高いアケコンが届いた!!

GAMEクロスで連載をはじめて間もない5月中旬ごろ、我が家に突然デカい荷物が届いた。なんじゃこりゃって開けてみたら、注文した覚えのないアーケードコントローラーが出てきた!

ことの流れはこうだ。「浅瀬勢のグラブルVS日記」2回目で、数年間使わずに放置しっぱなしのきったねえアケコンの写真を掲載した。あまりに汚かったせいで話題になってしまったわけだが、方々から「マシーナリーとも子のアケコン汚ぇ!!!」と言われ続けたせいでキレた私は「じゃあキレイなアケコン買ってくれよ!!!」とAmazonのほしいものリストにくだんのRazerのアケコン「PANTHERA EVO」を追加した……。そしたらマジで誰かが買ってくれて、マジで届いちゃったというわけよ!

そんなことある⁉︎  Amazonだと3万円くらいするんだぞこれ! 未だに誰が買ってくれたのかわからないんだけど、ありがとうございます!!!!!!!!!!!

過去の記事で紹介した「汚いアケコン」

やっぱりアケコンが使えない

さて、そんな経緯で結構高級なアケコン PANTHERA EVOを手に入れてしまったマシーナリーとも子。5000円もしなかった「ファイティングスティックV3」と比較してしまうのもなんだが、「PANTHERA EVO」の使い心地はなかなか感動的だった。なんといってもサイズ、というか底面積が広めで(前モデルより軽量化しているらしいが)ズッシリしてるのが良い。これのなにが良いかっていうと、それだけアケコン本体がガタつかずに安定して操作できるのよね。私は部屋が狭すぎるのでヒザの上に載せて使ってみたんだけど、それでも揺れないほどの安定感。

アケコン本体がデカく、机が散らかってるので机の上に置けない。なのでヒザの上に載せて使ってます

そして、やっぱりボタンはパッドに比べて押しやすいよね。「グランブルーファンタジー ヴァーサス」ではR1のアビリティボタンを使った簡易コマンドを使うのが苦手だったんだけど、アケコンでは気にならないのでいざというときに簡易コマンドをエイヤと使える。これはうれしいですわ。

ただやっぱり、そもそもの得意・不得意/慣れる・慣れないの問題からか、レバー入力がうまくいかない。対戦中もいざというときに昇竜コマンドが出なかったり、必要ないときに暴発したり……。それが原因で負けたら「今のは違うんだアケコンが悪いんだ」って言い訳したり、前もって「あー! あー! 昇竜が出ないー! 違うんだよ今のは違うんだよアァァァァ!!!!」って言い訳したりと、見苦しい日々が続いた。こっちは3万円のアケコン使ってるんですけど!?

どうしたもんかと悩んでいたところ、こんなアドバイスを耳にした。「多分、斜め入力がうまくいってない。レバーを替えてみてはどうか」と。

レバーを替える! そんな手があるのか。たしかに、アケコンをカスタマイズした話はたまに聞くし、PANTHERA EVOのマニュアルにもカスタマイズする際の分解方法なんてものが書かれていた。

ふえー、今の時代はカスタマイズする前提なんだねえ。全然知らない世界だったわ。そういえばジャパンアミューズメントエキスポとかでボタンだけ売ってるブースとかあったもんな。あれってそのためのものだったんだな。ゲーセン経営者とか電子工作系の人類が買ったりするんだと思ってたわ。

さらに調べてみると、レバーの倒れる角度を調整する8角型ガイドプレート(以下、レバーガイド)を取り替えられることを知った。どうも斜め入力の悩みは、このガイドが結構作用してるんだそうな。こいつを替えればいいのか!

はじめてのパーツ交換

今回購入したレバーガイド。安い……

というわけで秋葉原の千石電商で買ってきた。レバーガイドを。なんと325円。そりゃプラスチックの塊だからそんなに高くはならないだろうけどいくらなんでも安すぎないか? 逆にびっくりした。

木のレバーボールも買ってみた。eスポーツに興じてるときも自然のぬくもりを感じたかったから……

レバーガイドだけ替えるってのも味気ないんで、レバー上部のボールも新調した。なんか木っぽい雰囲気の。あと、Web上の情報を集めるとどうもPANTHERA EVOはボタンの評判が良くないらしい。ボタンも大して高いものではないので買って交換してみるのもアリかな〜? と一瞬思ったんだけども、現状自分で使うぶんにはとくに不満がないということ、レバーもボタンも全取っ替えしちゃったPANTHERA EVOって果たしてPANTHERA EVOなのか? テセウスの船みたいになっちゃってね? って思いがあったので今回はパスすることにした。そのうちお洒落目的で換装するかもしれないけど……。

分解はそのへんの精密ドライバーセットがあれば可能。6角レンチとか星型ドライバーとかは不要だった

天板を外したところ。天板のイラストはペラ紙なのか。なるほど、たまに天板の絵を描いてもらってる人は、ここを交換してるのね。穴はどうやってキレイに開けるんだろうか

PANTHERA EVOに最初から装着されてるレバーガイド。4つのツメを緩めれば外れる。「壊しちゃうかも~!」的な繊細さもなくて思ってたより簡単だった

パーツの交換も、少なくともレバーガイドについては思ってたよりずっと簡単だった。ツメで固定されたレバーガイドを外して取り替えるだけ。パソコンのメモリ換装する方が100倍くらい難しいわ。親切なんだねこういうのって……。

外したレバーガイド(左)と買ってきたレバーガイド(右)。ベイブレードっぽい

レバーガイドを外され、裸になったレバー基部。こんな形してたんだね…

レバーの上下左右に配置されたオレンジのスイッチが押されて反応するのか。つまり、レバーを下に傾けると下のスイッチが、右斜め下に傾けると右と下のスイッチが押されることによって「斜めの入力」が伝わるのか……。解体すると仕組みがわかって楽しいね

レバーガイドをハメて工事完了

ケースの裏にスタッフの名前が刻まれてて感心した。アケコンの定礎だ!!

というわけで完成。Razer印のeスポーツ然とした佇まいに鎮座する木製レバーボールのコントラストが実に映える……いや、ウソ。変だわこれ

交換してみたレバーガイドの効果はなかなか劇的。これまでよりレバーの倒し方が浅めでも斜めに入力されたと認識してくれるので、テキトーな入力でも割と技が出る! ……気がする。

入力、正確になった……気もするしプラセボ効果な気もする!!! でも思い込みだけでもうまくなって気がするのなら、試合の結果に影響を与えるはずだ。多分

あと、まあ単純にパーツ交換したってだけでもアケコン自体に愛着が湧いていいやね。池袋晶葉ちゃんみたいな気分が高まるし……。というわけでもしかしたらこれをきっかけにアケコン操作への苦手意識が低まって、ゲーセンで格ゲーを遊べるようになるかも……? 

元はといえば持ってたアケコンが異常に汚かったことから始まった奇妙な縁だけど、なんだかお前は私の格ゲーライフにおいてなかなか重要な位置を占めてくれそうな気がするぜPANTHERA EVO! これからもヨロシクね。