「何しに『鉄拳』やりに来たんや」

ゲームセンターでそんなこと言われたら、私なら困惑してしまいます。きっと「すみません」としか答えられません。もしかしたら、その場から逃げ出してしまうかも。

しかし「鉄拳」の破壊王選手は、この厳しい言葉を放った男性を師と仰ぎ、成長していきました。「師匠はツンデレな方でしたねぇ」と当時を思い出しながら、笑顔でしみじみとお話ししてくれました。
えーと、破壊王選手、メンタル強すぎやしません?

梅田からやってきた師匠

師匠である宮田さん(通称、みやっさん)と出会ったのは、破壊王選手が高校生になってから。

中学から「鉄拳」を続けていた破壊王選手は、地元である東大阪のゲームセンター「エンジョイパラダイス」で腕を磨いていました。

「でも、強豪だらけの梅田の『モンテカルロ』では全然勝てなかったんですよ」

梅田は交通の便が良いですからね。大阪各地から強豪プレーヤーが集まりやすいのでしょう。

モンテカルロで通用するにはどうしたらいいか悩んでいた頃、タイミングよくエンジョイパラダイスに現れたのが、みやっさんでした。

「みやっさんはモンテカルロを拠点にしていた人ですが、たまにエンジョイパラダイスにも来ていました。そこで交流が生まれたんですよ」

ゲームを通して人とのつながりがひろがるのは、ゲームセンターあるあるですよね~!

「ある日、『鉄拳やる気があるんなら教えたる』と声をかけられました」

格ゲーもコミュニケーションも初手が重要。その選択がベストだと思ったのなんでなの、みやっさん……。

破壊王選手(撮影・志田彩香)
破壊王選手(撮影・志田彩香)

とにかくアバウトでスパルタ

晴れて(?)師を得た破壊王選手。ゲーセンでの対人戦を師匠に見てもらったり、師匠と手合わせしたりと、さまざまな指導を受けました。

「言葉がキツく、アドバイスの内容が感覚的で、なかなかのみ込みづらいこともありました」と破壊王選手は師匠の指導を振り返ります。

今ですら、ゲームにおけるコーチングは発展途上。破壊王選手がみやっさんと出会った当時は「ゲームを教える」ことすら珍しかったはずです。みやっさんも手探りだったのでしょう。

「『さっきこうしろ言うたやろ』『できひんねやったら辞めろ』とか、いろいろ言われました」

手探りにしてもキツすぎやしませんか、みやっさん。

「でも、教えてもらった動きができたときは褒めてくれるんですよ。ツンデレ師匠なんです」

ツンが強すぎる気はしますが、たしかにそんな方から褒められるとモチベーションは保てそうです。
ただし、褒め方は「やるやん」と素っ気ないものだったそう。もっと褒めてあげて……。

もはや一心同体と化した「キング」(右)で攻める破壊王選手
もはや一心同体と化した「キング」(右)で攻める破壊王選手

練習は今でも変わらず対戦、対戦、対戦

みやっさんはとことん実戦主義。とにかく「相手がこう動いてきたこう返す」という対策を重視していたそうです。

普段の対戦でできない動きは、ここ一番の大勝負でも再現できません。破壊王選手は師匠からの教えを守り、ひたすら対人戦を重ねることでスキルを磨いていきました。

破壊王選手は元から人との対戦が好きだったそうなので、自分の性にも合った練習スタイルだったのでしょう。

今ではゲームセンターではなく、OMENのPCでSTEAM版の鉄拳で練習することがほとんどですが、「練習方法は少しも変わっていません」と破壊王選手。「とにかくオンラインで対戦して『この相手を倒すにはどう動くべきか』を考えながら、動きを体で覚えられるようにしています」

破壊王選手は師匠の目が届かないところでも、教えを守り続けているのです。

前編でも触れたように、練習を続けた先に目指すものは「『鉄拳』での世界一」という破壊王選手。

みやっさん、あなたの指導が世界一のキング使いを生み出すのは、そう遠くない未来の話かもしれませんよ!