ものまねメイクで知られるタレントざわちんさんが率いるeスポーツチーム「AROWZ BROS.」(アローズブラザーズ)が、スマホ向けバトルロイヤルゲーム「荒野行動」で人気チーム「αD」と対戦するイベントが19日に開かれました。ゲームの実力はαDに軍配が上がりましたが、リーダーざわちんさんは「団結力が高まれば、勝てる自信がある」とリベンジを誓いました。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために無観客で実施され、ライブ配信されました。αDからは超無課金さん、へんしゅう長さん、Bockyさん、AROWZ BROS.からはざわちんさんの他にたくぽんさん、高木理帆さん、甘噛あむさんが参加。お笑いコンビ「マテンロウ」がMCを務めました。全員がマスクをつけ、互いの間には仕切りが置かれました。

AROWZ BROS.は6月に結成され、「日本最大規模」の約100人のメンバーがいます。これまでチーム内で練習を積み、この日のお披露目を迎えました。

本能が呼んだ奇跡の3キル

果敢に攻めるざわちんさん(イベントの配信画面より)

荒野行動の対決では、ざわちんさんをAROWZ BROS.とαDのメンバーが守り抜く企画がありました。最終的には守れなかったのですが、途中で自ら積極的に前線に出ていく場面も。ざわちんさんは「守られ続けても足を引っ張ることになるので、嫌になって。自分も戦いに行こうと思った。本能が出て奇跡の3キルを起こした」と振り返りました。

また、αDとAROWZ BROS.の「ガチ対決」は3-1でαDの勝利。さらに荒野行動歴の浅いタレントチーム5人がαDの選手1人に挑む対決もありましたが、これもαDの勝ちとなりました。

ざわちんさんが参加した試合(イベントの配信画面より)

この結果を踏まえ、ざわちんさんはこの日のチームの点数を問われると、悩みながら「難しいな……68点……」。その理由は「短期間でがんばった結果が出せたのはほめたい」としながらも、辛口評価については「タレントチームが案外まだまだかな。自分自身もだが、AROWZ BROS.を盛り上げる立場としては、もっと努力しないといけないと思った」と語りました。

今後に向けては「リベンジするからには絶対に勝ちたい」と宣言。ただ、作戦面などがαDの方が上回っていたとして、「選手たちは今まで以上に団結力を高め、タレントチームもAROWZ BROS.や荒野行動の魅力をもっと発信していきたい」と巻き返しを決意しました。

もっといろんな武器を練習したい

イベントに参加した高木理帆さん(後列左から)、甘噛あむさん、ざわちんさん(前列左から)、たくぽんさん(イベントの配信画面より)

そのタレントチームもリベンジに燃えます。琴石玲菜さんは「自由奔放に動いていた。裏に回ることはできたけど、ばれていたら意味はない」と冷静に試合を分析。鈴木彩夏さんは「もっと的確な指示がお互いにできていれば」と反省を口にしました。

また、甘噛あむさんは「もっといろんな武器を練習しないといけないな。今回は1キルもできなかったので、活躍できるようにがんばります」。高木理帆さんは「最後の場面で緊張したことが後悔」と話し、井上ゆちこさんは「当たったのは奇跡なので、もっと練習します」とそれぞれに成果と課題が見えた1日となりました。