新型コロナウイルスの感染が拡大し、全国的に外出自粛が続いていた5月。「STAYHOMECUP#1」と題した鉄拳7のオンライン大会がありました。「一緒に大変な状況を乗り切りたい」と運営に回ったプロゲーマーゆうゆう選手(@YUYU_FGC)が大会を振り返りました。

大会は5月3日夜に TEAM HYDEとFusion LLCの主催で開かれ、60人が参加しました。GAMEクロスのアンバサダーを務めるゆうゆう選手のほか、破壊王選手、ダブル選手、FIGHTERさんの4人がそれぞれ予選トーナメントを運営し、勝ち残った上位者で決勝トーナメントを行いました。

「ギガース」vs「吉光」の決勝の行方は

STAYHOMECUP 熱戦をゆうゆう選手が振り返る

ゆうゆう選手は大会について「視聴者数が最大で2000人ほど集まりました。大会を見るのが楽しいという方のお手伝いになったのなら、うれしいと思いました」と振り返りました。

印象に残っている試合には、決勝のOBK(おばけ)さんと用心BΩYさんの試合を挙げています。OBKさんが優勝を収めた一戦について、「どちらも今までの試合では上位に上がってこない『ギガース』と『吉光』というキャラクターを使っていた。どういう試合になるか、予想もつかない展開だった。互いのキャラクターの良いところ、強さを十分に引き出し、星の取り合いでかなり熱かった」と話しています。

                             (動画編集 斎藤恵祐)