皆さんこんにちは。GAMEクロス共同編集長のクラタ(@ChiefKurata)です。

最近、友人がタクティカルFPS「VALORANT」を始めました。ローンチから半年が過ぎ、プレーヤー全体のレベルが上がっている気がしますが、友人はもともとPCでFPSをプレーしていたためかさっそく活躍できているみたい。羨ましい。

先日その友人から「クラタはFPS偏差値が低い」みたいな説教を受けていて、気になったことがあります。

それが、「VALORANT」のイントネーションです。

どこにアクセント置きます?

一時期、「VALORANT」はどう読むのが正しいのかTwitterなどで少し話題になりましたよね。色んなイントネーションのパターンがありましたが、主要な派閥は以下の3つだったと記憶しています。

カタカナ太字部分がアクセントを置く場所。丸括弧内は似たイントネーションの言葉。

ヴァろらんと(さもないと)
● ゔぁろらんと(君の名は。)
● ゔぁろんと(ヴィジランテ)

僕の友人は平坦なイントネーションの「ゔぁろらんと」派。僕の周りの話ですが、関西出身のプレーヤーは「ゔぁろらんと」派が多い気がします。一応大阪出身である僕も長い間「ゔぁろらんと」派でして、最近は意識して「ヴァろらんと」と言うようにしています。

公式では英語のイントネーションと同じ

イントネーションを直すようになったのは「VALORANT」関連の配信の影響です。「VALORANT」は昨年6月のローンチ時から数々の大会・イベントが開催されていて、運営の方々は「ヴァろらんと」と発音していることが多いのです。

公式大会「VALORANT FIRST STRIKE JAPAN Powered by RAGE」でも「ヴァろらんと」

ヴァろらんと」が公式のイントネーションかは分かりませんが、少なくとも大会・イベント運営側は「ヴァろらんと」で統一しているように思われます。英語では「VA」にアクセントを置くため、確かに「ヴァろらんと」と言う方がグローバル目線でも伝わりやすそうです。

英語でも「ヴァろらんと」

「VALORANT」って英語でも発音難しくない?

いっそのこと、英語っぽく言うたら格好ええやん! と思って調べていると、海外の掲示板「Reddit」で「いったい『VALORANT』はどう発音するんだ」との書き込みを見つけました。英語でも難しいのね。
Redditではかつて「VALORANT」のアンチチート部門を率いていたRiotArkem(Paul Chamberlain)氏が「公式の発音はValor(ヴァラー)という単語にantをつける感じ」と回答しています。

RiotArkemさんはライアットゲームズのCEO(フランスの方)に敬意を払い、「ヴァロローン」とフランス語っぽい読み方を推している模様

Valorにantをつけるだけ。「そのまんまだし簡単そう!」と思うじゃないですか? よく見てください。「VALORANT」って日本人が発音しづらい子音トップ5(クラタ調べ)のうち、3つも含んでいるんですよ。

まず頭文字の「V」。上の歯を下唇に当てながら発音する子音で、「馬鹿者」を「ヴぁぁかもぉおおおおん!」と大げさに言う時の「ヴ」です。日本語だと「B(ブ)」と区別しづらく、英語に慣れていない方は発音に苦戦すると思います。

そして次に現れる「L」、直後に控える「R」。この二つは日本人にとって最難関の子音と言っても過言ではありません。「L」は舌を上の歯の裏に当てる音、「R」は舌を巻く音……と説明するだけなら簡単ですが、「rice」「lice」など「L」「R」をしっかり区別して発音するのは至難の業です。

しかも「VALORANT」のように一つの単語の中で「L」と「R」が並んでしまっては、口をどう動かせば良いのか分かりません。英会話でもよく聞く「really」などを完璧に発音できるようになってからでないと、「VALORANT」にはチャレンジできなさそう……。

略称さえあれば僕だって……!

英語が好きなので変なところに熱が入ってしまいました。とにかく、「VALORANT」って日本語でも英語でも発音が難しいですよね。

僕も大会・イベントで使われている「ヴァろらんと」に矯正中ですが、未だに気を抜くと「ゔぁろらんと」と平坦なイントネーションになってしまいます。eスポーツメディアの編集長ともあろう者が、eスポーツタイトルをちゃんと発音できないのは恥ずかしい。でも癖はなかなか抜けない。

完全に他力本願だけども、こんな僕でもちゃんと発音できるような「略称」が欲しい! 「LoL」とか「TFT」とか、イントネーションのパターンが絞られる略称さえあれば……!
ということでライアットゲームズさん。「VALORANT」の略称、どうですか?