みなさんはゲームのサブスクリプション(サブスク)サービスを利用していますか? 一定金額でゲームし放題、というものです。いくつかのサービスがありますが、そのひとつが「Xbox Game Pass」。

名前からして、「Xboxを持っていないと使えないのでは?」と思っている人も多いかもしれません。でも、実はPCユーザーのeスポーツゲーマーにとってもうま味のあるサービスなんです。普段からXbox Game Passを使っている筆者、師乱(@shiran_z29)がサービスの特徴を紹介します。

そもそも「Xbox Game Pass」って何?

「Xbox Game Pass」はマイクロソフトが提供するサービスで、月に一定額支払うことで100本近くのゲームを遊び放題になるというものです。サービス名に「Xbox」とついていることからXbox向けのサービスと思われるかもしれませんが、そうではありません。

Xbox Game Passには下記3つのプランが用意されています。

 ● Xbox Game Pass for Console(月額850円、Xbox向け)
 ● Xbox Game Pass for PC(月額850円、PC向け)
 ● Xbox Game Pass Ultimate(月額1100円、XboxとPC向け)

※For PCとUltimateはひと月目のみ100円

For ConsoleはXboxでのみ使えるプランで、100タイトル以上のゲームが遊び放題になります。

For PCはWindows 10でのみ使えます。For Consoleとラインナップは異なりますが、Microsoft StoreやXboxアプリから対象となる100タイトル以上のゲームをダウンロードできます。しかも、「バトルフィールド」「FIFA」シリーズなどを手掛けるEAのゲームが一部遊び放題になる「EAプレイ」も利用可能。お得感はFor Consoleよりも断然高いのに、月額料金は同じなのが嬉しいところです。

Ultimateは2つのプランをまとめたもので、XboxでもPCでも遊び放題。さらに、Xboxでオンラインマルチプレイをするために必要な「ゴールドメンバーシップ」も付随するので、Xboxユーザーにとっては非常にお得です。

にもかかわらず、Ultimateの料金は月々1100円。ゴールドメンバーシップ単体の月額料金が842円なので、258円追加するだけでゲームを遊び放題になります。

まとめると、Xboxユーザーでマルチプレイをしない方はFor Console、する人はUltimateがおすすめ。PCでしかゲームをしないのであればFor PCを選べば良いと思います!

なお、最近では「Fallout」や「スカイリム」などの開発元であるベセスダがMicrosoft に買収されたことでXbox Game Passでも遊べる人気タイトルが一気に増え、よりゲームの充実度が増しました。

Xbox Game Pass For PCの使い方

ここからはPCゲーマーに向けて、Fro PCに焦点を当てていきます。

For PCの加入は何通りか方法がありますが、PCにログインしているWindowsアカウントを使って簡単に登録できるMicrosoft Storeからの加入方法を紹介します。

まずはPCでMicrosoft Storeを立ち上げて、右上のプロフィールアイコンから自分のMicrosoftアカウントにログイン(以下、自分の端末の画面の様子から説明します)。

ログインできたらプロフィールアイコンの左隣にある検索バーで「Xbox Game Pass」と検索します。すると、大きくFor PCのバナーが表示されます。

バナーの「詳細はこちら」をクリックすると、プランの説明やプレイできるゲーム一覧を確認できます。

Microsoft Store上では「PC用Xbox Game Pass」と表記されています

詳細画面から「参加」のをクリックすると、支払い情報の入力画面に。クレジットカードやプリペイドでの支払いを設定すれば、Xbox Game Pass for PCに加入完了です。

加入できたら、さっそくゲームをダウンロードしましょう。

Microsoft Storeの左上にある「ゲーム」タブからゲームをブラウジングできますし、先ほどの検索バーから任意のタイトルを検索することもできます。

あとはXbox Game Pass for PCに含まれているタイトルか確認し、「インストール」を押すだけ。このように、簡単にゲームが遊べるようになります。

なお、解約したい場合はMicrosoft公式サイトにログインし、「アカウント情報」から手続きができます。

おすすめのゲームは?

