中国のプレーヤーは

LoLは、5対5の対戦が基本ゲーム。
友達と一緒に参加すると、友達同士ではボイスチャットでやりとりできますが、それ以外の仲間とは文字チャットでやりとりします。
僕らは日本のサーバーを使うので、通常は日本人と一緒にプレーしますが、海外の方が、日本のサーバーに遊びにくることもあります。
アジア圏だと韓国、シンガポールの方も参加してきて、英語でやりとりするのが結構面白いです。
世界中にサーバーがありますが、基本的には自国のサーバーでプレーするのが基本となっていて、プレーする人によって国民性は出ますね。
日本人は消極的で、相手を倒すことよりも、なるべく味方に迷惑を掛けないようにしないと、という感じで、安全なプレーを心がけることが多く感じます。

Burning Coreは日韓混成のチーム
Burning Coreは日韓混成のチーム

台湾の人は、とにかく相手プレーヤーを倒したい、という感じ。
ミニオンを倒して経験値を稼ぐよりは、相手プレーヤーを倒した方がもらえるお金と経験値が高いので、そちらを狙います。
米国はいろんな人がいますが、概してざっくばらん。
日本サーバーができるまではアメリカのサーバーでプレーしていましたが、僕らが失敗しても結構、笑ってくれる人が多いです。
英語でのやりとりを分からないでいると、簡単な英語で「どこからプレーしているの?」と尋ねてくることも。
結構、オラオラ感があって、「俺がみんなを引っ張るぜ」という人が5人集まる感じですね。
中国はプロ選手たちを見る限り、すごくアグレッシブです。
個人技で崩していく感じがすごく面白い。
個人技のレベルが高すぎるからこそ、片方があるプレーをすると、もう片方もその場で「こうやって合わせよう」と連係プレーをして、芸術品が生まれる。
レベルが高いとそういうこともできるんです。

実況するeyesさん
実況するeyesさん

日本のLoLの未来は

今後、LoLのシーンがどうなって欲しいかと言うと、まずは若い選手が出てきて欲しいです。
次の世代が出てきて、世界で戦えるeスポーツのチームが出てくるのを見たい、というのが、キャスターである僕個人の願望です。
日本のリージョンが強くなって、ゲーム大国日本が世界で一番ビッグなeスポーツタイトルで世界で戦っている、LoLシーンが見たいです。
以前、電車の中でLoLの話をしている高校生くらいの子を見たことがあります。
「ポケモン」についてならばそういう話もよくあるでしょうが、僕はその時、感動しました。
日本のLoLシーンもそういうのが珍しくないような方向性になって欲しいと思います。
ユーザーを増やすのは難しいことで、普及に向けて自分のような一ユーザーが頑張ってどうのこうのという話でもないと思うのですが、自分としては求められていることをやり続けたいと思っています。
取材のオファーがあれば応えますし、実況のやり方を教えて欲しいと言われれば教えます。
希望として思っているのは、テレビアナウンサーの一部門というか一部署としてLoL部門を作りに行く、というのも面白いと思いますし、今のシーンとテレビの世界とを融合させていかないといけないとも思っています。
一緒に良いものができないかな、と考えているし、その中で自分がやれることをやっていきたいと思います。