対戦格闘ゲームを制作・販売する日本国内メーカーによるインターネット番組「日本格ゲーメーカー連合会」がライブ配信されます。各タイトルのプロデューサーやディレクターが参加し、現場担当者ならではの目線でトークを繰り広げます。8月1日午前9時からバンダイナムコエンターテインメント公式YouTubeチャンネル「tekkenchannel」で配信予定です。

参加するのは、アークシステムワークス、アリカ、SNK、カプコン、コーエーテクモゲームス、バンダイナムコエンターテインメント。ユーザーより事前に募集した格ゲー業界やeスポーツなどのテーマについて語り合います。

鉄拳7のプロデューサーらがトーク

バンダイナムコエンターテインメントからは「鉄拳7」の原田勝弘プロデューサー、「ソウルキャリバー6」の大久保元博プロデューサーが参加し、両タイトルの最新情報も話題になる予定です。

各メーカーやタイトルの公式チャンネル「arcsystemworks」 、「Capcom Fighters JP」、「DEAD OR ALIVE Channel」でも同じ映像を視聴できます。

そのほかの出演者(敬称略)

アークシステムワークス 石渡 太輔(「ギルティギア」シリーズ 総監督)
アークシステムワークス 関根 一利(統括バトルディレクター)
アリカ  西谷亮(「ファイティングEXレイヤー」プロデューサー)
SNK 小田泰之(SNKプロデューサー)
SNK 黒木信幸(SNKディレクター)
カプコン 松本脩平(「ストリートファイターV」プロデューサー)
カプコン 中山貴之(「ストリートファイターV」ディレクター)
コーエーテクモゲームス 新堀洋平(「デッド オア アライブ 6」プロデューサー)