「ゲーマーグラドル」として活躍する倉持由香さん(@yukakuramoti)はグラビアアイドルとしてはもちろん、コアなゲーマーとしてゲームファンからの人気も高いです。2019年末にはプロ格闘ゲーマーのふ~ど選手(@TheFuudo)と結婚され、話題になりました。そんな倉持さんに、ふ~ど選手との「カプ婚」ライフについて聞きました。

「俺が10先で倒してやるよ!」

「ゲーマーグラドル」として活躍する倉持由香さん

――ふ~ど選手とはどのように出会ったのですか?

ゲームアイドルとして活動する中で、「アルカディア」というゲーム誌から企画として闘劇(格ゲー大会)に出場するというお仕事を頂いたんです。それがきっかけで中野TRFというゲームセンターに行くようになり、そこで出会ったのがふ~どだったんです。

ふ~どは強豪の集まる中野TRFでも連勝していて、「かっこいいな」と思ってベガ立ちしながら見ていました。それから、二人とも家が船橋だったこともあり、一緒に総武線で帰ったりして仲良くなったんです。

――結婚した決め手は?

今後50~60年と一緒にいて、飽きることはないだろうなと思えたからですね。ゲームが上手くてかっこいいのもあるんですが、ふ~どは人と違う考え方を持っている人なんです。きっとそういう考え方がゲームの攻略にも生かされていて、すごく尊敬できる部分ですね。

それから夫はメンタルが強いので、私が傷ついている時などは相談に乗ってくれるんです。いつも「そいつら俺が全員10先で倒してやるよ!」と冗談を言ってくれて、そのしょうもなさに元気が出るんです(笑)。

――結婚に至るまでには葛藤などもあったのでしょうか?

実を言うと、結婚を決めてから発表する前まで酷いマリッジブルーになった期間もあったんです。グラビアアイドルとして見ると結婚はマイナスなので、「私の今までの15年がすべて無駄になってしまうのではないか」と考えては落ち込んでいました。

でも実際に結婚してみると、お仕事が減ることはなく、eスポーツ系のお仕事にいたっては結婚前よりもグッと増えました。一番嬉しかったのは「ジャンクSPORTS」(フジテレビ系列)に出られたことですね。スポーツと縁のない私が「ジャンクSPORTS」に出れたのは、eスポーツアスリートであるふ~どと結婚したからですね。

――結婚には覚悟が必要だったのでしょうか?

そうですね、私に限らずプロゲーマーと結婚する女性は、皆強い人たちだと思います。「いざとなったら自分が支えていく」という覚悟は皆持っていると思います。

二人セットで応援してほしい

――結婚されてから、周りからどのような反響がありましたか?

結婚を発表した翌日、Twitterのトップページの一番上にそのニュースが載っていて、とても嬉しかったですね。兄もびっくりして「Twitterに載ってるよ!」と連絡をくれました。

ふ~どとは10年以上付き合っていたので、生活が今までとあまり変わったわけはないんですが、外で堂々と手をつなげるようになったのは嬉しいですね(笑)。

――最近では、ふ~ど選手が自身の配信で「俺の倉持だ!」とアピールしている姿が話題になっていましたね。

そうなんです(笑)。結婚してから「俺の倉持を返せ」というDMがよく届くらしくて、それに対して冗談で答えてました(笑)。

グラビアアイドルという職業柄、「彼氏はいるんですか?」という質問に対しては「いません」と答えていたので、ファンの方々を裏切ってしまった気持ちはあるんです。それが耐えられなくて、結婚前の3年くらいはDVDや写真集を出すことを辞めてしまってましたね。

私のファンの中には、結婚してからふ~どを応援してくれるようになったり、大会を観に来てくれるようになった方もいるんです。これからはふ~どと私と、二人セットで応援してくださると嬉しいですね。

アスリートの妻として

インタビューに答える倉持由香さん

――プロゲーマーであるふ~どさんのパートナーとして、何か気を付けてサポートしていることはありますか?

本当はアスリートの妻として、食事管理とかをした方がいいとは思っているんですけど、なかなか自炊はできていなくて(笑)。二人とも外食が好きなので、すぐ「ラーメン食べに行こう」となってしまうんです。

ただ、私が得意なSNSに関しては色々なサポートをしています。夫はSNSが苦手なので「イベントの告知はしなさい」とか「URLもちゃんと載せなさい」とか口酸っぱく言っています。

――他のプロゲーマーの奥様方と交流はありますか?

定期的に奥様会が開催されるので、皆でよく情報交換しています。話を聞いていると、プロゲーマーの方々は皆ゲームに全振りしているというか、私生活はポンコツな部分が多いというか……(笑)。

たとえばsakoさんの奥様のakikiさんは、海外遠征の前に荷造りをしてあげて、日ごとのコーディネートを書いた紙まで持たせているらしいです(笑)。1日目はこれ、2日目はこれを着なさい、みたいな。

ふ~ども服に無頓着なところがあるので、私が買って揃えてあげていますね。ほっとくと「Team Beast」Tシャツばかり着てしまうので。

 二人でレベルアップをめざして

――ふ~どさんと二人で一緒にゲームすることもあるのでしょうか。

結婚してすぐ新型コロナウイルスの感染が拡大しまったので、外出を自粛して毎日二人で「Apex Legends(以下、Apex)」をプレーしていました。やっぱり二人ともゲーマーなので、一緒にゲームをできるのは楽しいですね。同じ家にいるのにDiscordで会話するのもなんかいいですね。

「Apex」の他には、「ストリートファイターV」(以下ストV)を教えてもらったりもします。指導が厳しいので、大体私が泣いて終わるんですけどね(笑)。

――先日、プロゲーマーのゆうゆう選手から2ゲームを奪ったと聞きました。

そうなんです。「StreetFighterV 女子リーグ戦2020」という企画で、ゆうゆう選手と対戦できまして。ふ~どのコーチングのおかげもあってラウンドは取れたのですが、やっぱりプロのやり込みには敵わなかったです。

私が「ストV」をプレーする理由として、夫のすごさを理解したいというのもあるんです。ゲームの難しさを知ることで、ふ~どが世界で戦っているのがどれだけすごいかが分かるんです。だからキャラクターもふ~ど同じミカを使うようにしています。

――先日、ふ~どさんが「JAPAN eSPORTS GRAND PRIX」で優勝されましたが、どんな心境でしたか?

実は、優勝している姿を生で見るのは10年ぶりのことだったんです。ふ~どはいつも成績上位ではありましたが、シルバーコレクターと言われるくらい準優勝が多くて。

ふ~どは感情的なタイプではないのですが、久々に優勝してガッツポーズするふ~どを見た時は感動しましたね。家に帰ってからピザパーティーをしてお祝いしました!

(撮影・斎藤恵祐)

* * *

G-STAR Gaming(https://g-stargaming.com/