Minecraft(マインクラフト)を利用したバドミントンeスポーツ「マイクラバドミントン」の幅が広がってきています。10月、VTuberグループ「Reverse Real」が主催する「マイクラバドりばりあ杯」が開催されました。主催者であるReverse Real2期生・東雲ネウ(@Neu_RR)さんにりばりあ杯の開催までの経緯やその魅力について聞きました。

今回の大会はReverse Realに所属する8人のメンバーによるシングルスのトーナメント戦で行われ、配信もありました。配信では、東雲ネウさん、マイクラバドミントン大会の出場経験もあるVTuberの僧司さん(@souji_vtuber)が出演し、実況・解説を務めました。出場者の感想なども紹介します。

「Reverse Real」がメンバーやリスナーと楽しむために企画

――まずは「りばりあ」がどんなグループか教えてください。

Reverse Realは1つのジャンルにこだわらず、メンバー各々がやりたいジャンルに挑戦しています。ゲスト参加者を呼んで開催した中規模麻雀大会やボイス配信、りばりあマイクラサーバー企画などを行い、最近ではVSingerを中心に参加し、音楽レーベル「LINKBOX」とのコラボによって実現したReverse Real 1stアルバム「A la carte」をリリースしました。
VTuberグループ「大海原プロジェクト」さんとの合同合唱曲企画も進んでいます。

A la carte

また、Reverse Realは、バーチャルコンテンツの多次元的成長をテーマにメンバーの「実現したい」「やりたい」を発展させることを目標としており、それぞれの個性をぶつけあい、共鳴し、新たなカラーを生み出していくことを大事にしています。

Reverse Real:公式サイト(Reverse Real)
Reverse Real:Twitterアカウント(https://twitter.com/vtuberRR

――今回マイクラバドりばりあ杯を開催するきっかけは?

マイクラバドのチャンピオンシップ大会の時に運営のあぅつざぁさんとお話しさせて頂いたときに、りばりあメンバー限定の大会を開催することができるとのことでしたので、今まで私が楽しんでいたマイクラバドを他のメンバーやリスナーさんと一緒に楽しみたいと思いました。

――開いた感想は?

今まで大きな企画を主催したことがなく、大会準備の時から段取りが悪かったり、なかなか準備を進められなかったり反省すべき点が多かったと思います。

準備が思うように進まず気持ちが落ち込むこともありましたが、企画を通して、参加してくれたメンバーや、見てくださったリスナーさんに楽しんで頂けたので準備の大変さよりも終わった後のみんなの楽しそうな様子の方が強く印象に残っています。初めての企画ということもあり、私自身もたくさんのことを学ばせていただきました。

「マイクラバドりばりあ杯」(2020年10月18日開催)

――大会の内容や実況の経験についてはいかがでしたか?

今回参加してくれたメンバーは、今までの大会への出場経験は無く、今回の大会の事前練習のみの参加でしたが、試合内容は経験時間を感じさせない熱い試合ばかりでした。スマッシュを積極的に狙う人もいれば、着実にシャトルを撃ち返していく人もいる。それぞれの個性が出ていたと思います。

実況については、とても緊張していたので一緒に解説として参加してくださった僧司さんに助けていただく場面も多かったです。自分が見て、感じたり思ったことを分かりやすくリアルタイムに話していくのはとても難しかったです。拙いながらも、分かりやすさを心がけて楽しく実況をさせていただきました。

――最後に今後マイクラバドミントンに期待することは?

昨シーズンの春からマイクラバドミントンについて知ったのですが、その時から比べても明らかに規模は大きくなっていて、選手のレベルもとても高くなっていると思います。マインクラフトとバドミントンの融合、正しくeスポーツとしてこれからの更なる発展を楽しみにしています。

出場メンバーが語る参加への思いと魅力

りばりあ杯の様子

◆吠丸リツ(@HaimaruRitsu)
Reverse Real所属2.5期生、吠丸リツと申します! 楽しいことを探して旅する犬です。以前からマイクラバドというイベント自体は存じており、東雲ネウからマイクラバドりばりあ杯の誘いを受け、興味が湧いたため、今回参加致しました。

楽しく、熱量もあり奥が深い。観戦していても盛り上がることができ、非常に楽しかったのですが、実際にコートに立ってみるとみないとでは、マイクラバドの楽しさは別物になると感じました。eスポーツとしての競技性、ポテンシャルも高く、今後開かれる大会等にも大きく期待しております。

◆蓬 衣空(@Isola_absinthe)
3期生の蓬衣空(よもぎ・いそら)です! 普段はゲーム実況したりベース弾いたりとゆるっと活動しています!

