6月に開かれた鉄拳7のオンライン大会「UYU YUYU CUP」。GAMEクロスアンバサダーのプロゲーマーゆうゆう選手が配信と実況を担ったこの大会で優勝したのは、日本eスポーツ連合(JeSU)認定プロの用心BΩY(ボーイ)選手でした。用心BΩY選手は、5月にゆうゆう選手らが開催したオンライン大会「STAYHOMECUP」で準優勝。そのリベンジを果たす格好になりました。

そこで、格ゲー界で活躍を続けるゆうゆう選手と用心BΩY選手に鉄拳シリーズについて、存分に語り合ってもらうことになりました。特別対談企画第1弾のテーマは「鉄拳シリーズの深い魅力」。

【ゆうゆうと用心BΩYが語り尽くす】鉄拳シリーズの深い魅力

豊富なキャラクターで戦える

ゆうゆう選手は魅力の一つを「男女関係なく、年齢関係なく、つながれること」と言います。用心BΩY選手も「ゲームコミュニティーの魅力。枠を超え、年齢を超え。自分は36歳やけど、20代前半とか10代後半とかの子としゃべるって、普通に生活していたらほとんどないと思うよね」と同意します。

「時代とともにどんどん絵がきれいになっていて、それも違和感がない」とグラフィックの魅力も感じているという用心BΩY選手。「キャラにも、いいキャラもおれば悪いキャラもおるよね」とキャラクターの多様さも指摘すると、ゆうゆう選手は「確かに、確かに」と何度もうなずきました。

ゆうゆう選手は「自分に合うキャラが絶対見つかる」。用心BΩY選手も「見た目が好きなキャラが絶対おる」と、豊富なキャラクターで戦えることの魅力でも一致していました。