神奈川県内の15のスポーツチームが協力し、eスポーツで対戦するチャリティーイベント「One KANAGAWA Sports All-Star Cup 2020」が30、31日に無料で配信されます。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、医療従事者に向けた寄付を募ります。

大会実行委員会の主催です。神奈川県内にはプロ野球やJリーグをはじめとするスポーツチームが複数あり、外出自粛が続く中で現役選手が競技の垣根を越えて困難を乗り越えようと、株式会社湘南ベルマーレ、KPMGコンサルティング株式会社、株式会社ディー・エヌ・エーの3社が発起人となりました。

30、31日に配信、寄付も受け付け

使うゲームタイトルは「FIFA 20」。3チーム(=3人)ずつのグループリーグを行い、勝ち上がった人による決勝トーナメントを行います。新型コロナウイルスの感染防止の対策を行ったうえで収録し、グループリーグは30日午後4時から、決勝トーナメントは31日午後7時半から配信されます。両日とも「OPENREC.tv」の配信チャンネルで無料視聴できます。

寄付先は「かながわコロナ医療・福祉等応援基金」です。受け付け方法は企業協賛やOPENREC.tv内のエール協賛のほか、クラウドファンディングではCAMPFIREとGoodMorning上のプロジェクトモバオクでの出場選手サイン入りグッズのオークションがあります。

ベルマーレ、フロンターレ、DeNA選手らが参加

「One KANAGAWA Sports All-Star Cup 2020」のメッセージ(会見画像から)

参加するのはプロ野球、Jリーグ、フットサル、バスケットボール、ラグビー、アメリカンフットボール、バレーボールの7競技から15人です。18日の会見でサッカーJ1の湘南ベルマーレ・梅崎司選手は「スポーツの力で乗り越えていきましょう」と動画でメッセージを寄せました。

このほか、横浜DeNAベイスターズの上茶谷大河選手、J1の横浜F・マリノスの遠藤渓太選手、川崎フロンターレの旗手怜央選手、横浜FCの武田英二郎選手が参戦。また、SC相模原、NECレッドロケッツ、川崎ブレイブサンダース、湘南ベルマーレフットサルクラブ、ノジマ相模原ライズ、ノジマステラ神奈川相模原、三菱重工相模原ダイナボアーズ、横浜FC、横浜ビー・コルセアーズ、Y.S.C.C.横浜、Y.S.C.C.横浜フットサルからも選手が参加します。

オンライン会見であいさつする水谷尚人・大会実行委員長

大会実行委員長を務める水谷尚人・湘南ベルマーレ社長は会見で「地域に支えられて、ともに歩んでいるスポーツクラブとして、役に立ちたい、恩返したいという気持ちがある」と開催に向けた思いを説明。eスポーツが持つ力については「これだけのステイホームというのは世界中の人が初めての経験だが、それでもスポーツができるのがeスポーツ。より多くの人につながり、発信ができることに魅力を感じる」と語りました。