「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 0」

モバイル向けバトルロイヤルゲーム「PUBG MOBILE」の公式大会「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 0」のGRAND FINALが、10月17日と18日に開催されます。

「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE」(PMJL)は、NTTドコモが主催する大会。プロアマ問わず全てのチームが参加でき、8月末から行われた予選には417チーム2021名がエントリー。「PUBG MOBILE」の国内大会では史上最大規模となりました。

優勝チームには賞金400万円と、世界大会「PUBG MOBILE GLOBAL CHAMPIONSHIP」への出場権が与えられます。

予選を突破したチームは9月末から6日間(計24試合)という長期に渡るセミファイナルを戦い抜き、上位16チームがGRAND FINALへと駒を進めました。

総合優勝へのカギを握るのは「攻撃的姿勢」

現在、国内の「PUBG MOBILE」競技シーンで圧倒的な存在感を誇るのがプロチームの「REJECT Scarlet」。国内大会を何度も制しており、世界大会への出場経験もあります。

今大会でも「PUBG MOBILE JAPAN CHAMPIONSHIP SEASON3」の優勝チームとしてシード枠に入り、セミファイナルからの登場となりました。安定した立ち回りで「ドン勝」を何度も獲得。盤石の戦いぶりでGRAND FINALでの活躍にも期待が高まります。

決戦の行方を占う上で注目したいのが、今大会のポイント制度。試合ごとの順位で得られる「ランクポイント」と相手を倒した数による「キルポイント」の合計がチームの得点となりますが、過去の公式大会に比べて「ランクポイント」が少なく設定されています。

相対的に「キルポイント」の比重が高まり、試合序盤で大量キルを獲得できれば最終的に「ドン勝」したチームを得点で上回るケースも。

セミファイナル総合1位の「BLUE BEES」はランクポイントこそ全体で3番目でしたが、次点に30ポイント以上の差をつけたキルポイントがトップ通過の決め手になりました。16キルでの「ドン勝」を達成した試合もあり、その爆発力にGRAND FINALでも期待がかかります。

GRAND FINALでは最多キルを獲得した選手に賞金50万円の「モストキル賞」も贈られます。チームを勝利に導く鮮やかな連続キルに注目です。

2日間12試合の最終決戦を配信で見届けよう

GRAND FINALは17日と18日に全12試合行われ、試合の模様はこれまでのラウンドと同様にPUBG JAPANの公式YouTubeチャンネルにて配信されます。

予選は全てオンラインでの実施となりましたが、GRAND FINALはオフライン開催となり、これまで以上に緊張感あふれるハイレベルな試合が予想されます。

予選から数えると60試合以上という長丁場を制し、日本最強の座を手にするのはどのチームになるのでしょうか。

【PMJL SEASON 0】GRAND FINAL Day 1

【PMJL SEASON 0】GRAND FINAL Day 2