Apexフルパ集まらないがち問題

突然「あ、Apexやりてえな」と思うことがある。私は「Apex Legends(以下、Apex)」を野良でやったことがない。友達としかやったことがない。いわゆる「フルパ」というやつでしかやったことがない。だからそういうときはうだつの上がらないレジェンド仲間がタムロするDiscordで誘いにかかる。

だが、どうしてもメンバーが集わないときというのはある。みんなそれぞれの生活があるのだ。一人は捕まったもののもう一人が見つからず、泣く泣く解散したこともよくある。二人+もう一人なんか知らん野良レジェンドとやればいいじゃないかという考え方もあるだろうが、そんな中途半端な遊び方はしたくないのが私の考えなのだ。

テンポよくササッと集まるときもあればまったく音沙汰がないときもある。上のスクリーンショットの一番上の発言から一番下までは1時間程度が経過しています

で、でもやりたい! Apexやりたい! 人が集まってないけど銃が撃ちたい!! ロングボウを、R−301を、マスティフをぶっ放してプチュンと言わせたい! シールドにピンを刺したい! リングギリギリにある家に引きこもって窓から情勢を見守りつつ「どうしよう……」と悩むもリングが縮まるまで動かないとかやりたい! でも遊ぶ相手がいない! どうしよう! Apexやりたい!

野良でやりたくない 野良でやりたくない

やはり野良でやるしかないのか……。
聞くところによれば、野良パとフルパが戦った場合、よほどのことがない限りVCで密に連絡が取れる後者の方が強いらしい(野良でもVCすればいいだろという意見もあるだろうがそれは絶対に嫌だ)。だが、それはそれとして個人の力を高めるには野良で戦うことを繰り返すことが非常に有効らしいんだよな。VCで連携できないからこそ、最適な動きを最速でやるというムーブが身につくらしいんだ。そういうことなら野良で遊ぶのもやぶさかではないのかもしれん。

だが私には野良でApexをやりたくない理由がもう一つあった。それは……名前だ。

Apexでのプレーヤーネームをね、マシーナリーとも子にしちゃってるんだよ。

ワイがマシーナリーとも子や!! と全力でアピール。これは良くない。ググられたら一発だ

名前をマシーナリーとも子にしたまま野良で遊ぶとどうなるか。例えば私が死ぬほど足を引っ張ってしまうとする。マジで死ぬほど最悪なムーブを繰り返し、ほか2名にクソほど迷惑をかけてしまう。キレたチームメイトは「こんな名前のやつと当たって散々だったぜ!」と自らが属するコミュニティに晒しあげる。するとその中にいるVTuberに詳しいやつが「待てよ、このマシーナリーとも子ってやつはVTuberだぞ!」と気づく。そこからマシーナリーとも子はApexでクソの役にも立たない猿野郎で馬鹿、アホなのでぶち叩けと悪評が広がる。私はインターネット上で居場所を無くす……。

と、こんな展開も考えられるわけだ。ああ恐ろしい。知らないやつに自分だけ自らを曝け出していきたくないよ。「それは自意識過剰ではないか」という意見もあるだろうが、私みたいな泡沫VTuberでも人気商売というか、嫌われたらおまんまのお食い上げみたいなところがあるからね。地雷として広まるのはイヤだなあと思ってしまうわけなんですね。いや自意識過剰なだけなんだけどね。何か、何かいい手は無いか……。

サブ垢を作ればいいのか? という考えもよぎるにはよぎったが、まあサブ垢は良くない。現状規約違反で無いらしいが、基本的に嫌われる行為だし私自身、レベルやランクとそぐわないくらい強いプレーヤーと当たっては「こいつ……! ぜってー前世の記憶持ってるだろ!!!」とキレてきた。サブ垢はダメだ。

どうしようかなーと悩んでいたが、いい手があった。Origin経由でApexをする場合、表示されるプレーヤーネームはEAのIDと同じものが使われる。で、EAのIDは変更することにあんまりリスクが無いんだ。半年に1回しか変えられないとか、変えるのに金がかかるとかそんなことはなく、変更後72時間経過しないと変えられないというゆるさ。これなら安心して偽名で野良Apexできるッッ!

EAのマイアカウントのIDをイジればOriginで起動したApexの名前が変えられるッッ! これで解決だ! ただゲームの仕様を解説してるだけなのに感嘆符をつけると裏技みたいに見えてきますね
ちなみにデータを同期しているSteam版ではSteamのIDが優先して表示される。つまりふたつの名前を状況にわけて使い分けられるってことか

やっぱり野良はツラい! どうしよう

で、野良Apexやってみたけどやはり野良でやるという時点でへっぴり腰になってしまい散々だったッ!
ジャンプしてアイテムを漁るまではいい。そのあとだ。そのあとどう移動するか? 私はいつも仲間達とVCしながら地図見ながら決めていた。だが野良だとピンを打つことしかできない。そして私も含め誰もがなるべく、そのピンを打つという責任ある行為をやりたがらない! 結果、なんかタラタラした進軍になり……。探索も「どうすればいいの? どうすればいいの?」的な気持ちが常に発生して気まずい! なんというか、アルバイト初日に先輩から何も教えてもらえないまま前線に駆り出されて「えっ えっ」ってなる感じのどうすればいいの感に襲われて縮こまっちまったぜ!

本当はそんなこと気にせず、この場だけの付き合いだぜって感じでガンガンやるのがいいのかもしれないし、仲間にガンガン引っ張ってくれるような奴がいてくれたらいい感じに追従できたかもしれない。だが両方特になかったので最後まで気まずかったし、あと途中で一人がログアウトした。そりゃないぜ。

というわけで軽くやってみた野良Apexは散々だったし、なんか楽しかったというより悪い意味でドキドキに襲われてドヨーンとした。このまま私は、野良でやっていくことができないまま終わっていくのだろうか……。そんなときだった。私にぴったりなモードが実装されたのは……。次回、ウィンターエクスプレスっていいよね編へ続く(※)。

※次回のコラムが載るころにはウィンターエクスプレスはおそらく終了しています。今のうちにウインターエクスプレスをプレーしておきましょう。