日本を代表するプロ格闘ゲーマー、ときど選手。メインに活動する「ストリートファイターV 」シリーズにおいて、世界大会「EVO 2017」での優勝をはじめ、華々しい成績を残しています。

しかしその成功の裏には紆余(うよ)曲折が。大学院中退や、ゲーマーとしてのスランプなど、決して簡単な道ではありませんでした。

ときど選手が世界から注目されるスタープレーヤーとなるまで、どのような道を歩んできたか、ときど選手にお話をうかがいました。

「打倒いとこ」から始まったゲーマーライフ

ーー今では世界的プロゲーマーとして活躍されるときど選手ですが、ゲームとの出会いはいつでしたか?

ときど:小学生のころ両親が共働きだったので、学校帰りは必ず叔母の家に寄っていたんです。そこでは年上のいとこたちがファミコンをやっていて、そこに混ざったのが初めてのゲーム体験でした。

ーーでは、格闘ゲームとはいつ出会ったのでしょうか?

ときど:初めて格闘ゲームに触れたのはスーパーファミコンの「ストリートファイターII」でした。小学校1年生の時に「新しいゲームを買ったから皆でクリアしよう」と友達に誘われてプレーしたんです。その時はバルログが強くて、最後まで行けなかったのを覚えています。

それから格闘ゲームが好きになったのですが、僕にはもう1人沖縄にいとこがいまして、彼は攻略本を読みながら「バーチャファイター」をプレーするくらい強かったんです。頻繁には会えない相手なので「次に会った時は倒したい」という気持ちから、対戦に熱中し始めました。

ーーゲームセンターにも通われていましたよね?

ときど:僕が小学校を卒業してすぐくらいに「THE KING OF FIGHTERS '97」をプレーし始めました。はじめは駄菓子屋の筐体(きょうたい)などで遊んでいたのですが、徐々にゲームセンターへ行くようになりました。当時は「効率よく勝つにはどうすればいいか」を研究するのが好きでしたね。

インタビューに応じるプロ格闘ゲーマーときど選手
インタビューに応じるときど選手

ゲームへの情熱を捨てきれず……

ーーときど選手は東京大学を卒業されていますが、どのような経緯でプロゲーマーになられたのですか?

ときど:僕が東京大学を卒業したタイミングではプロゲーマーという職業はなく、ゲームは趣味として続けていくものだと思っていました。だから僕は大学院へ進学したのですが、1年目に大きく研究内容を変えたことがきっかけで、うまく研究室になじめない時期が続いていました。

そんな中、梅原大吾さんが日本人初のプロゲーマーになられたんです。ちょうど人生について考えていた時期にプロゲーマーという可能性を知って、かなり悩みました。プロゲーマーになるのは学歴を棒に振ってしまうように思えましたが、ゲームに対する情熱も捨てきれていなかったのです。

そのまま大学院を卒業して就職し、趣味でゲームを続けている自分を想像した時、もしテレビなどで昔の仲間たちがプロゲーマーとなって映っている姿を見たら、やりきれない気持ちになるな、と思いました。

自分はプロゲーマーになるしかない人間だと分かったんです。それに気づくことができてからは、悩むことはなくなりました。

自身を「凡人」と評するプロ格闘ゲーマーときど選手
自身を「凡人」と評するときど選手

「凡人」ときどの実験

ーー著書「世界一のプロゲーマーがやっている 努力2.0」(ダイヤモンド社)では、ときど選手がプロになってからも葛藤し、スランプに陥った時期があるとつづられていました。具体的にそのスランプとはどのようなものでしたか?

ときど:「スーパーストリートファイターIV」の時代に、結果が全く出ない時期がありました。僕はプロになってからずっと真剣にゲームに取り組んでいたのですが、今思うと当時の自分はゲームをなめていました。

当時の自分の取り組み方といえば、ゲームセンターに通っていたころと同じ「効率のいい勝利」を目指した攻略だったんです。そういった姿勢の僕は、一つのゲームに心血を注ぐプレーヤーたちに実力負けするようになっていました。

加えて、自分は格闘ゲームにおいて「凡人」なんです。格闘ゲームで勝つには、反射神経・メンタルをはじめ様々な要素が求められますが、どれをとっても抜きんでているものがないのです。

ーーでは、どのようにしてスランプから脱却されたのでしょうか?

ときど:自分の取り組み方が間違っていると気づいてから、それをがらりと変えました。自分が「凡人」だからこそ、一つのゲームに集中して「総合力」で勝つことを意識し始めました。すると徐々に結果が出るようになりました。

まず、日々の稽古は欠かさないようにしています。現在東京でプロが集まって練習する場が何カ所かあるのですが、毎日どこかしらで対戦しています。他にも、僕はフィジカル面もゲームにおいて重要だと思っているので、日々の筋力トレーニングや、大会前は食事制限なども行っています。

メンタルを鍛えるために、空手にも取り組んでいます。そして一日の終わりには、体調やゲーム内での調子を必ずノートに記録し、何が上手くいって何が改善点なのかをはっきりさせるようにしています。これらは全てゲームのためで、こういった画面外の努力が「総合力」につながっていると思います。

ーー今の取り組み方には、学生時代の経験が生かされているのでしょうか?

ときど:多分そうだと思います。僕は大学時代ずっと研究室で実験をしていました。実験というのは、小さな要素を一つを変えてデータの違いを見ることの繰り返しで、今は自分の体で実験しているような感覚ですね。

ーー「TOPANGAチャンピオンシップ」(※)の予選では、全勝という偉業を成し遂げられました。これも様々な実験の成果ですか?
※インタビュー時は決勝前。インタビュー後、見事優勝を飾った。

ときど:そうですね。この大会に限らず、取り組みを変えていなければ、今までの結果は全て出てないと思います。

「TOPANGAチャンピオンシップ」は予選も決勝も総当たり戦の大会で、実力がはっきりと結果に出る大会だと思っています。自分はこれまで同様の大会で結果を残せていなかったので、特に気合が入っていました。

ーー結果が出るようになって変わったことはありますか?

ときど:ちょっとずつ周りからの信頼を得られるようになったと思います。僕は取り組み方を変える前の方が、周りの目を気にしてゲームをしていました。しかし今は、自分の対戦相手やプロの仲間たちから評価されればそれでいいと思っています。

世間一般の評価を気にするより、自分をよく知る人の評価を大切にした方が、結果的にコミュニティー全体からの信頼につながるんです。

「ストリートファイターV」について

「ストリートファイター」シリーズは、1987年に業務用ゲーム機として第1作目を発売後、1991年発売の『ストリートファイターII』において大ヒットを記録しました。革新的な対戦システムが話題を呼び、家庭用ゲームソフトでは全世界でシリーズ累計4,400万本(2019年12月時点)の出荷を誇るなど、対戦格闘ゲームというジャンルを確立。

登場から 30年経た今なお世界中で人気を博しており、eSportsにおける格闘ゲーム分野を牽引するタイトルとなっています。「ストリートファイター」シリーズ史上初の「PlayStation®4」ユーザーと PC ユーザーが対戦できる「クロスプラットフォーム」プレイの導入を実現しております。

最新作は2020年2月14日発売の「ストリートファイターⅤ チャンピオンエディション」(PS4®/PC)になります。