Xbox Game Pass for PCでどんなゲームが遊べるのか、気になる方も多いはず。100を超えるゲームの中から、筆者オススメのeスポーツタイトルを簡単に紹介します。

HALO: THE MASTER CHIEF COLLECTION

Xboxが誇るAAA作品の筆頭である「HALO」シリーズをPC向けにリリースしたタイトル。ハードなFPSが好みの方にオススメしたい作品です。

敵を倒すには「シールド」と呼ばれるアーマーを削り切る必要があり、「Apex Legends」のように敵が硬いのが特徴。4対4のアリーナ型マルチプレイヤーモードがeスポーツとして人気で、Xboxとのクロスプレイにも対応しています。

「THE MASTER CHIEF COLLECTION」にはシリーズ6作品が同梱されていて、好きなタイトルをプレイできます。

「Gears of War」シリーズ

人気TPSシリーズである「Gears of War」もXboxが誇るAAAタイトル。Xbox Game Studiosからリリースされているためか、最新作の「Gears 5」は発売日当日からXbox Game Passでプレイできました。Xboxとのクロスプレイでもでき、人気を博しました。

リアルタイムレイトレーシングに対応した映像美や、TPSらしい派手なアクションを駆使した撃ち合いで多くのファンを魅了しています。

Dead by Daylight

「Dead by Daylight(DbD)」は最近PS4、PS5版で公式大会が行われた非対称型対戦サバイバルホラーゲーム。

キラー1人とサバイバー4人で戦い、キラーはサバイバーの全滅を目標に、サバイバーはマップからの脱出を目標にする鬼ごっこみたいなルールです。

「サイレントヒル」や「ストレンジャー・シングス」など、人気ゲームや映画・ドラマなどともコラボしている人気のタイトルです。
プレイでき、クロスプレイにも対応しているため色々な人と遊べるのも魅力の一つです。

タイタンフォール2

Xbox Game Pass for PCで使える「EAプレイ」の中では、「タイタンフォール2」がオススメです。

「Apex Legends」と同じ世界を舞台にした作品(リリースは「タイタンフォール2」が先)で、同じ武器が多く登場するFPSです。「Apex Legends」のようにアビリティは使えませんが、代わりにプレイヤーが搭乗可能なロボット「タイタン」を使った戦闘が特徴です。壁を走ったり、ダブルジャンプができたりたり、敵のロボット兵士をハッキングしたりとSFチックなアクションが多く、人気を博しました。

Xbox Game Passの注意点

Xbox Game Passについて色々紹介しましたが、最後に注意点を少しだけ。

まず、Xbox Game Passは時間泥棒ということ。全てのゲームをやるには時間が足りません。というのは冗談です(笑)。いや、深刻な問題ではあるのですが……。

それはさておき、一部のゲームは一定期間後にXbox Game Passの対象から外れることには注意しておきましょう。期間はまちまちですが、今あるゲーム全てをずっとプレイできるわけではない、ということです。とはいえ、新たな対象タイトルが加わることもあるので、遊べるタイトル数が極端に減ってしまうことはありません。

新作や話題作が追加されることもあるので、タイトルリストは定期的にチェックするようにしましょう。Xbox Game Pass加入中はゲーム購入時に割引を受けられる場合もあるので、愛着がわいたけど対象外になってしまいそうなゲームがあれば、購入しておくと良いでしょう。

まとめ

Xbox Game Passの魅力はやはり作品数の多さ。長い時間遊べて、練習すればするほど楽しくなるようなタイトルが目白押しです。

色んなゲームに手を出しても良し、ひとつのゲームをやり込んで実績を解除しまくるも良し。自分のプイスタイルに合ったゲームを見つけられることが、Xbox Game Passの最大の特徴と言えるでしょう!

【著者紹介】師乱

しらん ゲーム配信者・YouTuber。Xboxをメインに活動するeスポーツゲーマーで「Halo 5: Guardians」の個人戦で世界30位になった経験を持つ。日本のeスポーツを盛り上げること、そしてXboxやHaloを盛り上げるために活動している。

Twitter
YouTube
Twitch