格闘ゲームの金字塔がeスポーツで復活します。セガは「バーチャファイター×esportsプロジェクト」を発表しました。1993年に世界初の3D格闘ゲームとして誕生した「バーチャファイター」が、セガ設立60周年を記念し、まずは日本国内で再始動します。

「東京ゲームショウ 2020 オンライン」でのセガ・アトラス公式配信番組「セガアトラスTV SEGA Fan Meet-Up 2020」で明らかにされました。

「覚えているか」「あの興奮」

公表されたティザームービーは、「覚えているか」「あの興奮」「熱狂」「そして感動を」「再び“対決”(ショーダウン)の舞台へ」と復活への期待感が高まる内容になっています。

「バーチャファイター×esportsプロジェクト」ティザームービー

セガによると、バーチャファイターは約30年前の登場後、一大ブームを巻き起こし、後にスミソニアン博物館にも展示されました。シリーズを重ねるごとに時代を先取った挑戦が行われ、最新作である「バーチャファイター5 ファイナルショーダウン」は稼働から10年経った今も大会が行われるなど、根強くプレーヤーに支持されています。

心待ちにしていたファンは世界中に

現時点で詳細は全く明かされていませんが、ツイッター上では早くも大きな盛り上がりを見せています。セガ公式ツイッターへのリプライだけでも待ちわびる声が高まっています。

「嬉しすぎて眠れそうにないです(´;ω;`)」「この日をどれだけ待ちわびたか!!オフ会で開発者の方に熱弁してよかった」「よし、ジジィのリハビリ始めるか。」「うわああああああああああ!しか言葉が出ない!!!うわああああああ!!!!」「ずっと、ずーーーーーーーーっと待ってました!!!」など歓迎する多くの声が集まっています。

海外からも「FINALLY !!!!!!!!!!!!!!!」「VIRTUAL FIGHER 6 PLEASEEEEE !!!!」と期待する反応が多数。一方で、「JAPAN only??>"<」という声もありました。どちらにしても、国内外問わず大きな注目を集めていることは間違いありません。さらなる続報をファンは心待ちにしているようです。