以前、本連載で書いた「格ゲー激浅瀬勢は足払いや中段をズルいと思っている」記事。アレのために「黎明期の話を書くんならストⅡのスクリーンショットいるよな」と思ってNintendo Switch版の「ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル」を買ったのよ。

その名の通り、ストリートファイターシリーズ30周年を記念したこのタイトルは歴代のストリートファイターが網羅されている。基本はアーケード版基準、かつストリートファイターにおけるド本流の作品だけが収録されてるっぽい。なので例えば「ZERO3」の家庭用版で追加されたガイルやディージェイたちがいなかったり、「EX」や「リアル・バトル・オン・フィルム」は収録されてなかったりする。けれど、これがあればざっくり一通りストリートファイターが遊べるのは楽しいね。

遊べるタイトル一覧(オンライン対戦に対応しているのは「ダッシュ」「スパⅡX」「ZERO3」「Ⅲ3rd」のみ)。欲を言えば「リアル・バトル・オン・フィルム」とは別物だと言うアーケード版「ムービー」も入れてほしかったぜ! 権利関係とかムズそうだけど

私がとくにうれしいな~と思ったのが「Ⅲ」「Ⅲ2nd」。この子たちはゲーセンで遊んだことなかったし、家庭用移植がドリームキャスト版しかなかったから遊んだことなかったんだよね。演出面とかでは「2nd」までのが好き~みたいな話も聞いてたから、こんな形で手軽に遊べるようになったのはうれしいぜ。

Joy-Conで格ゲーがやりづれぇ‼

ウキウキと『Ⅲ2nd』を遊び始めて気づいたことがあるんだけどさ……。や、やりづれえ! Joy-Conだと操作しづれえ!!

めちゃめちゃにぎこちないいぶきの動きを見てほしい。技が出ない

操作できない。マジでできないのだ。波動拳コマンドはかろうじて出せる。だがとっさには出ないし、昇竜や半回転コマンドはまったく狙ったタイミングで出せない。連続技に組み込むなんてもってのほかだし、真空波動コマンドはマジでめちゃめちゃにがんばらないと出ない。

なぜか。まずJoy-Conは十字キーを搭載していないのがもっとも大きい。任天堂ハードといえば十字キーというイメージが強いが、左右のJoy-Conがそれぞれ独立したゲームパッドとしても使えるという特性上、十字キーが無いんだな。

Joy-Conには十字キーが……無い! そういえば!

じゃあアナログスティック使えばいいだろって話になるよな。んだけど、そっちでやってみるとそれなりに操作しづらいながらも割と技が出る。でも、今度はJoy-ConもNintendo Switch本体も、とても薄くて軽いという問題が発生する。ふつう、デバイスが薄いのはありがたいはずだ。軽いし、持ち運びするときにかばんに入れたりしやすいもんな。でも格ゲーとか、操作が忙しいアクションゲームとかをやるとこれが大問題になってくる。薄くて軽いから、操作に応じて本体がめちゃめちゃ揺れてしまうんだ。これが格ゲーをやりづらくしている。すごく操作しづらいしヒット確認とかもできない。うーん、どうしたもんか。

ここまで読んだ大半のNintendo Switchユーザーは不思議に思ったことだろう。
「じゃあTVモードで、Nintendo Switch Proコントローラー(以下、プロコン)とかでやればいいじゃん」と……。

いや、わかるよ。言いたいことはわかる。確かにプロコンには十字キーがついていて入力しやすいし、TVモードなら操作のたびに本体が揺れるなんてこともあり得ない。画面もデカいから見やすい。「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」とかのeスポーツシーンで携帯モードを利用するプロゲーマーはいないだろう。

でも、でもさ……。やっぱ携帯モードでサクッと遊びたいじゃん!? Nintendo Switchの、遡ってはWii Uの優れたところってさ、どっしりテレビやモニターの前に座ってゲームパッドを握らなくてもコンシューマーゲームが遊べるというところにあると思うわけ。ちょっと昔のストリートファイターをさ、軽い気持ちで遊びたいだけなのよ私は。テキトーに遊んで、クリアしたらホイと電源落として終わってそのままベッドに寝っ転がってお昼寝するみたいな遊び方をしたいの! あんまりガッツリやる気は無いんです! eスポーツメディアでものすごい不真面目なことを言っているな。

なんとか、なんとか携帯モードのまま、快適に格ゲーを遊ぶ方法は無いだろうか……。そんなとき、私は1年ほど前に見た妙な周辺機器のことを思い出した。そうだ、アレがあれば快適に遊べるかもしれない……! 

