日本サッカー協会(JFA)は、サッカーe日本代表が日本女子代表(なでしこジャパン)選手らとオンラインで対戦した「サッカーeスポーツ チャレンジマッチproduced by LEGENDS STADIUM」を7~12日に公開するとホームページで発表しました。新型コロナウイルスの感染拡大を受けたJFAの取り組みの一環です。

サッカーe日本代表のWeb Nasri選手(鹿島アントラーズ)とfantom選手(SCARZ)が出演します。自宅で待機している人たちに向けてインターネットで情報を配信するJFAの取り組みに賛同した「LEGENDS STADIUM」が、eスポーツを楽しむコンテンツを企画しました。

お笑いコンビ「おぎやはぎ」が司会で、なでしこジャパンの岩渕真奈選手(神戸)や元日本代表の加地亮さん、播戸竜二さん、タレントのじゅんいちダビッドソンさんがサッカーゲームで対戦。松木安太郎さんが解説を務めます。コンテンツはYouTube のJFA公式チャンネル JFATVなどで12日まで連日公開されます。

「サッカーゲームをやらない人も楽しめる」

Nasri選手は「サッカーゲームをやっていない方でも楽しめるような内容になっているので、ぜひ観てください」。サッカーe日本代表として初めての試合になったfantom選手は「とても豪華なゲストと対戦し、大変貴重な経験をさせていただきました。どの試合も面白くなっています」とコメントしています。

また、おぎやはぎの小木博明さんは「観ているだけでめちゃくちゃおもしろかったですし、やってない僕が面白いのだから、サッカーゲームをやらないみんなも面白いはず」。松木さんは「とにかくチーム、選手、戦術、これら全てにフィールドでやっているサッカーと同じようなリアリティがたくさん詰まっていると思いました」との談話を出しています。

なお、新型コロナウイルスの感染拡大の防止のため、出演者の自宅などリモート環境で収録されています。