狙いです。トーマス・バッハ会長は「新しいユニークなデジタルオリンピック体験」との談話を出し、若者に五輪の価値観を広めたい考えを示しました。

© 2021 IOC - ™ IOC & USOPC - All Rights Reserved.
World Baseball Softball Confederation(WBSC) ©Konami Digital Entertainment