9月5日、「ぷよぷよ」のプロが集う大会「ぷよぷよチャンピオンシップ SEASON3 STAGE1」が開催され、eスポーツ大会2020年度シーズン「SEASON3」が幕を開けました。

当初は4月から1年間の開催を予定していた「SEASON3」ですが、新型コロナウイルスの影響により前年度から続く「SEASON2」の最終戦が6月末に延期に。2020年度シーズンは9月から2021年3月まで、無観客試合とオンライン大会を中心に実施される予定です。

SEASON3の開幕戦となった今大会。無観客ながら多数のプロ選手による熱戦で大盛り上がりとなった会場で優勝を収めたのは、柔軟なプレーが光るぴぽにあ選手でした。

「31通り」のぷよが激突

開催時点でプロライセンスを持つ全34人の選手に出場権が与えられ、うち31選手が出場。

これまでプロ大会では出場権を懸けた予選が開かれたり、前回大会の結果をもとにしたシード制が採られており、これだけ多くのプロが一堂に会するのは異例のこと。ライセンスを獲得したばかりの選手から久々の公式戦となる選手まで顔ぶれは様々で、こうした状況下ならではの機会に注目が集まりました。

トーナメント表

トーナメントの組み合わせは当日抽選で決定。「ぷよぷよ」で画面上に登場する「ぷよ」は4色ですが、プレーする選手によってその「打ち方」はそれぞれ異なるので実に31種類のスタイルが存在すると言っても良いでしょう。

試合形式は2セット先取(1セットは2試合先取)という超短期決戦で、顔合わせの相性もカギを握ります。しかし結果として1回戦で行われた全15試合で「4-0」のストレート決着は1試合もなく、序盤からプロの技術がぶつかり合う大接戦が繰り広げられました。

「年間王者」対決はともくん選手に軍配も

トーナメント2回戦では早くもこの日の最注目と言えるマッチアップ、ともくん選手とdelta選手の対戦が実現。

delta選手はこの「ぷよぷよ」プロシーンで一年の締めくくりに行われる「ぷよぷよファイナルズ」をSEASON1にて制したプレーヤーで、公式戦勝率は驚異の8割越えと全プロ中トップの数字を誇ります。

対するともくん選手もSEASON2でファイナルズを制した現役高校生ぷよらー。数々の大会で連勝街道を突き進んでおり、今最も勢いに乗っているプレーヤーと言っても過言ではありません。

そんな年間王者同士の対決は、相手を崩すべく攻めるともくん選手とその攻撃を巧みに返すdelta選手という構図に。一進一退の攻防はフルセットまでもつれましたが、最後はともくん選手の大きな動きに対してdelta選手の応戦が間に合わず勝負あり。ともくん選手が逆転勝ちを収めました。

決め手になった2連鎖トリプル。delta選手も完璧な対応手を組み上げたものの、あと一手が引けず。

チャンピオン対決を制して優勝まで一直線かと思われたともくん選手でしたが、準決勝では6月のファイナルズで最後まで激戦を繰り広げたレイン選手を相手にあと一手及ばず惜敗。実力が拮抗している中での短期決戦の難しさが改めて印象に残る対戦でした。

高難度の「メリ土台」を操るぴぽにあ選手が栄冠に

そんな混戦模様のトーナメントを制したのは、昨年の国体で準優勝の実績を誇るぴぽにあ選手。これまでの大会でも常に上位に名を連ねる存在でしたが、新しい連鎖を研究し続ける姿勢でこの日解説を務めたmomokenさんからも「明らかに実力が伸びている」と評されました。

勝利を確信し、指を掲げるぴぽにあ選手

ぴぽにあ選手の1・2回戦の内容は決して快勝と言えるものではなく、勝利の瞬間には明るくポーズを決めながらも苦笑いを浮かべる姿が。それでも常に堂々と試合に臨む姿勢が流れを引き寄せていきました。

特に光ったのは序盤戦の多彩さ。スピードや安定感を重視して「GTR」などの定番の手順から入る選手が多い中、ぴぽにあ選手は難易度の高い「メリ土台(※)」と呼ばれる型を取り入れたかと思えば定型からの速攻も見せるなど、相手に狙いを絞らせない立ち回りで常にペースを握りました。

※左列に3連結を重ねる土台。完成すれば右列を大連鎖に繋げやすく威力があるものの、ツモ色によっては安定して組み上げるのが難しい手順。

メリ土台を組み上げるぴぽにあ選手(画面右) 時間をかけない操作で手数を増やせたのも大きな強み

優勝決定の瞬間には人差し指を掲げる決めポーズから、満面の笑みで両腕を突き上げたぴぽにあ選手。「ぷよぷよ」プロシーンではレジェンドと呼ばれるベテラン世代や、ともくん選手、レイン選手ら10代の「新世代」の活躍が目を惹きますが、プロの中では今回優勝したぴぽにあ選手やdelta選手ら20代の「中間世代」も層の厚い年代層です。

少し特殊な形式での戦いが続くSEASON3。ぴぽにあ選手の活躍にどのプレーヤーが続くのかも注目していきたいポイントです。

ぷよぷよチャンピオンシップ