今年のMSIは5月6~23日(現地時間)、アイスランドのレイキャビクで開催されます。LoLの国内プロリーグであるLJL(@Official_LJL)の2021年のspringシーズンは、4月11日に行われたFinalでDetonatioN FocusMe(@teamDFM、以下DFM)の優勝で幕を閉じました。DFMは日本のチームを代表してMSIに出場します。

そもそもMSIとは?

MSIは年に一度行われる国際大会で、Spring Split(春)とSummer Split(夏)の間に行われます。LoLの国際大会で最も大きい「World Champion Ship(WCS)」に向けての中間の国際大会という位置付けに見られることも多く、MSIで優勝したチームはそのシーズンのWCSチャンピオンに最も近いと評価されることが多いです。

今年は、11の地域リーグで優勝したチームがレイキャビクに集結し、地域同士のプライドがぶつかり合います。各地域の王者の中から王者を決めるので、非常に熱い戦いです。

そして、本大会で優勝したチームのリーグは今年のWCSである「Worlds 2021」への参加枠を1チーム分多く手に入れることができます。さらにMSI 2021が終わると2021年のグローバルパワーランキングが算出され、そこで最上位となった地域のリーグもWCSへの参加枠を1チーム分多く手に入れられます。ただし、その地域がMSI優勝地域ともなった場合、パワーランキング2番目のリーグが参加枠を手にします。

MSI 2021: Location Reveal 「LoL Esports」より

11チームが3グループに分かれて戦う

今年のMSIの大会形式は、新しく3つのステージで構成されています。最初のグループステージでは、11チームが3つのグループに分けられ、各グループで総当たり(Bo1)を行います。その後、各グループの上位2チーム(計6チーム)が次のステージに進出し、再び総当たり(Bo1)を行い、上位4チームがBo5形式で準決勝、決勝と駒を進めていきます。

グループリーグの組み合わせは、過去2年間にわたる国際大会の結果に基づき、11の地域が4つのティアに分けられ、そこからグループステージの振り分け抽選が行われました。全11地域は以下の4つのティアに分けられています。

ティア1: 中国(LPL)、ヨーロッパ(LEC)、韓国(LCK)
ティア2:北アメリカ(LCS)、東南アジア(PCS)
ティア3:トルコ(TCL)、ロシアを含む独立国家共同体(LCL)、中南米(LLA)
ティア4:日本(LJL)、ブラジル(CBLOL)、オセアニア(LCO)

その後、オペレーション部門のグローバルディレクターであるTom Martellがソフトウェアを使って抽選を実施し、各チームを3つのグループにランダムで割り当てました。

まずはグループステージが6日から始まります。日本のDFMはグループCに割り当てられ、LCKやLCSのチャンピオンと戦うことになっており、海外にどこまで力を発揮していけるのか注目です。
※LCK=韓国リーグで、世界トップクラスの選手が集まる
※LCS=NA(米国)リーグで、華やかなでトップクラスな選手が集まる

優勝候補は韓国と中国リーグの代表チーム

MSIは各地域の王者が集まりますが、やはりティア1の地域はレベルが頭一つ抜けています。その中でも今から紹介する2チームは優勝候補と言えるでしょう。

LCK代表:DMG KIA(DK)

Roaster
Top:Khan
JG:Canyon/Malrang
Mid:ShowMaker/RangJun
Adc:Ghost
Sup:BeryL

LCK代表、昨年Worlds王者のDK。昨年のDAMWON GAMINGから名前が少し変わっていますが、プレイヤーはTop以外同じです。世界トップのリージョンとも名高いLCKで昨年度から無類の強さを誇っており、SpringシーズンのFinalも3-0とストレートで勝ちました。

どのレーンも非常に強力ですが、世界1と言われているCanyonのJGと圧倒的なプレイスキルを持つShowMakerのMIDのJG-MIDラインが特に「凶悪」でしょう。チームメンバーが長年同じメンバーであり、集団戦やチームのマクロなどがピカイチで優勝候補筆頭です。

▲LCKがFinalを3-0で勝ったシーン

LPL代表:Royal Never Give Up(RNG)

Roaster
Top:Xiaohu/Xiaobai
Jg:Wei/XLB
Mid:Cryin
Adc:GALA
Sup:Ming/Lele

LPL代表はRNG。LPLのSpringシーズンを1位通過し、プレイオフでBo5の激闘を何度もくぐり抜けてLPL Springの王者になりました。LPLのスーパースターAdcのUzi選手が所属していたことが有名なチームです。

TopのXiaohu選手は今シーズンからMidからTopにコンバートしているにも関わらず、集団戦で驚異的なパフォーマンスを見せています。そして、今シーズンから輝きを見せているのがAdcのGALA選手で、LPL Spring Finalではとても印象に残るペンタキルを出しています。

LPLという非常にアグレッシブで個人技のレベルが高いリージョンの王者となったRNG、キャリー陣の動きや集団戦からは目が離せません。

LPL Top 5 Plays | GALAAAAAA!!! | 2021 Spring Finals「LPL English」より

日本代表DFMの戦いは

相手は「格上」といっても過言ではないので、日本のDFMを応援する方は見逃さずに配信でエールを送りましょう!特に注目の試合は5月8日game3のvsDK戦です。LCKという世界トップのリージョンの王者と戦う機会はなかなかないので、必見です!

MSI中は限定Skinも見逃せない!

MSI期間中は、特別スキン(覇者シリーズなど)も販売され、今年は「覇者ジャックス」や、2020年チャンピオンのDAMWON gamingのスキンなどが出ます。MSIの期間中だけのスキンもありますので、ほしい人はぜひ購入しましょう!

* * *

MSIは各地域の王者が集まり、毎年激闘を繰り広げています。LJLから出場したチームはグループステージの一歩手前で敗退してきましたが、今回は当初から海外の強豪チームと戦うことができます。DFMがLCKの王者DKやLCSの王者C9にどこまで食らいつけるのか。見逃せない戦いが始まります。

(渋谷侑希)