3月15日、ベルサール高田馬場で行われた「レインボーシックス シージ」の国内イベント「レインボーシックス フェスティバル」(R6祭)にて、コスプレイヤー達がステージの上でパフォーマンスを繰り広げる「コスプレランウェイ」が開催されました。

新型コロナウイルスの影響もあり、「レインボーシックス フェスティバル」は無観客でのイベント開催となりましたが、抽選で選ばれた22組46名ものコスプレイヤー達はランウェイの名に相応しいハイクオリティなコスプレを披露。イベントを大いに盛り上げてくれました。

コスプレランウェイを盛り上げるMC陣

イベント全体のMCを務めたのは森一丁さんと野々宮ミカさん。コスプレランウェイでは、さらにプロゲーミングチーム「父ノ背中」のけんきさん、DustelBoxさんがゲストとして参加し、次々と登場するコスプレイヤーたちの魅力を存分に語ってくれました。

GAMEクロスでは、コスプレランウェイに参加した2組のコスプレイヤーたちにインタビューを実施。それぞれこだわりのポイントなどを伺ってみました。

それぞれの個性が光るスキンに挑戦した5人組

写真左から、いろはすさん、でくすんさん、らなさん、雲雀さん、雨蛙さん

ELAのエリートスキン「HUK SZTUKI」や、MOZZIEのコンペティタースキンなど、ゲーム内では比較的新しめのスキンに挑戦した、らなさんを代表とする5人組。カラフルかつ奇抜なコスプレで注目を集めていました。

でくすんさんと雨蛙さんは、衣装や銃の塗装にこだわったとのこと。アクリルスプレーや絵の具を使って色や模様を再現したそうで、間近で見てもクオリティがかなり高く、手が込んでいると感じました。

雲雀さんといろはすさんは、ヘルメットの塗装にこだわりがあると話してくれました。いろはすさんは2019年10月のUBIDAY2019にも参加したそうですが、その時はコスプレのクオリティに満足がいかなかったため、今回はかなり力を入れたそうです。

ステージ上では和気あいあいとしたパフォーマンスを見せてくれました

ELAのエリートスキンを再現したらなさんは、自分でTシャツをデザインし、さらに銃のブラックアイスを自作。ほぼ全身すべてが自作とのことでした。

ステージではFROSTのウェルカムマットに、唯一の攻撃オペレーターであるIQが引っかかってしまうというパフォーマンスを披露してくれました。ウェルカムマットはジョイントマットをベースに作られており、中に針金を仕込むことで、曲げたり広げたりできるように改造したとのことです。

GSG9のオペレーターで統一! 高い連帯感を見せた4人組

写真左から、たんてぃー。さん、エル沢さん、りふぉたくさん、くきわかめさん

GSG9のオペレーターで統一された、くきわかめさんを代表とする4人組。ステージ上でも、連帯感のある動きを見せてくれました。

「好きなゲームの好きなキャラクターなので、クオリティを高くしたい」と話してくれたのは、BANDITのコスプレに挑戦した、たんてぃー。さん。衣装の材料を集めるのに苦労したものの、それも含めて楽しかったとのことで、ゲームに対する強い愛を感じました。

エル沢さん、くきわかめさんはゲーム内のオペレーターをよく観察し、できるだけゲームに近づけるよう努力したとのこと。特に、JAGERのポーチやバッジの位置、IQのフード内側のカラーといった細かい部分にもこだわったとのことでした。

フラッシュシールドの内側を見させてもらいました(編集部撮影)

特にステージでも注目を集めたのは、りふぉたくさんが制作したBLITZのフラッシュシールド。このシールド、なんとゲームのガジェットと同様に光るよう作られています。

「制作期間が限られていたので、ハリボテみたいですが……(笑)」と、謙虚なりふぉたくさんでしたが、外観だけでなく機能性まで追求する姿勢に強いこだわりを感じました。

レインボーシックス フェスティバルで実施されたコスプレランウェイは、YouTubeでアーカイブが公開されているので、見逃した人はこちらから視聴が可能です。