Hello everybody, how are you?(皆さん、こんにちは、お元気ですか?)

GAMEクロスでゲーミング英語を教えているビクトル(@WiktorMarczyk)です! 前回はゲームで使える英語の略語を紹介しましたが、今日もコミュニケーションの基礎となる「感謝を表す言葉」を紹介したいと思います!

「Thank you / Thanks」が一番簡単?

シンプルで使いやすい「Thanks」

一番ベーシックな表現で、日本の学校でも習う言葉だと思います。「Thanks」は「Thank you」より砕けた表現で、友達に対してよく使います。「Thank you = ありがとうございます」「Thanks = ありがとう」というイメージですね。

簡単な言葉なのですが、一つアドバイス。日本人はよく「サンキュー」とカタカナ発音をしていますが、「サ」と言ってしまうと英語話者には聞き取りづらいかもしれません。サンキューよりも「フェンキュー」の方が伝わりやすいと思います(100%正しいわけではありませんが……)。

例文

Aさん:Thank you! 「ありがとうございます!」
Bさん:Thanks! 「ありがとう!」
Cさん: No problem! 「いいえ!」

「thx / ty」と略してもOK

Thank you / Thanksはとても丁寧ですが、ゲームだとかえって丁寧過ぎるかもしれません。前回もお話した通り、ゲームにおけるコミュニケーションには「速さ」が求められるため、様々な略語が使われます。

「ありがとう」と言いたいときは、サッと“thx”もしくは“ty”とメッセージを送ると良いでしょう。

豆知識:英語の方言

日本語と同じで、英語も色々な方言があります。英語は英国、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなどで公用語として使われていて、それぞれの国の英語があります。

オーストラリアやニュージーランドなどでは感謝表したい時に“Ta”とも言えます! もしゲームでオーストラリア、ニュージーランドの人と出会ったときは使ってみてください。「タ」と発音するだけで伝わるはずです!

少しオシャレにいくなら「Cheers」

「Cheers」、使ってみませんか?

“Cheers”は英語が得意な方ならご存じの単語かもしれません。学校では「乾杯」という意味と習いますよね。

もちろん乾杯の合図としても使う単語なのですが、実は色々な国で「どうも」という意味で使われています。特にイギリスで! よく一緒に使われている言葉は“mate”です。こちらは「仲間」という意味。イギリス英語の表現ですが、英語を話す人ならほとんど誰でも通じると思います。

例文

Aさん:Cheers, mate! 「Bさん、どうも!」
Bさん:NP! 「ドンマイ!」

借りができたときは「I owe you / IOU」

“I owe you”は、文字通り訳すと「借りができた」になります。味方に助けてもらった時に使えます。“IOU”は略語で、文字を一つずつ発音すると「アイ・オゥ・ユー(I owe you)」となります。

例文

Aさん:thx! IOU! 「あざっす!借りができた!」
Bさん:Anytime! 「いつでも!」

「オーバーウォッチ」プレーヤーなら「Much obliged」

Much obliged”というとっても硬い言葉があります。これも感謝の表現なんですが、とあるゲームでよく見られます!

実はこれ、「オーバーウォッチ」でマクリーとラインハルトというヒーローの感謝エモートを使うと聞ける言葉。他のゲームのメッセージで書くと少し変な感じがするかもしれませんが、「オーバーウォッチ」なら相手から「君、分かってるね」と思ってもらえるはず! 発音は少し難しくて、カタカナだと「マッチ・オブライジ」という感じです。ゲームで発音をよく聞いて真似をしてみてください!

勇気を持って一歩進もう

「ありがとう」はコミュニケーションの基本ですよね

インターネット上、特にゲームの中でならコミュニケーションを「一言」で済ませてしまうのはよくあること。しかし、もう少し長いフレーズを使えるようになると会話がより弾むようになり、友達ができやすくなります。

例えば、“Tahnk you” “thx” だけでなく“Thanks for 〇〇”(〇〇してくれてありがとう!)と、少し詳しく言ってみるとか。〇〇には名詞かingで終わる動詞(動名詞)が入ります。色々なシチュエーションで使えて便利なフレーズなので、ぜひ使ってみてください。ちなみforは“4”と略すこともできます(発音が同じなので)。

例文

Aさん:Thanks for your help! 「助けてくれてありがとう!」
Bさん:No problem! 「いいえー!」

Aさん:Thx 4 carrying me! 「キャリーありがとう!」
Bさん: Anytime! 「いつでも!」

Aさん:Thx for the advice! 「アドバイスありがとう!」
Bさん:Hope it helps! 「役に立ったら嬉しいな!」

皆さん、今回は何か新しい表現と出会えましたか? 次に大事なのは、覚えたフレーズを使うこと! 今度ゲームをやるときは、できるだけ英語をたくさん使ってみてください。どんどん上手になるはずです!

See you next time! (また今度!)

【著者紹介】ビクトル・マルチク

ゲーム分野に特化した通訳者。幼いころからゲームや外国語が好きで、ワルシャワ大学では日本語を学んだ。現在はポーランドで日本語の教師をする傍ら、「レインボーシックス シージ」「PUBG Mobile」「Fortnite」など様々な国際大会を通訳として支えている。