DAEMON X MACHINA仕様のガッシリなコントローラーを使ってみる

「携帯モード専用グリップコントローラー for Nintendo Switch DAEMON X MACHINA」のパッケージ

それがHORIから発売された「携帯モード専用グリップコントローラー for Nintendo Switch DAEMON X MACHINA」だ。こいつは昨年発売されたロボットアクションゲーム「DAEMON X MACHINA」に合わせて発売されたもの。「DAEMON X MACHINA」は格ゲー以上にゲーム中のアクションが激しく、また画面に表示される情報量もものすごかったので、やはりJoy-Con+携帯モードだとめちゃめちゃ遊びにくかった。私も諦めてTVモードでクリアしたっけな。

そんな同作を快適に携帯モードで操作できるようにしたのがこちらの商品。当時は「いや……どうなんだろうこれ」と思ってスルーしたんだけど果たしてどんなもんかね。

開封してみると中身はこんな感じ

かなりボリュームがあって、ふつうのゲームパッドを半分にぶった切ったような感じ。方向入力もしっかり十字キーだぜ。また、「DAEMON X MACHINA」専用というだけあって「X」キーのプリントが同作のロゴ風になってるのが特徴。逆に言うとそこくらいしかデモエク要素ないんだけど!

装着してみたところ。デッケエ

ドデカいグリップのおかげでガッシリ保持できるし操作しやすそう~! というわけで試してみたのが以下の動画よ。

スパコンをパなしてガードされてるけど、先の動画より動きが格ゲーっぽくなってることに注目してほしい

ホラ! かなり格ゲーやれてるっぽい動きになったと思わん!?!? 見てるほうからすると「あんまり変わらねえじゃん! どっちにしろヘタクソだよ!」って思うかもしれないけど! 私自身の感覚としてはめちゃめちゃ操作しやすくなった! って感じ。

Joy-Conの方向キーって本当に「ボタン!」って感じで、他のハードの方向キーのように中央に向けて凹んでたりとかしないので指を滑らせにくくてさ。それが格ゲーを遊ぶにあたって必殺技の入力しにくさにつながってたんだけど、このグリップコントローラーは十字キーなことはもちろん、中央に向けて凹みがあるのですごく指を滑らせやすいのね。このおかげでとりあえず必殺技はものすごく入力しやすくなったので「技が出てほしいときに出ない~!」ということもないし、なによりゴッツいグリップのおかげでガッシリ保持できるので画面が揺れることもなくものすごく快適。イケるやん!

ものすご~くおすすめなんだけど悲しいかな、あくまで「DAEMON X MACHINA」の発売に合わせた周辺機器なので、いまは若干手に入りづらいのが問題かな。うーん、もったいない。ボタンにロゴがプリントされてるだけだし、いくらでも応用利きそうな気がするんだけどな~~。出し直してくれればいいのにな~~。

……と思ってたら! なんと今年の11月にはクリアブラック・ブルー・レッド・パックマン柄の「グリップコントローラー for Nintendo Switch」が発売するじゃん!(※) 知らなかった。というわけで格ゲーに限らず、Nintendo Switchを携帯モードメインで遊んでる人類のみなさまにはおすすめです。マジで操作しやすいぜ! 携帯モードでしか使えないし、Joy-ConみたいにジャイロセンサーとかモーションIRカメラとか、そういった類のものは積んでないんで、そのへん気を付けつつ買ってみな。それじゃあね。

※編注:Amazon.comでは10月末にはピカチュウモデルや、ピカチュウ&イーブイモデルがHORI USAから販売。日本への発送も対応している