「eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE」のオンライン大会「GAMEクロス・まーさんCUP」が6日、オンラインで開かれました。決勝でかつぴーや選手がHinako選手を破り、優勝を果たしました。

優勝はかつぴーや選手、準優勝はHinako選手

かつぴーや選手は「勝ちたかった。昨日は(別の試合で)違うフォーメーションだった。けっこう色々試していて、しっくりきたフォーメーションで今日は勝てた」と振り返りました。プレーについては「ボールを保持して自分のサッカーをすることを意識している」と語りました。優勝したかつぴーや選手には賞金3万円、2位のHinako選手には1万円が贈られました。

GAMEクロス(朝日新聞社)とFusion合同会社が主催。サッカーJリーグの大宮アルディージャと埼玉eスポーツ協議会が協力しました。大会はオンライン環境の1対1で行われ、56人が予選トーナメントに参加。8選手ずつで予選を行いました。

決勝トーナメントには、2018年のアジア大会で金メダルを獲得したDetonatioN Gamingウイニングイレブン部門のレバ選手(@Leva_39)が招待選手として参加。レバ選手を加えた8人で決勝トーナメントが行われました。その模様はYouTubeの「メッスチャンネル」と「まーさんチャンネル」でライブ配信されました。

アルディージャOB渡邉氏「ハイレベルな試合」

配信では、Team HYDE所属のウイニングイレブンのプロ・まーさん選手(@Xavi6_Marsan)と人気ウイイレYouTuberのメッスさん(@messu_009)が解説を務め、Jリーグ通算24得点の大宮アルディージャOB渡邉大剛さん(@daigohwatanabe)がゲスト解説として出演しました。実況は馬人さん(@UMANCHU_729)でした。渡邉さんは「自分のペースにすることが勝敗を左右しました。ハイレベルな試合でした」と講評しました。

レバ選手「オンラインでも熱くなれた」

オンラインの配信スタジオから参加したレバ選手は初戦で敗退となりましたが、配信にはそのまま出演。「プレーヤーとしてはかなり悔しい結果でした」と述べましたが、「オンライン開催でも熱くなれるのは大会の素晴らしさだと思いました」と感想を話しました。

GAMEクロス まーさんCUP 決勝トーナメント