タクティカルFPS「レインボーシックス シージ」(R6S)の日本最強決定戦「レインボーシックス Japan Championship 2020」の決勝大会が18日、幕張メッセで開かれました。人気アーティストのLiSAさんが歌う大会公式ソングのパフォーマンスも配信され、大会を観戦したLiSAさんは「どっちが勝つんだろう、というドキドキ感がすごくリアルだった」と興奮気味に話しました。

「自分らしく本気の戦いを」

大会は無観客で行われ、試合の模様が配信されました。その中で、大会公式ソングである新曲「play the world! feat.PABLO」は、LiSAさんによるパフォーマンスが初披露となりました。報道陣の取材に応じたLiSAさんは「これまで敗退された(選手の)皆さんも、たくさん作戦を練って、たくさん練習をして、今日に向けて本気の戦いをたくさんしてきたんだなという印象でした。最後まで自分らしく本気の戦いができるといいな、という気持ちでステージパフォーマンスをさせていただきました」と曲に込めた思いを語りました。

試合を観戦した感想についてLiSAさんは「本気の姿をたくさん拝見して、何が起きるかわからないというのを感じた。すごく期待されていたチームが予選で敗退した」とeスポーツの魅力を実感した様子。直前にあった準決勝の試合展開からは「見ている皆さんも予想できない、作戦通りにいかないところがすごくあると感じました」と話しました。

けんき「世界を遊び尽くせ」に共感

スペシャル動画コンテンツに解説者として参加したけんきさん

また、決勝大会に合わせたスペシャル動画コンテンツで解説者を務めたプロゲーミングチーム「父ノ背中」副リーダーけんきさんは、新曲にあった「この世界を遊び尽くせ」という歌詞が心に響いたといいます。「僕たちプロゲーマーは仕事ではなくて、遊びをずっと続けてきた。『戦っている』というよりは、シージに対して5年間、限りない時間を遊びつくした結果、今のコミュニティーができあがり、こういう場に立たせて頂いた。本当に、その通り世界中のいろんなプレーヤーと遊び尽くしたな、と思っている」と話しました。

この大会はPC版「R6S」の公式大会。「R6S」の開発・販売元のユービーアイソフトとNTTドコモが共催する国内最大規模のトーナメントでした。優勝チームには「日本最強」の称号と共に賞金1,000万円が贈られます。プロアマ合わせて190チームが参加。9月から実施されていたオンライン予選を勝ち抜いた上位8チームが、17日と18日の決勝大会へと駒を進めました。

LiSAさんはアニメ「鬼滅の刃」の主題歌として昨年リリースした「紅蓮華」のヒットで知られる人気アーティストです。

FUJIWARAの二人もゲストとして登場