1994年のアーケード稼働以来、四半世紀以上にわたり世界中で愛されてきた「鉄拳」シリーズ。人気の影には、操作性や駆け引きといったゲーム性、数多く登場する魅力的なキャラクター、ストーリーなど様々な要因がありますが、コアなファンだけではなく初心者も比較的参入しやすいバランスとなっているのも特徴です。そこで、初心者から中級者に向けて、アーケード版である「鉄拳7 FATED RETRIBUTION ROUND 2」(鉄拳7FR R2)のおすすめキャラをご紹介します。

「鉄拳7FR R2」で人気のあるキャラクターの特徴

「鉄拳7FR R2」は2020年12月にアップデートが行われ、現在のキャラクター数は約50にのぼります。個性的なキャラクター群からどのキャラクターを選ぶのかは悩みどころです。中級~上級者となると読みや駆け引きなどが重要になりますが、初心者はまずシンプルかつ強力なコンボを持っているキャラクターを選ぶのが良いでしょう。その中からおすすめの4キャラクターを紹介します。

おすすめキャラ① 風間 仁

風間 仁

最初に紹介するのは仁です。上中下段の技がバランスよく、コンボも比較的簡単。さらに捌きやステップ、構えまであり、中級〜上級プレーヤーでも使われています。前蹴りや、コマンドは難しいですが通称「最速右回し突き」を起点とした豊富なバリエーションのコンボが強力です。

おすすめキャラ② 州光

州光

州光(くにみつ)は「鉄拳7FR R2」のアップデートで新配信されたキャラクターです。州光の特徴はなんといっても機動力の高さ(忍者ですからね)。「唸り勾玉」始動のコンボや「天翔廻閃」など強力な中〜遠距離の技が豊富。近距離での技は少ないため立ち回りが重要になりますが、機動力を生かした戦いができると非常に強力です。

おすすめキャラ③ ファーカムラム

ファーカムラム

一時期は「最強」の名をほしいままにしていたファーカムラム。アップデートでやや弱体化されたという評価もありますが、いまだに多くの上級者が使う人気キャラクターです。リーチが長く、コンビネーションが豊富で壁攻めが強力なため、型にハマると一気に畳み込むことが可能。覚える技、タイミングなどハードルが高い部分もありますが、高い火力は初心者にとって非常に魅力的です。

おすすめキャラ④ 風間 飛鳥

風間 飛鳥

飛鳥は、比較的簡単な技でコンボにつなげることができ、強力な暴れ技を持っているため初心者にも扱いやすいキャラとなっています。守備的な立ち回りによって飛鳥の強さはより引き立ちますので、使いこなしながらカウンターや切り返しのタイミングを覚えていくと良いでしょう。

何度もプレーして自分にあったキャラクターを

「鉄拳7FR R2」のキャラクターは上級者が使用しているキャラクターが強いわけでも、初心者向けとされているキャラクターが弱いわけでもありません。選ぶときにひとつの指標となるのが「対戦ダイアグラム」です。

対戦ダイアグラムは、全国のオンライン対戦の結果からキャラクター同士の勝敗を集計した結果となっています。簡単に説明すると、数値が5であれば互角、5よりも高ければ相手キャラに対して有利ということです。

ダイアグラムでは全キャラクター同士の勝率を確認でき、キャラクター同士の相性もデータ化されているため、キャラの優位性をつかむことができます。ただし、対戦ダイアグラムの結果は、対戦数が多い中級〜上級プレーヤーの傾向が強く出やすいため、「数値が高い=初心者にも使いやすい」というわけではありません。

2020年12月末のランキング1位は「州光」。アップデートで登場した新キャラクターのため、多くのプレーヤーが使用していることが分かります。以降は、ファーカムラム、ザフィーナ、リロイ・スミス、巌竜となっています。

対戦ダイアグラムには、各キャラクターの対戦別勝率が掲載されていますが、常にゲームバランスが保たれるようにメーカーサイドが調整しています。自分が得意なキャラクターを見極めながら練習を繰り返し、対戦相手との駆け引きを楽しむ。やりこむことで実力が磨かれるのが「鉄拳」シリーズ最大の魅力と言えるでしょう。

自分が好きなキャラ、使い勝手が良いキャラが、他プレーヤーからの人気が低くても良いのです。まずはキャラクターの使い勝手を確認しながら、段位を上げていき、自分だけの戦法を見つけていきましょう!