ゲームのイベントやeスポーツ大会は、ゲーマーの皆さんが思っている以上に頻繁に開催されています。

最近でこそコロナの影響で様々なイベントが中止や延期となっていますが、eスポーツ大会の中にはオンラインで視聴できるものも。

しかし「大会はいつ開催されて、どこで視聴できるのか」という情報は、ゲームをプレーしているだけではなかなか知ることができません。

そこで今回は、ゲームの楽しみ方の幅を広げられるよう、eスポーツ大会の簡単な「観戦ガイド」を紹介したいと思います。すでにeスポーツを追いかけている人も、自分の“情報網”に漏れがないか、ガイドを参考に改めてチェックしてみてください。

まずはSNSをフォロー

そもそもeスポーツ関連の情報を集める方法が分からない!」という人は、自分が好きなゲームタイトルのSNS(Twitterなど)アカウントをフォローしましょう。

ゲームタイトルの公式SNSアカウントでは、大会に関する情報発信やeスポーツ大会のライブ配信などが行われています。(メインアカウントとは別に、eスポーツ専用のアカウントを設けているタイトルも)

これらのアカウントをフォローすれば、自分のタイムラインに自然とイベント情報が流れるようになります。大きな大会に関しては、見逃す心配もほぼなくなります。アカウントによっては、アップデートなど、ゲームの最新情報も同時に得られるのもうれしいところ。

eスポーツ関連の情報を発信しているゲーム公式アカウント(eスポーツ関連アカウント)は、以下のようなものがあります。

すでにゲームタイトルのアカウントをフォローしている人は、eスポーツ大会の公式アカウントも併せてフォローすると良いでしょう。

どの大会で何のタイトルが採用されているか調べる必要はありますが、各eスポーツ大会について、より深い情報をリアルタイムで得ることができます。

動画配信サイトで大会を深く堪能

SNSアカウントをフォローした後、更にこのジャンルを深く追いたくなった人には、各種動画配信サイトのeスポーツ関連チャンネル(アカウント)をフォローしていくことをオススメします。

YouTubeやTwitch、OPENREC.tv (オープンレック)、Mixerなど、各種動画配信サイトでは、様々なジャンルのeスポーツ大会が日々ライブ配信されています。これらのサイトの多くには通知機能も実装されており、通知をオンに設定しておくことで、気になっている大会を見逃すことなく視聴することができます。

各種動画配信サイトのeスポーツチャンネルには、以下のようなものがあります。

動画配信サイトではeスポーツ選手個人の配信も活発に行われています。各ゲームタイトルで実際に使用できるテクニックを学びたい人は、気になる選手のチャンネルを登録しておきましょう。

また、スポーツ専門の配信サービス「DAZN」で大会のライブ配信が行われることもあります。すでに入会されている方は、こちらもチェックしてみてください。

(撮影・志田彩香)

もっと色々な大会を観たいなら

ここからは、eスポーツ大会やイベントについてさらにディープな情報を集める方法をご紹介します。そのために役に立つのが、JCGやesportsportなど、eスポーツ大会やイベントのスケジュール情報を掲載しているサイトです。

JCGは「レインボーシックス シージ」「Shadowverse(シャドウバース)」「Dead by Daylight(DbD)」などの大会を運営している会社。サイトのイベントページには、同タイトルのイベントが数多く掲載されています。

ライブ配信が行われるeスポーツ大会に絞った掲載欄も存在しており、細かな検索を行わなくても、必要な情報を得ることができます。

また、esportsportは多岐にわたるのイベントのスケジュールを掲載しているサイト。「ぷよぷよeスポーツ」や「太鼓の達人」シリーズなどのeスポーツ大会も取り扱っています。ジャンルや都道府県を個別に設定できる検索フィルターも実装されています。

国外の大会も見てみたいという人は、EsportsCalendarが便利です。同サイトでは、「オーバーウォッチ」や「Counter-Strike: Global Offensive (CS:GO)」「スタークラフト2」など、グローバルで人気が高いタイトルの大会スケジュール情報が網羅されています。サイト言語は英語ですが、直感的に操作できるため、英語が苦手な人でも簡単に利用可能です。

SNSや動画配信サイトへの登録するだけだと、観戦する大会が固定されがち。こういったサイトを使用することで、様々な大会の情報を容易に集めることが可能です。

調べているうちに、新たなゲームタイトルやイベントに興味が湧くこともあるかもしれません。

観戦を更に円滑にするアプリやサービス

最後に、eスポーツ大会の観戦をさらに便利にするアプリやサービスも紹介します。

2020年3月現在、eスポーツをサポートするためのアプリやサービスが国内外で多数登場しています。その中でも特に便利なのが、今回紹介するStrafe EsportsとSmash.ggです。

Strafe Esportsは、スマートフォン向け(iOS/Android対応)のeスポーツ観戦アプリ。好きなゲームやチームなどを設定することで、関連する情報(試合日程など)が表示されるほか、大会のライブ配信の通知などを行ってくれます。各試合の結果を予測投票できるシステムも存在し、情報収集以外にも楽しめるアプリです。

本アプリの対応タイトルは「リーグ・オブ・レジェンド」「レインボーシックス シージ」「ロケットリーグ」など。日本語には非対応なので一定の英語力は必要になりますが、使いこなせれば非常に便利なツールです。

Smash.ggは、のeスポーツ大会支援ツール。主な使い方は大会の開催や参加申請ですが、各大会の告知ページにはスケジュールも付記されており、観戦者にとっても便利なサービスです。大きな大会の告知ページにはライブ配信に関する情報が掲示されていることも多く、そのまま視聴に移行することも可能です。

またSmash.ggではリアルタイムで更新されるトーナメント表も掲載されます。格闘ゲームの祭典「EVO」のように1000名を超える選手が参加する大規模な大会では、各選手の状況を追う際に欠かせないサービスとなります。