参加しようと思ったきっかけは、ネウ先輩に「マイクラバドのサーバーお借りできそうだからやろうぜ!」と超絶アツいお誘いを頂いたので、「やるっきゃねぇ!」と飛びついたんですけど、結果としてめっっっちゃ楽しかった!!

リレーが続いている時のあのハラハラ感、シャトルをコートのどこに狙うかといった戦略性。 え、本当にマイクラ?? よい体験をさせていただきました……感謝!

◆ヲルフェウス・アストレア(@rev_wollpheus)
夢の女神、ヲルフェウス・アストレアです。多くの人々の夢を見届けながら、夢を与えるきっかけの存在となれるよう頑張っております!

マインクラフトという世界で、バトミントンをするという画期的なアイデアに、非常に興味を持ったので参加してみました。

ステージ・ルール・UIの作り込みの細さや、運営の運びの手際の良さに選手としても気持ちよく進行を楽しむことが出来ました。初の参加、ゲームプレーでしたが、単純なルールとその中の駆け引きがとても楽しかったです。また開催されるときは参加してみたいです!

りばりあ杯の様子

◆tatto(@tatto_dg)
Reverse Real2.5期生、音楽ユニット「Ion Lithos」の作曲&猫担当tatto(たっと)です!! 普段は音楽作ったりなんだりの作業や配信、コンポーザーとVTuberを繋ぐ企画とかやってたりする猫です。

今回司会だったネウ君がマイクラバドのことを楽しそうに話してたのでちょっとやってみよっかなーって軽い気持ちで参加してみました。

最初はちょっと試合前に練習すれば行けるやろーってぐらいの気持ちで前日何となく入った練習会で全然打てずにボロボロだったけど、練習すればするほどラリーの回数が増やせて、新しいスポーツをホントに1から練習している新鮮な気持ちで楽しめました!!

◆スコル・ノルド(@RR_SN_GM)
ReverseReal3期生、人狼のスコル・ノルドです。主催のネウさんがバド大会に参加されていたのを見て面白そうと思い参加しました。

まず難しかったですがスマッシュが決まった時など爽快感が強くカジュアルに遊ぶにはサービスエースの応酬になったりするかなと予想していましたが、バドミントンというルールの入りやすさがキモだなと思いました。本当に楽しいので普段からガンガン遊びたいなと思いました!

◆ウル・シャルフール@ul_meme)
こんにちめ~め!おはめ~め! Reverse Real2期生! ウル・シャルフールめうよ~~! どうも、うるしゃるふ~るです。元気に普段角回しています。軍人です。

マイクラバドミントンはネウネウがやってたっていう印象しかなかったから、ネウネウが主催するなら、って感じでお手伝い目的でしたね。やったら楽しくってみぞみぞしたけど。

めっちゃ楽しかった!!!楽しすぎてちょっと負けた時悔しかったもんね、ぐわぁってなった。やっぱりゲーム上手い人はバドミントンも上手いんだなって。

◆天田 ここ(@AmataCoco)
reverse Real3期生の天田ここやよ〜〜!! たこ焼き屋あまたこの看板娘やってます! たこ焼き大好き、話すこと大好きのパワフルガールやで卍

先輩主催! ってことで、楽しそうやし〜ってノリで参加しました! 以前にやったとき、楽しかったよーって話も聞いてたから好奇心が1番大きかったと思う!

めちゃくちゃ楽しかった!けどめちゃくちゃ難しかった!! 当たらんしサーブ飛んでくしめっちゃ難しい!! でも入った時の嬉しさは凄いしラリー続けれた時のプロ感が半端なかった!

白熱した戦い、見応え十分

りばりあ杯の紹介

ゲスト出演した「僧司」さんの話 
僧侶系Vtuber僧司です! 今回は大会の2日ほど前に急にDMが届きまして、「突然ですが実況解説してほしい」と言われたので喜んでさせて頂きました。

大会は皆さん初心者と思えないレベルで、白熱した戦いが沢山あり、とても見応えがありました!マイクラバドミントンはマイクラとは思えないようなゲーム性があり、とても面白いのでたくさんの方にプレイして頂き、広まって欲しいと思います!

* * *

今後のマイクラバドミントンのイベント情報は以下のサイトをご覧ください。

マイクラバドミントン シーズン2 12月イベント紹介
MBGP2020 ウィンターカップ / MBDoJo / マイバドフェス 開催